ピートのふしぎなガレージ

  • facebook
  • twitter
  • google+
エヌ博士

On Air オンエア

カテゴリー : スポーツ

箱根駅伝

2014.01.04

第40話 箱根駅伝

ゲストコメント
俳優 和田正人さん「選手の立場から見た箱根駅伝」
ポッドキャストを聴く
俳優 和田正人さん
かつて僕は日本大学の選手として箱根駅伝に出場した。中学で陸上を始めた時から箱根を目指して、東京の大学に来て夢を叶えた形。でも大学陸上界では「箱根駅伝」「出雲駅伝」「全日本大学駅伝」の3大会を「三大駅伝」と呼び、その中でも箱根は1チーム10人と人数が最も多い。一番出やすい大会とも言える(笑)。

誰がどの区間を走るかについては、ランナーのメンタル的な部分や走り方によって向き不向きがある。たとえば闘争心が強い性格なら選手間の距離がまだ開いていない前半が向いている。逆に1人でもペースを維持できるタイプなら後半。ストライドが広い人なら平坦な方が良いし、歩幅が小さい代わりに回転数を上げるピッチ走法なら起伏の激しいところが強い。

実際に走っている時は、もちろん「目の前のランナーをどこで抜こう」「どこからラストスパートしようか」なんて技術的なことも考える。でも人間の集中力はそんなに長続きしないので「終わったら何を食べよう」「沿道のあの子が可愛いな」なんてとりとめのないことを考えてリラックスする時間も重要。そうやって集中すべき瞬間に向けて準備をしている。

申し訳ないけど、沿道の応援はあまり耳に入ってこない。家族や友達の声にも気付かないくらい。テレビカメラも毎年のことなので場所も分かっているし、ほとんど気にしない。一応、中継車やバイクカメラが来れば「今、俺が映ってるんだ」くらいには思うけど、それを愉しめるくらいの心の余裕が欲しい。できればカメラを励みにして頑張れれば一番良い。

風が強い時は中継車を選手が風よけに使うこともある。意外な大学が何かの拍子でトップに立ち、後続の強豪校が必死に追い上げようとしてもなかなか差が縮まらない時は、中継車の影響だったりする。また先頭を走っているということで気分が上がって良い走りをする選手もいる。そんなメンタルが露骨に影響するのが大学駅伝。
  • mixiでシェアする

JFN37局ネット

FM愛媛、FM長崎は18時~、FM青森は19時~放送

AIR-G'(FM北海道)・FM青森・FM岩手・Date fm(FM仙台)・FM秋田・FM山形・ふくしまFM・TOKYO FM・FM栃木
FM-NIIGATA・FM長野・K-mix・FMとやま・FM石川・FM福井・@FM(FM AICHI)・FM GIFU・FM三重・FM滋賀
FM OSAKA・Kiss FM KOBE・FM山陰・FM岡山HIROSHIMA FM・FM山口・FM香川・FM愛媛・FM徳島 FM高知
FM FUKUOKA・FM佐賀FM長崎・FM熊本 FM大分・FM宮崎・FM鹿児島・FM沖縄