ピートのふしぎなガレージ

  • facebook
  • twitter
  • google+
エヌ博士

On Air オンエア

カテゴリー : グルメ

2014.02.15

第46話 鍋

ゲストコメント
エバラ食品工業株式会社 毛利英輔さん「ご家庭でもおいしい鍋を!」
エバラ食品工業株式会社 毛利英輔さん
近年の「鍋の素」はカレー味、トマト味、コラーゲン、塩……等々、ものすごく種類が増えています。ごま豆乳は主婦に人気ですし、とんこつしょうゆ味はお子さんに人気。こんな風に鍋の素がバラエティ豊かになりだしたのは5〜6年前からで、トマト鍋やカレー鍋が先駆けでした。

さらに今はお一人様用の鍋の素が注目を集めています。エバラ食品で出しているのは『プチッと鍋』という商品。ガムシロップのような小さな容器に約7倍に濃縮した鍋の素が入っていて、容器1つにつき水150mlで薄め、お肉や野菜を入れて煮込めば鍋のできあがり。容器1つで1人分なので、人数に合わせて調整することもできます。平日の夜、帰りの遅い旦那さんのために鍋を作ったり、キャンプやハイキングなどアウトドアで鍋をしたり、いろんなシーンで手軽に鍋を愉しめます。

以前は大根おろしを入れた「みぞれ鍋の素」も発売していました。残念ながらこれは大根おろしに絡んだつゆがシメに辿り着く前にほどんどなくなってしまうということで、リピートのお客さんが付きませんでした。それくらい鍋においてシメは大事なものなんです。むしろ最初から「シメを何にしよう」と考えて鍋の味を決めている人も多いですね。中には最後に残ったダシを2つに分けて、雑炊とラーメンを両方作る人もいるようです。

キムチ鍋ならご飯を入れて、とろけるチーズをまぶせばリゾット風のシメに。トマト鍋にもやっぱりご飯を入れて、さらに卵を入れたらフワフワのオムライス風。パスタを入れてスープスパゲッティ風にすることもできます。その場合はペンネのようなショートバスタもありです。醤油系のよせ鍋やちゃんこ鍋にそばを入れたら、けんちんそば風になります。

雑炊を作る時は、事前にご飯を洗っておいて、ぬめりを取っておくのがコツです。鍋に入れたご飯が液面のちょっと下まできたら卵を入れ、蓋をします。そして3秒ほど強火にして、一気に火を切って1分ほど蒸らす。これで卵がフワフワでサラッとしたお店のような雑炊になります。
  • mixiでシェアする

JFN37局ネット

FM愛媛、FM長崎は18時~、FM青森は19時~放送

AIR-G'(FM北海道)・FM青森・FM岩手・Date fm(FM仙台)・FM秋田・FM山形・ふくしまFM・TOKYO FM・FM栃木
FM-NIIGATA・FM長野・K-mix・FMとやま・FM石川・FM福井・@FM(FM AICHI)・FM GIFU・FM三重・FM滋賀
FM OSAKA・Kiss FM KOBE・FM山陰・FM岡山HIROSHIMA FM・FM山口・FM香川・FM愛媛・FM徳島 FM高知
FM FUKUOKA・FM佐賀FM長崎・FM熊本 FM大分・FM宮崎・FM鹿児島・FM沖縄