ピートのふしぎなガレージ

  • facebook
  • twitter
  • google+
エヌ博士

On Air オンエア

カテゴリー : 旅・観光

SL

2015.02.14

第98話 SL

ゲストコメント
『究極の現役ナローゲージ鉄道』著者 岡本憲之さん「大正時代のSLもまだ動いています!」
『究極の現役ナローゲージ鉄道』著者 岡本憲之さん
ここ、大井川鐵道はSLの定期運行が行われている数少ない鉄道会社です。定期運行ですから、毎日1往復は必ずSLが走っています。古くからSLが好きな人には欠かせない鉄道会社です。

SLにはいろんな愛称が付いています。D51形蒸気機関車の「デゴイチ」は有名ですし、JRの山口線で走っているC57は「シゴナナ」です。国鉄の形式では最初のアルファベットは動輪(駆動輪)の数を表していて、「C」なら動輪3つ、「D」なら4つという具合です。動輪が一番多いのは「E」で、今でもE10というSLが青梅鉄道公園に1台だけ保存されています。

重い貨物を引くには力が必要になります。そこで動輪の数を増やして、線路に対する粘着力を増やすんです。そんな場面で活躍したのがD51でした。逆に客車を引くにはスピードが必要です。そこで動輪の数を減らす代わりに1つあたりのサイズを大きくして、同じ回転数でもスピードが出るようにしました。それが「C」のついたSLです。

アルファベットに続く「51」や「57」といった数字は形式です。新幹線の形式も0系から始まって100系、200系と形式がどんどん増えていきましたが、それと同じような開発がSLでも行われていました。そんな風にいろんなSLが作られた中でD51が有名なのは、両数を一番多く作ったSLだからです。単一形式で1115両も作られたSLは後にも先にもD51だけです。

今でもJR東日本がD51を持っているので、ときどき上越線や高崎線で走らせています。真岡鐵道はC12とC11で、秩父鉄道はC58。それから最近、JRの釜石線でもSLが復活してC58が走っています。それからJR九州の「ハチロク」はアルファベットが付く前の大正時代のSLです。静態保存と呼ばれる動かない状態なら古いSLは博物館にたくさんありますが、実際に蒸気を焚いて走れる動態保存のSLでは、このJR九州のハチロクがもっとも古いものです。
  • mixiでシェアする

JFN37局ネット

FM愛媛、FM長崎は18時~、FM青森は19時~放送

AIR-G'(FM北海道)・FM青森・FM岩手・Date fm(FM仙台)・FM秋田・FM山形・ふくしまFM・TOKYO FM・FM栃木
FM-NIIGATA・FM長野・K-mix・FMとやま・FM石川・FM福井・@FM(FM AICHI)・FM GIFU・FM三重・FM滋賀
FM OSAKA・Kiss FM KOBE・FM山陰・FM岡山HIROSHIMA FM・FM山口・FM香川・FM愛媛・FM徳島 FM高知
FM FUKUOKA・FM佐賀FM長崎・FM熊本 FM大分・FM宮崎・FM鹿児島・FM沖縄