ピートのふしぎなガレージ

  • facebook
  • twitter
  • google+
エヌ博士

On Air オンエア

カテゴリー : カルチャー

ヨガ

2014.10.25

第82話 ヨガ

ゲストコメント
スタジオ・ビーツ代表/ヨガインストラクター 山本華子さん「手軽なヨガで快適な毎日を!」
ポッドキャストを聴く
スタジオ・ビーツ代表/ヨガインストラクター 山本華子さん
よく「ヨガは足を肩まで上げるような超人的なポーズをするもの」と思われがちですが、普通はそこまではやりません。その人が心地よく健康に暮らしていける技やメソッド全般がヨガ。だからストレッチとの明快な区別もありません。いかにもヨガらしいポーズもありますが、体が心地よく解放されるのであればストレッチだってヨガなんです。

夜、背中や腰に疲れを感じたときは、両手と膝を床について、四つん這いになってみて下さい。そしてアゴを上に上げて天井をグーッと見上げ、お尻も上に突き上げます。その状態からゆっくりと頭を下げて、今度は頭を両腕の間に収め、背中を丸めます。上下の振り幅をなるべく大きくしながら、反って丸くなるのを繰り返すと、背中や腰がほぐれます。疲れない程度に10回もやれば良いと思います。

もっと手軽なところでは、後頭部で両手を組んで、両肘をグーッと広げてみましょう。こうすると背中の肩甲骨がグッと近寄って、胸が広がります。そこから今度は逆に肘を顔の前で締めながら、おへそをのぞき込むように背中を丸めていきます。ゆっくりと息を吸いながら広げ、息を吐きながら丸くなるのを繰り返すと、上半身が全体的にほぐれます。

いま日本にあるヨガは、大きく分けるとリラックス系とエクササイズ系に分けられます。リラックス系は無理をせず、できる範囲で優しく動くヨガ。それに対してエクササイズ系は癒やしたりほぐすだけにとどまらず、少しパワフルに鍛えるヨガです。アメリカではヨガはエクササイズなので、老若男女が滝のような汗をかいてヒーヒー言いながらヨガをやっています。

頭が痛かったり、体が重かったり、腰が痛かったりすると、人間は物事を良い方向に考えることができなくなるもの。でも体が軽くなって、温まって、頭がスッキリすれば、「大丈夫!」と自分自身に言い聞かせることができるんです。ヨガで体を動かせばそうなれます。
  • mixiでシェアする

JFN37局ネット

FM愛媛、FM長崎は18時~、FM青森は19時~放送

AIR-G'(FM北海道)・FM青森・FM岩手・Date fm(FM仙台)・FM秋田・FM山形・ふくしまFM・TOKYO FM・FM栃木
FM-NIIGATA・FM長野・K-mix・FMとやま・FM石川・FM福井・@FM(FM AICHI)・FM GIFU・FM三重・FM滋賀
FM OSAKA・Kiss FM KOBE・FM山陰・FM岡山HIROSHIMA FM・FM山口・FM香川・FM愛媛・FM徳島 FM高知
FM FUKUOKA・FM佐賀FM長崎・FM熊本 FM大分・FM宮崎・FM鹿児島・FM沖縄