ピートのふしぎなガレージ

  • facebook
  • twitter
  • google+
エヌ博士

On Air オンエア

カテゴリー : カルチャー

美術館

2015.02.07

第97話 美術館

ゲストコメント
アートテラー とに~さん「おすすめの美術館と展覧会はコレ!」
ポッドキャストを聴く
アートテラー とに~さん
千葉県佐倉市のDIC川村記念美術館は印刷インキ会社のDICが「色がキレイ」というテーマで作品を集めている美術館です。西洋美術から彫刻作品や日本美術、いろんなジャンルがあるので、誰と行ってもまず外れません。さらに自然豊かな散策路でピクニックも愉しめます。

この美術館でぜひ注目していただきたいのはマーク・ロスコの抽象画です。この人は「色に包まれる」というコンセプトの創作をした人で、すごく大きな赤一色の絵7点を並べた「ロスコ・ルーム」は、世界に3箇所しかない貴重なものです。

さらに3月下旬までは特別展「スサノヲの到来」を開催しています。日本神話のスサノヲを描いた作品を集めただけではなく、「流浪」「怒り」等、スサノヲのいろんな性格に関連づけた作品も展示していて、すごくパワーに溢れる展覧会でした。

一方、箱根まで足を伸ばせば、東洋美術の岡田美術館、西洋美術のポーラ美術館、家族連れやアクティブな人向けの箱根彫刻の森美術館など、いろんな美術館があります。美術館の中に足湯もありますし、関東でドライブがてら美術館に行くなら箱根でしょう。

注目の展覧会なら、上野の東京都美術館で始まった『新印象派』展です。印象派も点描画に近いスタイルですが、その点描をさらに細かくしたのが新印象派です。絵の具を混ぜると色が汚くなってしまうので、テレビのように小さな点で色を表現することで美しい色を出そうとしています。

そういう作品ですから、近くで見てもあまり意味がありません。ちょっと離れて見ると「あっ、こういう風に見えるんだ」と驚くと思います。美術を「鑑賞」するというよりは「体感」するこの展覧会で、ネットでは伝わらない実物の魅力をぜひ体感してみて下さい。

ちなみに日本の美術館は照明の技術がすごくて、学芸員さんによっては会場を歩く鑑賞者の瞳孔がどれくらい開くかまで計算して照明を工夫するそうです。それくらい環境によって作品の見え方が変わるので、美術展は一期一会。ぜひ会場へ足を運んで下さい。
  • mixiでシェアする

JFN37局ネット

FM愛媛、FM長崎は18時~、FM青森は19時~放送

AIR-G'(FM北海道)・FM青森・FM岩手・Date fm(FM仙台)・FM秋田・FM山形・ふくしまFM・TOKYO FM・FM栃木
FM-NIIGATA・FM長野・K-mix・FMとやま・FM石川・FM福井・@FM(FM AICHI)・FM GIFU・FM三重・FM滋賀
FM OSAKA・Kiss FM KOBE・FM山陰・FM岡山HIROSHIMA FM・FM山口・FM香川・FM愛媛・FM徳島 FM高知
FM FUKUOKA・FM佐賀FM長崎・FM熊本 FM大分・FM宮崎・FM鹿児島・FM沖縄