ピートのふしぎなガレージ

  • facebook
  • twitter
  • google+
エヌ博士

On Air オンエア

カテゴリー : スポーツ

カート

2014.09.06

第75話 カート

ゲストコメント
雑誌「ジャパンカート」編集長 藤原浩さん「コースでカートを体験しよう!」
雑誌「ジャパンカート」編集長 藤原浩さん
遊園地の「ゴーカート」は時速20kmくらい。それに対して「レーシングカート」は見た目は同じような感じですがスピードがまったく違い、時速70kmくらい出ます。さらにカートのコースでは初めての方のためにその中間くらいの性能の「レンタルカート」も用意しているので、カートを体験するならそのレンタルカートが良いでしょう。

カートは運転免許も特に必要ありません。乗る前に操作方法を教えてくれるのですが、アクセルを踏んで加速して、コーナーの手前ではブレーキを踏んでスピードを落とし、ハンドルを切れば曲がる。これだけです。ギアもクラッチもないのでオートマの車のような感じで、車の免許を持っている方ならまったく違和感なく運転できます。

最近はレーシングカートとレンタルカートの中間にあたる「スポーツカート」も人気を博しています。これはレーシングカートのような軽い車体に、レンタルカートのような扱いやすいエンジンを積んだカートです。すごく乗りやすくて、レーシングカートのようなスピード感も愉しめるカートとして、乗る人がすごく増えています。

レースに出ようと思ったら、レース用のカートライセンスが必要です。これは講習会に参加すれば取得できます。座学でルールを学び、実技でルールの理解度を確認するまで、だいたい1日くらいです。たとえばコース脇に立っているオフィシャルの旗が伝える情報をちゃんと理解して守れなければいけません。黄旗なら「この先に事故車両がいるのでゆっくり走りなさい」という意味です。

カートのライセンスは下は8歳からで、上限はありません。70代の方でカートを愉しまれている方もいらっしゃいます。さらにキッズカートというカテゴリーなら4歳から参加できるので「老若男女、誰でも愉しめる」と言って良いと思います。
  • mixiでシェアする

JFN37局ネット

FM愛媛、FM長崎は18時~、FM青森は19時~放送

AIR-G'(FM北海道)・FM青森・FM岩手・Date fm(FM仙台)・FM秋田・FM山形・ふくしまFM・TOKYO FM・FM栃木
FM-NIIGATA・FM長野・K-mix・FMとやま・FM石川・FM福井・@FM(FM AICHI)・FM GIFU・FM三重・FM滋賀
FM OSAKA・Kiss FM KOBE・FM山陰・FM岡山HIROSHIMA FM・FM山口・FM香川・FM愛媛・FM徳島 FM高知
FM FUKUOKA・FM佐賀FM長崎・FM熊本 FM大分・FM宮崎・FM鹿児島・FM沖縄