ピートのふしぎなガレージ

  • facebook
  • twitter
  • google+
エヌ博士

On Air オンエア

カテゴリー : スポーツ

バスケットボール

2014.04.19

第55話 バスケットボール

ゲストコメント
「月刊バスケットボール」編集長 飯田康二さん「半袖のユニフォームが流行るかも?!」
「月刊バスケットボール」編集長 飯田康二さん
バスケットボールのユニフォームはずいぶん進化して、汗をかいてもベタつかない素材になった。印刷技術も進化したので、チーム名や背番号は刺繍ではなくプリント。刺繍の部分がゴワゴワしたりせず動きやすいということで人気があり、しかも刺繍より安いので日本の中学や高校ではプリントのユニフォームがスタンダードになっている。

デザイン的には、今年のNBAオールスターに半袖のユニフォームが登場した。やっぱり本来はタンクトップの方がシュートを打つ時などに腕が自由に動くので楽。でも今は素材が進化して、半袖でも引っかかりなく動けるようになったのでは。けっこうピタッとしてるタイプなので見ていて違和感があるけど、「カッコイイ」という人もいるのでこれからどこまで流行るか大いに注目。たとえば昨年から「3x3(スリー・バイ・スリー:3on3とも)」の日本代表チームが結成されたけど、このチームも半袖ユニフォームを採用している。

実は大昔、バスケットボールのユニフォームはピタッとしていて、短パンも恥ずかしいくらい短かった。でも1980年代半ばにマイケル・ジョーダンが「あれはかっこわるい」と言って、少し長めのパンツを履きはじめ、そこからパンツの丈はどんどん長くなっていった。ジョーダンはルーキーにも関わらずナイキが「エア・ジョーダン」という個人名の入ったシューズを作ったことで一躍話題になり、本人にずば抜けた実力とスター性があったことからナイキと一緒に成長していった。でも今はどんどんシューズも進化していて、当時よりもはるかに丈夫で軽くなっている。

そういえば1990年代には「W.W.J.D.」も流行った。これは今でいうシリコンバンドに「What would Jesus do?(イエス様ならどうするだろう?)」というメッセージの頭文字が書かれているもの。試合中にそれを見て冷静になろうというアイテムで、後にいろんなシリコンバンドが流行したはしりだったと思う。
  • mixiでシェアする

JFN37局ネット

FM愛媛、FM長崎は18時~、FM青森は19時~放送

AIR-G'(FM北海道)・FM青森・FM岩手・Date fm(FM仙台)・FM秋田・FM山形・ふくしまFM・TOKYO FM・FM栃木
FM-NIIGATA・FM長野・K-mix・FMとやま・FM石川・FM福井・@FM(FM AICHI)・FM GIFU・FM三重・FM滋賀
FM OSAKA・Kiss FM KOBE・FM山陰・FM岡山HIROSHIMA FM・FM山口・FM香川・FM愛媛・FM徳島 FM高知
FM FUKUOKA・FM佐賀FM長崎・FM熊本 FM大分・FM宮崎・FM鹿児島・FM沖縄