森永乳業 presents 平原綾香のヒーリング・ヴィーナス

平原綾香

ON AIR REPORT 毎週ゲストをお招きして、その方ならではのパーソナルな“音楽の世界”を辿ります。

08/05平原さんのお姉さん、aikaさんがゲスト!

2012/8/5 update

aikaさん・平原綾香さん
お姉さんaikaさんとヒーリングトーク!

暑いですね・・・。汗びしょになった後のビールがたまらないという方も多いのではないでしょうか?平原さんは、ライブ後にメンバーと乾杯するコーラがたまらなくおいしいそうです。
ちなみに、「暑い」というと余計暑く感じるので、「暑い」の代わりに使える言葉ないですかね?
「ぬるい!」とか?「ここはハワイだね。」とか?
平原さんの結論としては、「暑いと言いながら、実は、みんな喜んでいると思うの。嫌い嫌いも好きのうち?」皆さん、いい夏、過ごしましょうね。

平原さんのお姉さん、aikaさんがゲストです。
リスナーの皆さんからご要望が多かった、この方!平原さんのお姉さん、シンガーソングライターのaikaさんがゲストです。今はツアーメンバーとして共演しているので、一緒にいる時間が多いのですが、aikaさんは普段、LAで活動しています。
今日は番組のテーマである、癒しについて話していただきました。

小さい頃から英語が好きで、絵を描くのも得意だったよね。
いろいろなことを自分でやって癒されているイメージがあります。

「絵を描いたりだったり、歌詞を書いたりしてたかな。今もあまり変わってないね。歌もそうだけど、自分で出せるものは何でも出して行こうって思ったわけだ。音楽好きだから、歌うでしょ?絵を描くのが好きだから、絵も描く。自然なこと。」

心が落ち着かない時にやるといいよという、姉としてのアドバイスありますか?
「あーやはあまり外に出さないよね。言うと、落ち着くこともあると思うんだよね。
たまには言った方がいいこともあるよ。気にしちゃうんだね、きっとね。」

小さい頃、お姉ちゃん、洋楽よく聴いてたよね。何聴いてたっけ?
「その時は90年代だから、マライヤ・キャリーやリサ・ローブとか。流行ってた王道ポップも聴いてたし、ロック、ローリング・ストーンズとかも聴いてたし。中学生の時のお友達が、お兄ちゃんから洋楽のアイディアをもらって聴いている子がいて、その子とCDの貸し借りをしてたの。」

でも大人になって、お姉ちゃんがボストンに留学して、帰ってきた時に全然知らない曲を聴いてて、ちょっと私、寂しかったんだ。
「えーー。そうなんだ・・・。寂しかったのか。イヤじゃんそういうの。
日本もいっぱい洋楽は流れてて、どこでも手に入るけど、その国にいると、聴く音楽も違うし、日本人が好なものと、外国の方が好きなものがどこかしら違うんだよね。
聴くもののルーツだったり何かあるんだろうと思うし。
どっちがいいとか悪いとかじゃなくて、海外にいるとそういうのをすばやくキャッチできるのは楽しいかな。戻ってきたら、『なんだ?このCD?』みたいなのがいっぱいあったんだと思う。」

ニコラスさんとソングライティングチームで活動してくれているんですが、最近だと、『Boy,I Wish You Were Here 〜ここにいてくれたら〜 』の制作、楽しかったよね。
「楽しかったねー。離れているというのがあったから、あーやは今、こういうことを思っているだろうなという気持ちも含めつつ、私の思いも前面に出てたりとか、いろいろな人が聞いて感じ取ってもらえるように書いたかな。スカイプでやり取りしたんだよね。便利な時代ですよ!」

まだまだ話は尽きませんが、続きはまた来週!お楽しみに!

ヒーリングアート
平原さん作 
平原さんもスタッフも描きました!参考になるか分かりませんが、各々癒されるものを描いています!こんな感じでかまいませんので、是非ヒーリング アート宛てに送ってくださいね。

ヒーリングアートのコーナーは“ヒーリング(癒し)”をテーマにリスナーの皆さんに描いてもらった絵を見ながら、絵を描いてくださった方が、その絵に託した想いを、平原さんが想像したり、分析しながら、その絵にピッタリの曲を選んでご紹介するという「ヒーリング・ヴィーナス」ならではの、癒しと音楽と絵画のコラボ企画です。みなさんのご応募お待ちしています。

応募は、手描きならではの温もりが伝わる「葉書」でお願いいたします!
宛先〒102−8080 TOKYO FM「平原綾香のヒーリング・ヴィーナス」「ヒーリング・アート」の係 まで。

キャッチフレーズ募集!
NEW ALBUM『ドキッ!』の中からお気に入りの1曲を選んで、キャッチフレーズを作ってください。心に浮かんだ想いやイメージを文字にして、曲にピッタリなキャッチフレーズをお待ちしています。どんな時に、どんな風に聴きたくなるか?四字熟語、俳句風、ポエム風や、ストレートな表現も、ユニークなインパクト勝負なものも、大歓迎です。
あなたが考えたキャッチフレーズを聴いた人が、どんな曲か気になる〜と思ってくれるような
あなたならではのとっておきのキャッチフレーズを送ってください。
この番組で曲をかける時に、紹介させていただきます。
ご応募お待ちしております。

  • mixiでシェアする