ピートのふしぎなガレージ

  • facebook
  • twitter
  • google+
エヌ博士

On Air オンエア

カテゴリー : スポーツ

パラグライダー

2013.06.01

第9話 パラグライダー

ゲストコメント
パラグライダーインストラクター 平木啓子さん「気軽にパラグライダー体験!」
ポッドキャストを聴く
パラグライダーインストラクター 平木啓子さん
パラグライダーは本来飛べない人間が鳥のように空を飛べる素晴らしい乗り物。飛行機だと機体に覆われているから風を感じられないし、エンジンも必要。でもパラグライダーなら風を感じながら、太陽の光、熱、風といった自然の力を使って自由に空を飛ぶことができる。

初めての人ならタンデムという2人乗りのパラグライダーがオススメ。これならパイロットが操作してくれるので安心できる。高いところが苦手という男性が彼女に無理矢理つれてこられる事もあるけど、タンデムなら皆さん「意外と怖くなかった」と言う。ちょっとだけ怖いところがあるとすれば離陸の時。崖に向かって走っていくことになるので、初めての人は不安を感じるかもしれない。でも崖に到達する前に浮いてしまうので、崖はあまり関係ない。良い風が入っている日なら5歩も走れば浮く。

実際に体験した人たちは「ピーターパンになったみたい」「風の谷のナウシカの雰囲気を体験できた」なんて感想を言う。風を感じながら生身で空中にいる感覚がすごく不思議らしい。上昇気流さえあれば飛んだ場所よりも高いところまで飛ぶこともできる。上昇気流は2種類あって、1つは山の斜面に風が当たり、その斜面を駆け上がっていく気流。もう1つは太陽の熱で温められた空気が気泡のように上がっていく気流。この上昇気流に乗ることでパラグライダーは高いところまで行くことができる。

ここ朝霧高原なら着地する駐車場が海抜700mで、離陸する場所が海抜1000mなので、標高差300m。こう言うと嫌がる人が多いけど、数字上では東京タワーから飛び降りるような感じ。でも山には斜面があるので、斜面を走る間に浮いてしまう。そこに落ちるという感覚はまったくない。離陸して、少し高いところまで行って、平地に降りてくるまでだいたい10〜15分。むしろ上昇気流に乗って上がっていく時の方が怖いと感じる人もいるかも。気流が強い時は1秒間に7〜8mも上がるので。
  • mixiでシェアする

JFN37局ネット

FM愛媛、FM長崎は18時~、FM青森は19時~放送

AIR-G'(FM北海道)・FM青森・FM岩手・Date fm(FM仙台)・FM秋田・FM山形・ふくしまFM・TOKYO FM・FM栃木
FM-NIIGATA・FM長野・K-mix・FMとやま・FM石川・FM福井・@FM(FM AICHI)・FM GIFU・FM三重・FM滋賀
FM OSAKA・Kiss FM KOBE・FM山陰・FM岡山HIROSHIMA FM・FM山口・FM香川・FM愛媛・FM徳島 FM高知
FM FUKUOKA・FM佐賀FM長崎・FM熊本 FM大分・FM宮崎・FM鹿児島・FM沖縄