第292回 高齢運転者とヒヤリハット

2020/10/30

近年、問題になっている高齢ドライバーの交通事故。
中央大学 理工学部 名誉教授で都市環境学が専門の鹿島茂さんが、
3年前、あるアンケート調査の結果を発表しました。

「高齢運転者のヒヤリハット経験と交通事故の関係」。
誰もがいずれは高齢運転者になります。
注意喚起の意味を込めて、今週はお伝えしました。





鹿島教授が行なったアンケート調査の対象は、
35都道府県、65歳以上の男女、およそ1万1千人。
ヒヤリハットについては項目が4つありました。


 〆廼瓩留薪召乃い砲覆襪海

この中に「運転中、ボーッとすることがありますか」などの質問が16。
回答は「たまにある」「よくある」など、頻度を重視して選択肢を設けました。


◆_甬3年の交通事故経験の有無


 過去1年のヒヤリハット経験の有無


ぁ。海通椶旅猝椶YESだった人に対して「どんなケースだったのか?」

11項目を用意して、その頻度も聞きました。






アンケートから得られた客観的な結果。
「最近の運転で気になること」という項目については、
高齢化にともなう身体的衰えの問題が表れていました。

体をひねるのが苦手になる。
見たつもりだけど、そこまで角度が届いていない。
夜やトンネル、雨の時に見にくくなって危険に感じることが多い。

そして、判断力。
交差点では右から来る車、左から来る車、歩行者、自転車、
いろんなことに注意しなければならず、つい確認を忘れてしまうこともあり、
驚くことがあるというものでした。





次に「ヒヤリハットの項目」について。
バックで駐車しようとした時、他の車や障害物にぶつかりそうになった。
出会い頭にぶつかりそうになった。前の車に追突しそうになった。
車道から店舗や駐車場に入ろうとする時に縁石にぶつけた、
他の人や自転車にヒヤッとしたという回答がありました。





アンケートの結果を分析した鹿島先生は
興味深いというか少し怖い仮説を立てました。

高齢者の中でも年齢が上がると
ヒヤリハットの経験数が減っていました。
ヒヤリハットは、主観的な判断。
年齢を重ねるにつれて「ヒヤリハット」の状況を
認識しなくなるかもしれないと考えたのです。

さらに最近3年間の交通事故経験の有無で調査対象者を分けると、
事故経験をしてない人の方がヒヤリハットを経験が少ない。
こちらは、事故を起こしていない人の方が、
危険察知に疎いかもしれないという仮説が立ちます。

鹿島先生によると、警察はよく、
一番怖いのが歳をとるまで無事故だった人が起こす事故だと言うそうです。
大きな事故になってしまう可能性が高いという経験則からきた発言。
おそらく、それは自分の運転に過信に端を発しているのでしょう。





体力や視力、判断力は若い頃と比べたら落ちていくことを
きちんと認識しておくようにしましょう。
そして、もしヒヤリハットを体験したら、どうしてそのことが起こったのか?
きちんと理由を考えて、次からの運転に生かすこと。
自分自身の運転能力を客観的に見られるようにしたいものです。