ピートのふしぎなガレージ

  • facebook
  • twitter
  • google+
エヌ博士

On Air オンエア

カテゴリー : カルチャー

年忘れ偉人パーティー

2013.12.28

第39話 年忘れ偉人パーティー

ゲストコメント
10月5日「テニス」篇 杉村大蔵さん「テニスは最高の生涯スポーツ」
10月5日「テニス」篇 杉村大蔵さん
私の祖父は北海道の旭川で初めて硬式テニスをした人間だった。自分でテニスクラブを作ってしまったほどのテニス好きで、1978年にはウィンブルドンの決勝戦を見るために、わざわざ現地まで行ったりもしている。ちなみにその時に同行したのが、俳優・石黒賢さんの父親で、名選手として知られた石黒修さんだった。

そんな家庭に生まれたので、私は生まれた直後にテニスラケットを握らされたらしい。気づいた時にはテニスをやっていたし、夢中になっていた。高校時代には国体で優勝もした。東京以北の選手が国体のテニスで優勝したのは私が最初。北海道に限っていえばいまだに私だけ。北国だと屋外スポーツはハンディがあるのですごく大変。

大人がサッカーをやろうと思ったら、試合の日に22人を集めなきゃいけない。今のご時世、これを実現するのは奇跡に近い。一方、ゴルフは人数こそ少ないものの丸1日が潰れる。その点、テニスは都心にもコートがあるし、たった1時間、しかも2人だけで十分に汗をかける。コートの使用料なんて安いところなら数百円だし、高級なところでもせいぜい1万円だから4人で行けば1人2500円。ラケットも借りられるし、ボールも数百円。世間のイメージよりもテニスは遙かにリーズナブル。

少ない時間、少ない人数で、老若男女が愉しめるのがテニス。60歳からテニスを始めて、後に70歳以上の大会に出ている人もいる。ポイントを取ったり取られたりで夢中になって、1時間くらいはあっという間。プロの試合を見るとハードに見えるかもしれないけど、あれは世界一を争う人たちなので参考外。素人のテニスはもっとソフト。

最近はラケットがすごく進化して、ボールが当たればそこそこ返せるようになった。ラリーが続くようになるだけでも嬉しくなると思う。都内なら芝公園とか神宮外苑とか、本当にあちこちにテニスコートがあるので、とりあえずコートに立ってみて欲しい。

  • mixiでシェアする

JFN37局ネット

FM愛媛、FM長崎は18時~、FM青森は19時~放送

AIR-G'(FM北海道)・FM青森・FM岩手・Date fm(FM仙台)・FM秋田・FM山形・ふくしまFM・TOKYO FM・FM栃木
FM-NIIGATA・FM長野・K-mix・FMとやま・FM石川・FM福井・@FM(FM AICHI)・FM GIFU・FM三重・FM滋賀
FM OSAKA・Kiss FM KOBE・FM山陰・FM岡山HIROSHIMA FM・FM山口・FM香川・FM愛媛・FM徳島 FM高知
FM FUKUOKA・FM佐賀FM長崎・FM熊本 FM大分・FM宮崎・FM鹿児島・FM沖縄