ピートのふしぎなガレージ

  • facebook
  • twitter
  • google+
エヌ博士

On Air オンエア

カテゴリー : グルメ

2014.08.30

第74話 鮎

ゲストコメント
フィッシングライター 横塚鴻一さん「鮎の友釣りに挑戦してみよう!」
ポッドキャストを聴く
フィッシングライター 横塚鴻一さん
鮎の友釣りは、囮を追ってきた鮎を掛ける釣りです。これは非常に特殊な釣りで、鮎が自分の餌場を守ろうとする習性を利用しています。囮に使うのは生きた鮎。ここが他の釣りとはまったく違います。死んでいる鮎やおもちゃの鮎ではなかなか追ってこないんです。

鮎の縄張りは約1平方メートル。そこに他の鮎が入ってくると本当に怒りますが、近くに来た程度では怒りません。怒った鮎は体当たりをして相手を縄張りから追い出そうとします。そこを掛けるので、囮の鮎を上手に縄張りへ入れてやらないと掛からない……ということになります。

初めて友釣りに挑戦したビギナーでも、よく釣れる川ならすぐに掛かります。たとえばここ相模川は天然遡上があるので、その数が多い年なら小さい鮎がたくさん釣れるのですが、そういう年は比較的楽です。逆に遡上が良くない年は非常に難しくなります。

鮎は川で産卵し、稚魚が海へ下って、そこで成長して、また産卵のために遡上してきます。産卵が11月くらいで、遡上が3月中旬から。途中にダムや河口堰があると遡上できません。ここ相模川も実は河口堰が2つあるのですが、ちゃんとした魚道をつくってあるので遡上できています。

鮎の友釣りは特殊な釣りなので道具も独特です。囮の鮎をつなぎ止めるための「鼻カン」、囮の鮎に体当たりしてきた鮎を掛けるための「掛け針」、さらに掛け針を囮の鮎に固定するための「逆針」。こんな道具を使って、鮎が囮の腹をめがけて突っ込んで来た時に、ちょうど掛け針がうまい具合に当たるようにします。

そしてうまく鮎が交差するような位置に囮を誘導するのが釣り人の腕です。釣り竿も通常のものとはだいぶ違います。囮を自分から少しでも離すために9〜10mもある長い竿を使うんです。それでも繊細な操作ができるよう300gくらいしかありません。特殊な素材を使っていることもあり、1本30万円くらいします。

       鮎釣り        鮎
  • mixiでシェアする

JFN37局ネット

FM愛媛、FM長崎は18時~、FM青森は19時~放送

AIR-G'(FM北海道)・FM青森・FM岩手・Date fm(FM仙台)・FM秋田・FM山形・ふくしまFM・TOKYO FM・FM栃木
FM-NIIGATA・FM長野・K-mix・FMとやま・FM石川・FM福井・@FM(FM AICHI)・FM GIFU・FM三重・FM滋賀
FM OSAKA・Kiss FM KOBE・FM山陰・FM岡山HIROSHIMA FM・FM山口・FM香川・FM愛媛・FM徳島 FM高知
FM FUKUOKA・FM佐賀FM長崎・FM熊本 FM大分・FM宮崎・FM鹿児島・FM沖縄