ピートのふしぎなガレージ

  • facebook
  • twitter
  • google+
エヌ博士

On Air オンエア

カテゴリー : 旅・観光

鎌倉にいこう!

2014.03.29

第52話 鎌倉にいこう!

ゲストコメント
比企谷 妙本寺 住職 早水日秀さん「鎌倉のお寺と花」
比企谷 妙本寺 住職 早水日秀さん
ここ妙本寺は日蓮宗のお寺ですが、鎌倉市内には日蓮宗だけで50箇所くらいのお寺があります。それ以外にも浄土宗の本山として知られる光明寺、大仏様で有名な高徳院、そのすぐ近くの長谷寺も有名ですし、北鎌倉には建長寺、円覚寺といった禅宗を代表するお寺もあります。すべてのお寺を合わせると鎌倉市内には百数十箇所のお寺がある計算です。

これから3月の終わりから4月にかけては、桜の名所として親しまれているお寺も多いですね。妙本寺では桜が終わると、すぐにカイドウが咲きます。これは薄桃色のとても優しい花で、桜のような大きな木に咲くんです。夏近くのアジサイまで、いろんな花の名所を次々に愉しめるのが鎌倉という街です。

八幡様の参道は石垣が積まれた歩道ですこれを「段葛(だんかづら)」と呼び、桜の名所として知られています。でもやっぱり鶴岡八幡宮の建物のそばの桜や牡丹の風情にはかないません。妙本寺でもお堂のそばにカイドウが咲きますが、古い佇まいの建物や石垣や塀との対照の妙で、同じ花でも引き立ち方が全然違うものです。

それぞれの景色も、朝に出会うのか、日中に出会うのか、夕方に出会うのか、それだけの違いでも人々の心への響き方は変わってきます。これは団体でワーッと来て、慌ただしく名所を見ていくだけでは分からないでしょう。一度、ひとりで来てゆっくり見て下さい。そうしたら「この景色を自分の一番好きな人に見せたい」なんて思うかもしれませんよ(笑)。そういう心を起こすのが花を観賞するということで、写真だけ撮って帰ったって意味がありません。

さすがに植物にも寿命があるので、鎌倉時代からずっと立っている木はたぶんないでしょう。でも鎌倉の地で代々育てられてきた木なら、きっとたくさんあるはず。桜は大昔から人々に愛されてきましたし、日本人の心を動かす花々は鎌倉時代からずっと伝えられてきています。
  • mixiでシェアする

JFN37局ネット

FM愛媛、FM長崎は18時~、FM青森は19時~放送

AIR-G'(FM北海道)・FM青森・FM岩手・Date fm(FM仙台)・FM秋田・FM山形・ふくしまFM・TOKYO FM・FM栃木
FM-NIIGATA・FM長野・K-mix・FMとやま・FM石川・FM福井・@FM(FM AICHI)・FM GIFU・FM三重・FM滋賀
FM OSAKA・Kiss FM KOBE・FM山陰・FM岡山HIROSHIMA FM・FM山口・FM香川・FM愛媛・FM徳島 FM高知
FM FUKUOKA・FM佐賀FM長崎・FM熊本 FM大分・FM宮崎・FM鹿児島・FM沖縄