ピートのふしぎなガレージ

  • facebook
  • twitter
  • google+
エヌ博士

On Air オンエア

カテゴリー : スポーツ

女子柔道

2019.09.14

第336話 女子柔道

ゲストコメント
コマツ女子柔道部 助監督/アテネ五輪・北京五輪 金メダリスト 谷本歩実さん「一本にこだわる柔道の意味」
コマツ女子柔道部 助監督/アテネ五輪・北京五輪 金メダリスト 谷本歩実さん
── 谷本さんはアテネが初の五輪だったんですか?

はい、初めての五輪でした。その時に感じたのが「日の丸を背負うということがこれほど重いものなのか」ということです。その緊張の中で戦うにあたって力になったのが、たくさんの方のサポートと応援でした。だからこそ、初めて優勝した瞬間は「やったー!」と喜ぶ気持ちよりも、責任を果たせて「ホッとした」という気持ちの方が大きかったですね。

私は引退後にロンドン五輪で解説をやらせていただいたり、リオ五輪でコーチとしてセコンドにつかせていただいたり、いろんな五輪を経験してきましたが、銀メダルの選手が「申し訳ありませんでした」と謝るのは、日の丸に対する責任感から来る素直な気持ちだろうと思います。

── 銀メダルだってスゴイことなんですよね

そうなんです! 私も応援する立場になって、強くそう思うようになりました。一生懸命に戦って、感動を与えてくれたんですから、謝る必要なんかありません。それでも選手は謝ってしまいます。20代の若い人たちがそれだけの責任を背負って戦っているなんて、本当にスゴイと……って、もしかして私、自画自賛みたいになってます?(笑)

── いえいえ、谷本さんは2大会連続でオール一本勝ちの金メダルですし!

私が一本で勝てたのは、とにかく一本にこだわったからだと思います。もともと柔道は武士道から来ているもの。今でこそポイントで勝ち負けを付けますが、本来は一本を取って初めて勝ちなんです。私は小さい頃からそういう指導を受けていたので、一本にこだわるようになったのでしょう。

また柔道はスポーツと違って武道なので、人間形成の修行の場だと教わりました。技術の向上だけではなく、相手への思いやりや、自分自身の生きる姿勢と、柔道を通して向き合う。それを貫いて五輪で結果に結びついたことは、私にとってひとつの達成感でした。だからこそ、指導して下さった方々や、サポートして下さった方々あっての結果だと思います。

── 観ている方としても一本で決まると楽しいです

実は2008年の北京大会の頃、海外でスポーツ的にポイントを稼いで勝つ戦略が広まって、日本でも「一本にこだわる谷本では勝てない」というバッシングがあったんです。私は「私の柔道は間違っているのかな?」と不安を感じて、柔道を教わった先生に相談しました。すると先生は「それが日本の柔道なんだから、日本柔道を守ってくれ」と。

そのひと言を胸に五輪に臨み、一本で金メダルを取れたのが何より嬉しかったですね。そして日本に帰ってきて、たくさんの子供たちから「私も谷本さんのような一本柔道を目指して頑張ります」というメッセージをいただいて、頑張って良かったと心から思いました。
Profile : https://home.komatsu/jp/judo/members/#anc01(コマツ 女子柔道部)
  • mixiでシェアする

JFN37局ネット

FM愛媛は18時~、FM青森は19時~放送

AIR-G'(FM北海道)・FM青森・FM岩手・Date fm(FM仙台)・FM秋田・FM山形・ふくしまFM・TOKYO FM・FM栃木
FM-NIIGATA・FM長野・K-mix・FMとやま・FM石川・FM福井・FM AICHI・FM GIFU・FM三重・FM滋賀
FM OSAKA・Kiss FM KOBE・FM山陰・FM岡山・広島FM・FM山口・FM香川・FM愛媛・FM徳島・FM高知
FM FUKUOKA・FM佐賀・FM長崎・FM熊本・FM大分・FM宮崎・FM鹿児島・FM沖縄