ピートのふしぎなガレージ

  • facebook
  • twitter
  • google+
エヌ博士

On Air オンエア

カテゴリー : 旅・観光

イルミネーション

2015.01.24

第95話 イルミネーション

ゲストコメント
一般財団法人プロジェクションマッピング協会 代表理事 石多未知行さん「気軽にプロジェクションマッピング!」
一般財団法人プロジェクションマッピング協会 代表理事 石多未知行さん
プロジェクションマッピングは映像を投写(プロジェクション)して対象物と映像を合わせる技術のこと。たとえば建物の形をトレースした映像を作って建物にぴったり合わせて投写することによって普通の白いビルが古い西洋建築に見せたり、錯視を利用してその建物が動いているように見せたりすることが可能です。

このプロジェクションマッピング、日本では2012年に東京駅で行われて有名になりましたが、実は歴史が古くて、大阪万博でもその技術の原型はありました。それがプロジェクションマッピングと呼ばれて流行りだしたのは2005年くらいからです。今はすっかり定着して、あちこちのイルミネーションに組み込まれています。

2〜3月でしたら雪のある地方がおすすめです。『さっぽろ雪まつり』では毎年プロジェクションマッピングが行われ、巨大な雪像に映像を投写しています。僕も去年『旭川冬まつり』で、巨大な雪だるまが地元の幼稚園児たちが描いた可愛らしい雪だるまに次々と変化するプロジェクションマッピングをやりました。これは-20℃の世界でも温かい気持ちになります。

難しそうに見えるプロジェクションマッピングですが、実はiPhone・iPad用のアプリも出ています。プロジェクタに繋いで自分の撮った写真や映像を映し出す際に、そのアプリを使うと対象物に合わせて歪めることができるんです。もともと四角い映像を丸いモノにピッタリ投写できると、まるで命を吹き込まれたかのよう。ぜひ一度ちょっと試してみて下さい。

そういえば去年、栃木県の日光東照宮でも、有名な石造りの鳥居に音と映像のプロジェクションマッピングをやりました。この時は音もちゃんと聞かせたくて、大きな音のする発電機が使えなかったんです。そこでアウトランダーPHEVのAC電源を利用したのですが、これは圧倒的に静かで助かりました。この車にプロジェクタを積んでおけば、いつでもどこでもプロジェクションマッピングができますね(笑)。
  • mixiでシェアする

JFN37局ネット

FM愛媛、FM長崎は18時~、FM青森は19時~放送

AIR-G'(FM北海道)・FM青森・FM岩手・Date fm(FM仙台)・FM秋田・FM山形・ふくしまFM・TOKYO FM・FM栃木
FM-NIIGATA・FM長野・K-mix・FMとやま・FM石川・FM福井・@FM(FM AICHI)・FM GIFU・FM三重・FM滋賀
FM OSAKA・Kiss FM KOBE・FM山陰・FM岡山HIROSHIMA FM・FM山口・FM香川・FM愛媛・FM徳島 FM高知
FM FUKUOKA・FM佐賀FM長崎・FM熊本 FM大分・FM宮崎・FM鹿児島・FM沖縄