2019年4月24日

気仙沼の名店「喫茶マンボ」!

今週はGWにおススメ、熊本、そして東北のスポットをご紹介しています。

今朝は、宮城県気仙沼の「喫茶マンボ」!!ステンドグラスを使った独特のインテリア、内装が話題を呼び半世紀以上にわたり、地元の人たちに愛され続けていた人気店です。

そんな「喫茶マンボ」、8年前の大津波で店は全壊に・・・。その後間もなく、仮設店舗で再スタート。そして2014年の春、南町に本設オープンしました。
この時話題となったのが、店の内装が元の「喫茶マンボ」と全く同じだった!ということ。3代目、岩本秀之さんに伺いました。

◆一枚だけ残ったステンドグラスで震災前と変わらない内装へ
一番最初うちの祖父が創業者なんですけど、小さい喫茶マンボを始めたのが昭和26年。その後、南町の前の土地に移ってきたのが昭和33年です。その時当時の流行りで、喫茶店というのはステンドグラスがあって少し薄暗くて、昭和30年代の喫茶店はこうだよ、という感じだった。

(この写真は)被災した建物です。これが跡形もなくなくなっちゃったので、こういう写真とか記憶とかを頼りにしながら再建していくわけですけど、このステンドグラスだけが被災したマンボのところで泥の中に埋まっていたんです。比較的完全な姿で一枚だけ残っていたんです。もちろん3月4月あたり、最初は自分の店を見に行って「あ〜あ」となっていて、その時は自分の店を再建できるなんてこれっぽっちも思ってなかったんですけど、せっかくステンドグラスがまぁまぁ良い形で残っているから、泥の中からズボッて抜いて、だったらこのステンドグラスが使えるじゃんっていう。だからそのステンドグラスをガラス屋さんに預けて、これと同じものを作ってくれって感じで。これに関しては寸法とか色目とかオリジナルを忠実に似せることができたので、震災前と変わらないものが出来たと思っています。



気仙沼の港町、中心部に再健した「喫茶マンボ」

そして喫茶マンボの名物が、この時季限定の「イチゴババロア」なんです!
自家製のババロアに、地元のいちごを山のようにのせた大人気のメニュー!
この「イチゴババロア」について、明日お届けします

2019年4月23日

GWおススメ!熊本・南阿蘇村「キッチンカー『minaaso マルデン』」の「赤牛カレー」

今週はGWにぜひ足を運んで欲しい、熊本、そして東北のスポットをご紹介します。今朝は熊本、南阿蘇村で、キッチンカー『minaasoマルデン』を営む、増田一正さんのお話し。



この「マルデン」さん、とにかく美味しい「赤牛カレー」が食べられるお店!ということで、評判のお店です。

◆『minaasoマルデン』増田一正さん

「もともと『まるでん』っていうお店は、崩落した阿蘇大橋のたもとでレストランとして営業してたんですけど、地震の影響で今はもう解体して更地の状態になっているところです。阿蘇大橋はですね、元の所に橋が架かるわけじゃなくて、100メートルくらい下流のほうで建設中です。で、もとあったレストランの方は、キッチンカーでいま営業再開いたしまして、南阿蘇の『久木野キャンプ場』であったり、道の駅『あそ望の郷』ってのがあるんですけど、その近くでレストランの当時からやってました赤牛のカレーと赤牛のローストビーフっていうの作ってて、それも炭火で焼き上げてですね、あか牛のローストビーフだけでも食べて頂いたり、赤牛ローストビーフと赤牛カレーを一緒に食べて頂いたり、そういった味の組み合わせを楽しんでもらって、キッチンカーの営業させてもらっています。今後の展開と致しましては、自宅の方は全壊で、今も仮設暮らしをしてるんですけど、自宅のあったところでレストラン兼の自宅ができたらということでいま計画してるところです。計画上では今年の夏ぐらいにできたらということで進めてるんですけど、金融機関の資金調達の件だったり、色々ありましてちょっと今着工が遅れてるところにあります。いちばん問題であったのは家に入ってくる道路の問題があったんですけど、これも夏ぐらいには道も戻るっていう事ですので、そこで新しい店と自宅とできたらと計画してるところです。今度のレストランが、阿蘇の「食」と「アウトドア」というか、阿蘇の空間時間を一緒に伝えられるようなお店ができたらと思っています。」




炭火で焼いた赤牛のローストビーフに赤牛カレー、「赤牛カレー」は、甘さとコクが豊かなキーマカレーで、ローストビーフは噛めばじゅわっと肉汁があふれ出す感動的な味わいでした(スタッフ)

ちなみにこの「赤牛」・・・阿蘇の雄大な牧草地で放牧されている和牛で、適度な脂と、肉本来の旨味が楽しめる熊本県の名産品です。

元あったお店は3年前の震災で繰り返し報道された、崩落した阿蘇大橋のたもとにあって全壊。増田さんは去年キッチンカーでお店を再開しました。

今年夏を目途に自宅とお店を再建予定。じつは増田さん、震災前から阿蘇でアウトドアのガイドをしていて、新しく開こうとしているお店は、そんな増田さんの“やりたいこと”が詰まったお店になる予定です。

キッチンカー『minaaso マルデン』、このGWは、
南阿蘇の「久木野キャンプ場」で10日間まるっと営業予定なのだそう!ぜひ足を運んでください!

『LOVE & HOPE』、明日は熊本、高森町の、“料理がとびきり美味しいペンション”をご紹介します。
«前の記事へ || 1 | 2 | 3 |...| 948 | 949 | 950 || 次の記事へ»

パーソナリティ 鈴村健一

メッセージ、ご意見、プレゼントご応募はこちら

TOKYO FM 特別番組 HANABI

「LOVE&HOPE〜防災ハンドブック2015」PDF版ダウンロード配信中

アーカイブ

  • いのちの森
  • Support Our Kid's
  • TOKYO FM
  • JFN