ピートのふしぎなガレージ

  • facebook
  • twitter
  • google+
エヌ博士

On Air オンエア

カテゴリー : グルメ

デリバリー

2020.02.01

第356話 デリバリー

ゲストコメント
Uber Eats 日本代表 武藤友木子さん「Uber Eatsでレストランの料理をデリバリー!」
ポッドキャストを聴く
Uber Eats 日本代表 武藤友木子さん
── Uber Eatsってどんなサービスなんですか?

分かりやすく言えば「出前をアプリやウェブサイトで簡単に取れるサービス」です。今までの出前は、自社で配達する人を抱えるお店が行ってきました。そのためピザ、寿司、そば、中華など、種類が限られていたんです。でもUber Eatsは、街中の人々が配達をすることで、今まで出前をすることができなかったレストランでも出前を始められるようにしました。

その結果、代々木公園や東京スカイツリーなどで出前を取ることも可能になりました。公園でちょっと何かを食べたり、観光地でレストランが混雑していたら出前を取るとか、いろんな使い方をされています。

── Uber Eatsは誰でも利用できるんですか?

アプリをダウンロードすればどなたでも利用できます。アプリ上で届け先や支払い方法を登録するのですが、操作はとても簡単です。支払い方法はクレジットカードか現金。さらに話題のQRコード決済も対応を進めています。地域は現在、東京、大阪、京都、神戸、名古屋、福岡などの大都市で展開中ですが、こちらもどんどん広げていきたいと考えています。

配達をしたい方でしたら、条件は18歳以上。オートバイで配達するなら運転免許が必要ですし、外国人の方でしたら就労資格が必要だったりしますが、基本的には18歳以上という条件さえ満たせばどなたでも運んでいただけます。会社が終わった後に都心でシェアリングサイクルを使って、スポーツジムで運動する代わりに自転車で配達して稼いでいる方もいらっしゃいます。

── 実際にUber Eatsで注文するとどんな感じですか?

アプリで注文ボタンを押してから受け取るまでの時間は30分以内に済ませるのをミッションにしています。調理の時間を差し引くと、レストランから玄関までは10分もありません。そこで配達をする人は、もっとも近くにいる、もっとも早く届けられる人に依頼するシステムになっています。

配達員が背負っているUber Eatsの大きなカバンは、丼モノやピザなどを収めるためにあの大きさになっています。冷たいものと温かいものを一緒に運べるよう、中を仕切ることも可能です。Lサイズのピザはさすがにそのままでは入らないので、下部のチャックを開けて拡張できるようにもなっています。

お店ごとの工夫ではあるのですが、ラーメンだと麺とスープが別々の状態で配達されるところも多いですね。添付された説明書に「固めの麺が好きな人は○分レンジでチンして下さい」などと書いてあります。カフェのデリバリーでコーヒーの注文も少なくありませんし、汁物の注文もドンと来いという感じです。
  • mixiでシェアする

JFN37局ネット

FM愛媛は18時~、FM青森は19時~放送

AIR-G'(FM北海道)・FM青森・FM岩手・Date fm(FM仙台)・FM秋田・FM山形・ふくしまFM・TOKYO FM・FM栃木
FM-NIIGATA・FM長野・K-mix・FMとやま・FM石川・FM福井・FM AICHI・FM GIFU・FM三重・FM滋賀
FM OSAKA・Kiss FM KOBE・FM山陰・FM岡山・広島FM・FM山口・FM香川・FM愛媛・FM徳島・FM高知
FM FUKUOKA・FM佐賀・FM長崎・FM熊本・FM大分・FM宮崎・FM鹿児島・FM沖縄