オンエアブログ

2018年04月07日

2018年4月7日のオンエアレポート

今夜はココロオークションのボーカル&ギター、粟子真行さんと、
ベースの大野裕司さんにお越しいただきました!

ココロオークションは2016年にメジャーデビューした
いま人気急上昇中の4人組ロックバンド。

星を歌った曲もたくさんお作りになっていて、
この番組でも「星座線」という素敵な星ソングを
オンエアさせていだいたことがあるんです♪

実際に星がお好きだというお2人、
バンドのメンバーと一緒に星を眺めた思い出も…

それは昨年、岡山県の美星町で行われた野外フェスに出演したときのこと。
実は以前同じフェスに出演した際は、曇っていて星が見えなかったそうですが、
(篠原さんも美星町に行くといつも大雨…汗)
この時ばかりは「こんなに星っていっぱいあるんや」と思うほどの星空が+゚:。*+

その星たちを見て「奥行きがあった」と大野さん。
夜空に貼り付いているような平面的な星空ではなく、
手前にある星と奥にある星がわかるような感じだったといいます。

さらに流れ星も「ぎゃんぎゃん流れていた」と声を合わせるお2人。
10秒に1回くらいは流れ星が見られたんだそう☆彡
さすが “美しい星の町” 美星町、感動的な光景だったようです。

もともと大学の軽音楽部で出会ったメンバーで
結成されたというココロオークション。
部活の合宿で夏に長野県のスキー場を訪れた際にも
みんなで星を見たことが…

駐車場に寝転がり、星を見ながら夢を語ったのだそう。
絵に描いたような青春の1シーンですね+*:.。.*:+☆

メンバーの中で一番の星好きは? と篠原さんが伺うと…
楽曲の作詞も担当し、星の曲も多く書かれている粟子さんなのでは? というお答えが。

「宇宙のことを考えていると眠れなくなる」という粟子さん。
自分の力が全く及ばない広さがそうさせるんだとか。

粟子さんは小さいときにも、車に乗りながら
付かず離れず追いかけてくるように見える月を見て、
「なんで!? どうして!?」とずっと考え続けているようなお子さんだったそう。
そんな純粋な感性が、現在の創作にも表れているんですね☆彡


ココロオークションさんは、メジャー初となるフルアルバム
「Musical」を3月28日にリリースされたばかり!

アルバムのイントロダクションとなるインストナンバー
「Entr'acte」から早速宇宙を感じた、と篠原さん。

作曲した大野さんによると、「Musical」というタイトルどおり、
劇場に入って、非日常がはじまる…宇宙が広がる…
というイメージで壮大な音を入れたといいます。

さらに篠原さんが、まるでインスタレーションを見ているときのように、
ステージの中に入っているような感覚になった、と感想を語ると…

大野さんから「洗濯機に吸い込まれるようなイメージで作った」という
粟子さんも初耳の制作秘話が!

さらに8曲目にも「Interlude」と題された
インストナンバーが収録されていますが、
こちらは「洗濯機の水が最後にホースを通ってバーンと出る感じ」
を音にしたんだそう。
まさかの洗濯機から生まれた音楽…!

「もっとロマンティックかと思った」という篠原さんの言葉に、
「ブラックホールの先に…」「銀河に行った時の感じ…」と
慌てて言い換える大野さんでしたが、時すでに遅し。笑

でもそんな身近なものから心を動かす音を作ってしまうなんて…
イマジネーションの源は無限大なんですね〜

そして、アルバムには篠原さんも大好きな宙ソング「星座線」も+゚:。*+
作詞作曲された粟子さんによると、
こちらは冒頭でも語ってくださった美星町の星をもとに書いた曲だそう!

バンドマンの友だちと星空を見上げながら
「俺ら、売れたいなぁ」と夢を語り合った時、
その友だちの眼がすごくキラキラしていたことを思って作ったといいます。

曲をアレンジする際には、音楽用語を使わず
「もっと星増やそう」や「もっと大地を踏みしめる感じで」
といった景色を表すような言葉を使う、と大野さん。

聴く人を情景の中に引き込むようなココロオークションさんの音楽、
その秘密が少しだけわかったような気がします♪

フワフワとした粟子さんと、軽やかでユーモラスな大野さん、
とっても気さくなお2人でしたが、その透明感に、
ココロオークションさんの楽曲のエッセンスを感じたひとときでした☆

お2人にはまた来週もお越しいただきます♫

ココロオークションの公式サイトは→コチラ

★ ★ ★ 本日のオンエア曲 ★ ★ ★
♪ 三日月サンセット/サカナクション
♪ 砂時計/ココロオークション

★ ★ ★ スターレシピ ★ ★ ★
今晩、真夜中過ぎ、晴れていれば
半分のかたちのお月さまが東の空から昇ってきます。

その月には、お供をするように、
2つの明るい星がぴたりと寄り添っています。

どちらも、この夏のスターパーティの主役になる惑星、
先に昇ってくるのが土星、そのすぐ後から昇ってくるのが火星です。

まるで兄弟のように見える2つの惑星。
明日、明後日と月は少しずつ離れていきますが、
土星と火星のあいだも少しずつ離れていき、
さらに火星はどんどん明るさを増していきます。

この夏地球に大接近する火星、いまから注目していたいですね。

メッセージ募集中

テーマは「思い出の星空」。メッセージを頂いた方の中から、抽選で毎月5名様に、「星座早見盤 for 宙ガール」をプレゼントします!

メッセージはこちらから

  • きょう、星空が見たくなったら。夜Cafe Style星空ミュージック

最近の記事

  • 2018年07月21日
    2018年7月21日のオンエアレポート
  • 2018年07月14日
    2018年7月14日のオンエアレポート
  • 2018年07月07日
    2018年7月7日のオンエアレポート
  • 2018年06月30日
    2018年6月30日のオンエアレポート
  • 2018年06月23日
    2018年6月23日のオンエアレポート

月別アーカーブ

  • Twitter @tokyofm_spaceをフォローする
  • Vixen presents 東京まちかど☆天文台
  • 東京ガーデンテラス紀尾井町
  • Vixen