ピートのふしぎなガレージ

  • facebook
  • twitter
  • google+
エヌ博士

On Air オンエア

カテゴリー : カルチャー

世界の偉人忘年会2014

2014.12.27

第91話 世界の偉人忘年会2014

ゲストコメント
6月14日「サッカー」篇 小島伸幸さん「1998年のフランス大会の記憶」
6月14日「サッカー」篇 小島伸幸さん
16年前、トゥールーズのスタジアムで初の本大会に臨んだ時は、日本人サポーターが本当にたくさんいた。だからあまりフランスに来たという感じがなくて、日本の国立競技場で試合をするような雰囲気だった。でも待遇はすごかった。試合の日じゃなくても僕らのバスに先導車が付いたし、飛行機で移動する時もバスが飛行機の横まで付けてくれる。それでタラップを上がって飛行機に乗った記憶がある。

キャンプ地のエクスレバンでは1日だけフリーの日があったので、ボートを出して湖で釣りをした。楢崎選手と僕とトレーナーと現地の人の4人だったけど、向こうで外出した記憶はそれしかない。それ以外の日はずっと練習していた。特にキーパーは他の選手が午前中だけの日も終日練習。釣りに行った時も午前中は練習して、午後に休みをもらっただけだった。

フランスでは3試合を戦ったけど、0-1で敗れた2試合に世界との大きな差を感じた。初戦はアルゼンチン戦。日本もチャンスを作れないわけではないんだけど、打ったシュートがことごとく相手の足に当たる。それくらい世界がシュートを簡単に許してくれないのに驚かされた。わずか5cmの違いかもしれないけど、それがとてつもなく大きかった。

第3戦のジャマイカ戦では中山選手がついに1点をとって、チームも「やった!」と盛り上がった。ただその後、試合中にゴンちゃんは骨折してしまう。それでもあの人は戦おうと足を引きずりながらピッチを走りまわっていた。さすがにベンチがストップをかけたけど、あの姿勢こそが国を代表して戦うことの重さなんだと思う。

クロアチア戦では、向こうのGKがどうやら背番号1のユニフォームと交換したかったらしく、試合後にわざわざロッカールームへ来て「取り替えてくれない?」と頼んできた。だから我が家にはクロアチアのユニフォームが1つだけある。自分が欲しくて交換したのならいいけど、どちらかといえば自分の記念ユニフォームが1つ減ったことの方が惜しい気も(笑)。
  • mixiでシェアする

JFN37局ネット

FM愛媛は18時~、FM青森は19時~放送

AIR-G'(FM北海道)・FM青森・FM岩手・Date fm(FM仙台)・FM秋田・FM山形・ふくしまFM・TOKYO FM・FM栃木
FM-NIIGATA・FM長野・K-mix・FMとやま・FM石川・FM福井・FM AICHI・FM GIFU・FM三重・FM滋賀
FM OSAKA・Kiss FM KOBE・FM山陰・FM岡山・広島FM・FM山口・FM香川・FM愛媛・FM徳島・FM高知
FM FUKUOKA・FM佐賀・FM長崎・FM熊本・FM大分・FM宮崎・FM鹿児島・FM沖縄