ピートのふしぎなガレージ

  • facebook
  • twitter
  • google+
エヌ博士

On Air オンエア

カテゴリー : アウトドア

アウトドア読書

2014.11.15

第85話 アウトドア読書

ゲストコメント
声優 池澤春菜さん「大自然の中でSF冒険小説を読む!」
ポッドキャストを聴く
声優 池澤春菜さん
緑の中で本を読むことはあまりないと思いますけど、エイミー・トムスンの『緑の少女』はそういうシチュエーションがぴったりの一冊。地球から遠く離れた異星のお話で、ジュナという女の子が地球から探査船でその星へとやってくるのですが、事故で彼女ひとりがその星に取り残されてしまうんです。

目が覚めたとき、彼女はその星の住民に体を改造されていました。それはその星の環境に適応させて彼女を生き延びさせるためでもあり、その星の住民独特の《肌の色を変化させる視覚中心のコミュニケーション》を可能にするためでもあります。つまり善意の改造なんですが、見た目は二足歩行するカエルみたいなんです。

見るもの聞くものすべてが不思議な星で、地球人の彼女は元に戻ることができるのか。母船に連絡することはできるのか。それ以前に不思議なジャングルで生き延びることができるのか……というお話。濃密な緑の描写などが自然の中で読むのにぴったりです。

ブライアン・W・オールディスの『地球の長い午後』は地球の自転が止まってしまった世界のお話です。そのせいで地球の半分が常に太陽に照らされる「昼」になり、もう半分が常に「夜」に。昼の世界は巨大化した植物と昆虫にあふれ、人間はその陰でひっそりと暮らしています。

巨大な蜘蛛は月まで巣を張り巡らし、産卵のために真空の宇宙空間を渡っているほど。そして主人公は「月の世界に何かあるのではないか」「もしかしたらまだ地球人が月に生き残っているのではないか」と考え、蜘蛛に密航して月を目指します。しかし真空の空間をどうやって乗り越えるのか……という冒険の物語です。

この小説は冒頭から異世界の表現に圧倒されます。「成長の早い箒苺が、片側をぐんぐんとのぼっていった。ちらちら光る、ねっとりした、まっ赤なイチゴの房……」。こんな一節を外で読んでいる時に、ふと目の前にヘビイチゴがあったらドキッとしますよね。ぜひ外で読んでみて下さい。
  • mixiでシェアする

JFN37局ネット

FM愛媛、FM長崎は18時~、FM青森は19時~放送

AIR-G'(FM北海道)・FM青森・FM岩手・Date fm(FM仙台)・FM秋田・FM山形・ふくしまFM・TOKYO FM・FM栃木
FM-NIIGATA・FM長野・K-mix・FMとやま・FM石川・FM福井・@FM(FM AICHI)・FM GIFU・FM三重・FM滋賀
FM OSAKA・Kiss FM KOBE・FM山陰・FM岡山HIROSHIMA FM・FM山口・FM香川・FM愛媛・FM徳島 FM高知
FM FUKUOKA・FM佐賀FM長崎・FM熊本 FM大分・FM宮崎・FM鹿児島・FM沖縄