ピートのふしぎなガレージ

  • facebook
  • twitter
  • google+
エヌ博士

On Air オンエア

カテゴリー : カルチャー

トランプ

2014.04.26

第56話 トランプ

ゲストコメント
プロポーカー選手 木原直哉さん「世界中で大ブームのポーカー」
プロポーカー選手 木原直哉さん
日本でよく知られるポーカーのルールは「トランプを5枚ずつ配って、各自が不要なカードをチェンジし、その結果できた手役で勝負する」というもの。これは戦後にアメリカから入ってきた《ファイブカードドローポーカー》と呼ばれるポーカーで、現在のラスベガスでこのポーカーをしている人は誰もいません。

今、ラスベガスで一番人気のポーカーは《テキサス・ホールデム》。このポーカーは各プレーヤーに2枚ずつカードを配り、テーブルの中央に5枚の共通カードを並べます。そして手札2枚+共通カード5枚の計7枚から好きな5枚を使って各自が役をつくって勝負するゲームです。役の強弱は他のポーカーと変わりません。

テキサス・ホールデムは共通カードを並べる前や途中でお金を賭けるのがポイントで、誰かが賭け金を上乗せしたら、勝負に参加したい人は同じ額を出すか、さらに賭け金を上乗せすしなければいけません。共通カードがテーブル上に揃う前にその駆け引きが行われるのがすごくおもしろいんです。

2番目に人気のポーカーは《ポットリミット・オマハ》で、実際にカジノで行われているのはテキサス・ホールデムとコレくらいですね。でも本当は10種類以上のポーカーがあります。そして、世界各地で行われているポーカーの大会では、そのいろんなポーカーが行われています。

大会では参加費を払ってチップを受け取って、参加者同士が勝負します。僕は先日、韓国で行われた大会に参加してきましたが、参加費30万円の部門は参加者が260人で、優勝すると賞金1800万円でした。僕はそっちは負けてしまいましたが、参加費60万円の部門では36人中の2位になって、賞金470万円を獲得しました。

夏にはラスベガスでポーカーの世界選手権「ワールド・シリーズ・オブ・ポーカー」が開催されます。これは参加費10万円の部門に3000人以上が集まる大きな大会です。今年は参加費1億円という大金持ち向けの部門も設定され、シルク・ドゥ・ソレイユのオーナー(ギー・ラリベルテというポーカープレーヤーとしても有名な人物)などが参加する予定だとか。その優勝賞金は実に20億円です。
  • mixiでシェアする

JFN37局ネット

FM愛媛、FM長崎は18時~、FM青森は19時~放送

AIR-G'(FM北海道)・FM青森・FM岩手・Date fm(FM仙台)・FM秋田・FM山形・ふくしまFM・TOKYO FM・FM栃木
FM-NIIGATA・FM長野・K-mix・FMとやま・FM石川・FM福井・@FM(FM AICHI)・FM GIFU・FM三重・FM滋賀
FM OSAKA・Kiss FM KOBE・FM山陰・FM岡山HIROSHIMA FM・FM山口・FM香川・FM愛媛・FM徳島 FM高知
FM FUKUOKA・FM佐賀FM長崎・FM熊本 FM大分・FM宮崎・FM鹿児島・FM沖縄