オンエアブログ

2019年01月19日

2019年1月19日のオンエアレポート

★ ★ ★ ディレクターズカット版 配信のお知らせ ★ ★ ★
ドコモの端末をお持ちで、「スゴ得コンテンツ」会員のみなさんに朗報!

「東京プラネタリー☆カフェ」を、ディレクターズカット版で聴くことができます!
惜しくも時間の関係でオンエアできなかったトークや、浅倉大介さんのプライベートな裏話が満載のロングバージョン!
ぜひ「WIZ RADIO forスゴ得」からチェックしてみてくださいね♪

さらに、上記以外の方でも、「WIZ RADIO」のアプリで2週間後に視聴することができます。

聞き方はコチラ↓↓↓
WIZ RADIOをダウンロード。
▲瓮縫紂爾ら「オンデマンド」をタップ。
カテゴリーからスペシャルコンテンツをタップ。
(*月額課金に申し込む必要がございます)

※同様に「WIZ RADIO for App Pass」および、TOKYO FMの音楽サイト「MUSIC VILLAGE」会員の方も聴くことができます

★ ★ ★ ★ ★ ★

今夜は「極地建築家」の村上祐資(ゆうすけ)さんにお越しいただきました!

村上さんは、これまで南極やエベレストなど、極地での生活を体験。
2017年に北極とアメリカで行われた「模擬火星実験」に、唯一のアジア人として選出され、「日本で火星に一番近い男」と呼ばれているんです!

まず気になるのが「極地建築家」という肩書き。
“南極点” や “エベレスト山頂” に到達するのを目標とする「冒険家」とは異なり、村上さんは、そういった極地に「どうやったら人が住めるのか?」ということを建築を柱に考え、さらには “自ら住んで” 生活を突き詰めているんだそう!

もともと「宇宙に行きたい!」という思いは持っていなかったという村上さん。
二十歳を過ぎた頃、アメリカ・アリゾナ州で行われた、「バイオスフィア2」という実験を知ったことが転機となったといいます。

これは、地球の全ての生態系をひとつの建物の中に入れ、8人の科学者が2年間生活をした…というもの。
「こういうことがやりたい!」と思い、そこから宇宙への興味が湧いていったといいます。

2008年には南極観測隊に参加。
その時経験した最低気温はなんとマイナス50度!

その日、基地から遠征に行き、雪上車の外に出たところ、「マイナス30度とあまり変わらないな」と拍子抜けしたそうですが…、そこに数十秒いただけで本能的に「まずい!」という感覚に。
雪上車に戻っても体の芯から体温が抜け、ずっと震えが止まらなかったといいます。

そして気になるのが南極の星空ですが…
高い山や建物がないため、夜になると周りが全部星空で「黒いところを探すほうが大変」だったそう!
また、空を見上げているのに、自分も星に立っているという感覚になったとも…
極限の環境でしか見られない、スペシャルな体験ですね+*:.。.*:+☆

村上さんは、2017年に、火星での生活を想定した国際的な実験に参加されました。

2030年代には火星への有人探査が実現するだろう、と言われる中、ロボットではなく人が火星に行った場合、どんなことが起こるのか? ということを知るために、地球上でシミュレーションしてみよう、というこの実験。

村上さんは火星に風景が似た北極のデヴォン島と、アメリカ・ユタ州の砂漠にそれぞれ80日間、計160日滞在し、副隊長として活躍。
火星上に見立てた基地に滞在し、外に出るときは宇宙服を着て、仕事を分担しながらチームで生活したそう。

そこで出てきた最も大きい問題が…
「人間関係」!!

ひとたび基地にたどり着いてしまったら、同じ風景の中、同じクルーとの生活で「飽きてしまう」と村上さん。
ちょっとしたことで仲間に当たってしまったりするのだといいます。

さらに、一度「無いもの」に気付くと、それにとらわれてしまうことも。
実際にインド人のクルーが「インドの漬物がない」ということから周りと揉めてしまう、という事態も起こったそう。

そんな生活に関して、浅倉さんが気になったのはやはり「音楽」の存在。
実験のなかで音楽はよく聴いていたそうですが、村上さんが感じたのは「音楽は聴くものでもあるけど、歌うものだ」ということ!

聴くだけだと人によって好みがあるため、方向性が合わないこともあったといいますが、一緒に歌うということで、上手い下手にかかわらず一体感が生まれたのだとか。

アコースティックギターでも1本あれば「最強の武器」という村上さんに、「ギターやっときゃよかったなぁ〜」と、電気が必要なシンセサイザー専門であることを後悔する浅倉さん。笑

でも「ギリギリの電気の中で曲を作ったら?」という新たな課題も生まれたようでした♪

まさか宇宙の彼方の生活での問題が、とっても身近な「人間関係」とは!
でもそんな中で、音楽が大きな役割が果たすというのは、なんだか嬉しいお話…☆

全く想像もしなかった体験が次々と飛び出す村上さんとのスター☆パーティは、来週に続きますよ+゚:。*+

村上祐資さんの公式サイトは→コチラ

★ ★ ★ 本日のオンエア曲 ★ ★ ★
♪ Loop The Night/WEAVER
♪ Life On Mars?/David Bowie

★ ★ ★ スターレシピ ★ ★ ★
夜10時頃、晴れていれば、南の空高く、満月前の月が煌々と夜空を照らしています。

このまぶしい月の下のほうに目を向けると、「冬の大三角」を見つけることができます。

なかでも月明かりに負けないくらい輝いているのが、おおいぬ座の1等星「シリウス」。
全天の1等星の中で最も明るい、マイナス1.5等級の輝きで、ぎらぎらと青白い光を放っています。

6月の夏至の頃には、太陽とともに東の空に昇る「シリウス」。
古代エジプトでは、この頃にナイル川が氾濫するため、「ナイルの星」とも呼ばれたそうです。

明日は暦の上で、寒さが最も厳しくなる「大寒」。澄んだ夜空に輝くシリウスも、本格的な冬の到来を告げています。

メッセージ募集中

テーマは「思い出の星空」。メッセージを頂いた方の中から、抽選で毎月5名様に、「星座早見盤 for 宙ガール」をプレゼントします!

メッセージはこちらから

  • きょう、星空が見たくなったら。夜Cafe Style星空ミュージック

最近の記事

  • 2019年06月22日
    2019年6月22日のオンエアレポート
  • 2019年06月15日
    2019年6月15日のオンエアレポート
  • 2019年06月08日
    2019年6月8日のオンエアレポート
  • 2019年06月01日
    2019年6月1日のオンエアレポート
  • 2019年05月25日
    2019年5月25日のオンエアレポート

月別アーカーブ

  • Twitter @tokyofm_spaceをフォローする
  • Vixen presents 東京まちかど☆天文台
  • 東京ガーデンテラス紀尾井町
  • Vixen