ピートのふしぎなガレージ

  • facebook
  • twitter
  • google+
エヌ博士

On Air オンエア

カテゴリー : 

ガレージ

2014.04.12

第54話 ガレージ

ゲストコメント
『金無し、土地無しでも、ガレージが欲しい!』著者 大本健さん「ガレージを作ろう!」
ポッドキャストを聴く
『金無し、土地無しでも、ガレージが欲しい!』著者 大本健さん
ガレージは手作りできます。言ってみれば、子供の頃に段ボールで作った秘密基地みたいなものでしょうか。それを木やパイプにして、屋根と壁さえあれば、それはもうガレージと言っていいでしょう。ただ一応、10平米以上の広さだと、建築基準法の基準を満たして許可を取る必要があります。

キットハウスならプラモデルのような感じで、パーツを組んでいけばガレージが造れてしまいます。ただ、基礎の部分は素人には難しいですね。そこも自分でやろうと思ったら、独立基礎にするのが比較的やりやすいと思います。これは四角いコンクリートを何カ所か置いて、その上に土台をのせるやり方です。ただ、バイクや車のガレージだと床が抜けてしまったりするので、ブロックを水平に並べて基礎にするのが一番簡単かもしれません。

私が最初に作ったガレージは幅6m奥行き5.4mの大きさで、3ヶ月くらいで完成する予定が3年かかりました。でも屋根ができれば後は屋内なので雨でも夜中でも作業ができます。2×4(ツーバイフォー)工法という定型の規格なら特に難しいこともありません。屋根だけは高い場所なので、材料を持ち上げたりするのが大変でした。ちなみに私は子供の頃、技術家庭の授業が苦手で、いまだに本棚や椅子を自作するとガタガタになってしまいます。それくらいきっちり作るのが苦手な私でも、2×4工法なら規格が決まっているのでちゃんと作れました。

費用の面で言えば人件費が掛からないのは大きいと思います。逆に言えば1〜2日でできてしまうサイズのガレージならプロに頼んでもそれほど高くありません。でもガレージ作りは純粋におもしろいから、お金を払って人に頼むのがすごくもったいないと思います。自信がなければ壁と屋根だけ大工さんにお願いするハーフビルドというやり方もありますよ。

私は最初の車がランサーだったんですが、その車を処分する時に当時5歳くらいの娘が「シートを残しておきたい」と言うので、ガレージに台座を作って椅子にしました。こんな作業は自分でやるからこそ愉しいと思います。

ガレージの基礎工事  壁を工事中  足場を組んで

外観完成!  棚もすべて自作  ランサーのシートをイスに加工
  • mixiでシェアする

JFN37局ネット

FM愛媛、FM長崎は18時~、FM青森は19時~放送

AIR-G'(FM北海道)・FM青森・FM岩手・Date fm(FM仙台)・FM秋田・FM山形・ふくしまFM・TOKYO FM・FM栃木
FM-NIIGATA・FM長野・K-mix・FMとやま・FM石川・FM福井・@FM(FM AICHI)・FM GIFU・FM三重・FM滋賀
FM OSAKA・Kiss FM KOBE・FM山陰・FM岡山HIROSHIMA FM・FM山口・FM香川・FM愛媛・FM徳島 FM高知
FM FUKUOKA・FM佐賀FM長崎・FM熊本 FM大分・FM宮崎・FM鹿児島・FM沖縄