ピートのふしぎなガレージ

  • facebook
  • twitter
  • google+
エヌ博士

On Air オンエア

カテゴリー : 

アイスホッケー

2014.11.08

第84話 アイスホッケー

ゲストコメント
雑誌「Breakaway」編集部 土田健一さん「試合開始は《フェイスオフ》!」
雑誌「Breakaway」編集部 土田健一さん
アイスホッケーにもオフサイドがあります。リンクを三分割するような青い線が引かれていて、そこから先はパックより先に入ったらオフサイドです。そしてオフサイドなどの反則やゴールが決まった後は審判の笛でゲームが止まり、フェイスオフで再開します。

フェイスオフは試合開始の時も行うもので、向かい合った両チームの選手2人の間に審判がパックを落として試合が開始(再開)されます。試合開始やゴール後はリンク中央で、それ以外の中断の時は中央を含めて9カ所あるフェイスオフ・スポットで近い場所が選ばれます。

フェイスオフはパックの取り合いです。取った方が試合の主導権を握るので、取れるか取れないかがすごく重要になります。もちろん選手によって上手い下手があって、過去のデータで上手いと分かっている選手はここ一番で起用されます。

アイスホッケーは国際ルールが定められていて、日本でもそのルールに則ってプレイしています。小学生だけは試合時間が短めで、大人が20分×3ピリオドの60分に対して、小学生は15分×3ピリオドの45分。でもそれ以外は完全に大人と同じです。

リンクの大きさは縦60m×横幅30m。ただしNHLは横幅が4mほど狭いので、激しく当たるスタイルのチームが多いと言われます。そしてリンクに関しては今シーズンから国際ルールが変更になり、NHL規格のリンクも国際大会で使用できることになりました。これは北米で国際大会を開催する上での都合だと思いますが、慣れていない日本やヨーロッパの選手は多少戸惑うかもしれません。

日本には現在、男子トップリーグのチームが4つしかありません。これではリーグ戦が成り立たないので、現在は韓国、中国、ロシアのチームを加えた「アジアリーグ」を行っています。今年の注目選手は日光アイスバックスのルーキー、寺尾勇利。まだ高卒1年目なのに日本代表にも選ばれ、今後の活躍に期待です。
  • mixiでシェアする

JFN37局ネット

FM愛媛、FM長崎は18時~、FM青森は19時~放送

AIR-G'(FM北海道)・FM青森・FM岩手・Date fm(FM仙台)・FM秋田・FM山形・ふくしまFM・TOKYO FM・FM栃木
FM-NIIGATA・FM長野・K-mix・FMとやま・FM石川・FM福井・@FM(FM AICHI)・FM GIFU・FM三重・FM滋賀
FM OSAKA・Kiss FM KOBE・FM山陰・FM岡山HIROSHIMA FM・FM山口・FM香川・FM愛媛・FM徳島 FM高知
FM FUKUOKA・FM佐賀FM長崎・FM熊本 FM大分・FM宮崎・FM鹿児島・FM沖縄