ピートのふしぎなガレージ

  • facebook
  • twitter
  • google+
エヌ博士

On Air オンエア

カテゴリー : スポーツ

箱根駅伝

2014.01.04

第40話 箱根駅伝

ゲストコメント
スポーツジャーナリスト 生島淳さん「箱根駅伝の愉しみ方」
スポーツジャーナリスト 生島淳さん
僕にとっての初めての箱根駅伝は小学校3年生の時に聞いたNHKのラジオだった。当時は早稲田の瀬古利彦さんが話題のルーキーとして「W」のマークを付けて走っていた。そして1987年の1月2日から日本テレビ系列全国中継されるようになり、箱根は25%以上の視聴率を獲得する化け物コンテンツになっていく。

箱根駅伝の人気の理由の1つは尋常じゃない距離を走るところにある。その距離は往復で200km以上。しかも単に長いだけじゃなくて風光明媚なのもいい。日本橋、小田原、富士山、芦ノ湖など、東海道の重要なところを愉しめる。箱根の山登り・山下りはツール・ド・フランスのようにドラマチックだし、情熱ほとばしる学生スポーツに心を掴まれる。

色とりどりのユニフォームも見どころ。えんじ、白、オレンジ、それから同じ青でも明治は「茄子紺」で、東洋大は「鉄紺」。鉄紺というのは黒の色味が強い紺色。そんな新春らしい華やかな彩りは視覚的にも愉しい。

日本人は長時間レースを見るのが好き。アメリカ人だとたぶん無理だけど、いつ何が起こるか分からないモノをじっくり見たい日本人の気質に合っている。しかもずっと見続ける必要はない。親戚が集まって新年の挨拶をしてから、ゆるりゆるりとお喋りでもしながら見るのに箱根はぴったり。

選手の話によれば、走り終わった時には沿道の声援で左耳がキーンとなって、かなり聞こえにくくなるほどらしい。その大歓声ははおそらく世界一。1区の選手が沿道のない六郷橋を渡る時だけ声援が途切れるけど、それ以外は途切れることがない。

実際にコースで見ると、一瞬で通り過ぎていく選手のスピードに驚くと思う。区間ごとに追いかけたい人のための地図もあって、本当に良くできているので、もし追いかけるなら利用しない手はない。その辺は体育会が持つ多様性のなせる業なのでは。
  • mixiでシェアする

JFN37局ネット

FM愛媛、FM長崎は18時~、FM青森は19時~放送

AIR-G'(FM北海道)・FM青森・FM岩手・Date fm(FM仙台)・FM秋田・FM山形・ふくしまFM・TOKYO FM・FM栃木
FM-NIIGATA・FM長野・K-mix・FMとやま・FM石川・FM福井・@FM(FM AICHI)・FM GIFU・FM三重・FM滋賀
FM OSAKA・Kiss FM KOBE・FM山陰・FM岡山HIROSHIMA FM・FM山口・FM香川・FM愛媛・FM徳島 FM高知
FM FUKUOKA・FM佐賀FM長崎・FM熊本 FM大分・FM宮崎・FM鹿児島・FM沖縄