2019年4月22日

GWおススメ!熊本・南阿蘇鉄道「長陽駅」の駅カフェ「久永屋」

今週はGWにぜひ足を運んで欲しい熊本そして東北のスポットをご紹介します。今朝は熊本、南阿蘇鉄道の「長陽駅」で、駅カフェ「久永屋」を営む、久永操さんのお話し。



自然豊かな阿蘇の風景の中を走る南阿蘇鉄道。通勤通学はもちろん、トロッコ列車が走るなど、観光列車としても親しまれています。しかもそれぞれの駅舎がそのまま図書館になっていたりカフェになっていたりという駅ごとの楽しみがあるのもこの鉄道の特徴。しかしそんな南阿蘇鉄道、2016年4月の熊本地震の影響で大きな被害を受け、全線17.7kmに対して、復旧している区間は高森駅から中松駅までの約7km(5駅)のみ。中松駅から立野駅は今なお不通で、長陽駅はその間にあります。列車の運行が止まって3年。今の状況について、久永さんに伺いました。

◆「久永屋」代表 久永操さん

「本来はですね、ここ南阿蘇鉄道が通っていたんですけど地震以降通ってない。列車を通すまでにはまだまだ遠い。安全上の問題をいろいろクリアしなきゃいけないところがあって。ただ去年からいろいろな工事が始まって、踏切を修理してくださったりとか、長陽駅の二つ先の「下田城ふれあい温泉駅」というところは地震で被害がいちばん大きかったところなんですけどそこは建て替えではなくて修復が始まって、なるべく形を生かしたまま復旧をさせようということで、やっと工事が進み始めたところです。最初は一日でも早く長陽駅まで来て欲しいという思いが強くて、村の人とかとお話したりしてたんですけど、やっぱり前と一緒のようにただ戻すんではなくて、少しやっぱり改善させないといけないこともたくさんあったんですよね。なのでそういうのをもう一回見つめ直す時期がいま来ているので、それをちゃんとみんなで地域の人たちと考えながら、よりいい南阿蘇鉄道にするための準備の時間じゃないかなと思うんで、そんなになんか焦らなくなったんですよね。やっぱり毎年毎年お客さんは増えて来てると思います。地震以降はホントにゼロに近くなったんですけど、トンネルが通れるようになったり橋が通れるようになったりすることで、やっぱりどんどんどんどんお客さんの流れというのは地震の前に戻ってきてるなという感覚はあります。GWになるとだんだん田植えの準備が始まるので、田んぼにだんだん水が入ってくると思うので、田んぼが風に揺られて、なんていうか季節折々この変わる景色が本当に素晴らしいのでのんびりした風景を見ながら、シフォンケーキとですね、手作りのかき氷もありますんで是非食べにいらしてください。」






 
絵にかいたようなのどかな風景が広がる南阿蘇鉄道。復旧のめどがなかなか立たずにいましたが、去年、国の支援を受けて、ついに本格的な復旧工事が開始に。2022年に全線再開することを目指すことになりました。

「久永屋」は土、日、祝日のみ営業。添加物や保存料を一切使わない「久永屋」の看板商品のシフォンケーキは、
お取り寄せも出来ます。でも是非その風景と一緒に楽しんで頂きたい!しかもGWは10日間まるっと営業予定なのだそうです!果肉がごろっと入っているかき氷も絶品です!

「久永屋」

『LOVE & HOPE』、明日は南阿蘇村の絶品の“赤牛カレー”についてご紹介します。

2019年4月19日

阿蘇草千里乗馬クラブ

今朝は熊本、阿蘇の観光名所「草千里」で乗馬が体験できる「阿蘇草千里乗馬クラブ」についてお届けします。

草千里は直径1キロ四方の広々とした草原が広がる、阿蘇を代表する観光スポットとして親しまれています。2016年の熊本地震では、草千里へ向かう道路やレストランなどの施設が被災、被害が少なかった乗馬クラブは、翌年春に営業を再開しましたが、客足は激減。追い打ちをかけるように噴火が続き、先日4月16日、熊本地震の本震からちょうど3年という日にも、中岳が噴火をしました。

ただ活火山の阿蘇山がこうして噴煙を上げることは珍しいことではなく、「噴火警戒レベル2」であれば、乗馬クラブは通常営業しているということ。

熊本地震から3年が経過したいま、乗馬クラブの現状について、代表の末藤吉一さんに、お話を伺いました。

◆「先がちょっと見えてきたかな・・・」

「まだですね、完全には建物自体が復旧してないというかレストラン関係がまだ1軒しか営業できていないんですね。今年から解体が入って来年オープンするみたいなんですけど、今のところは食事がとれるところが少ないんで観光バスが少ないんですよね。それとまだ(国道)57号線が通ってないということで、なかなか観光客の方がみえていないというのが現状ですね。皆さんの努力というかいろんなPRで家族連れのお客さんがちょっと増えてきたかな〜と、先がちょっと見えてきたかなというのはちょっと実感してるところなんです。なんとかこのまま元の状態に少しずつでも近づいていけばな〜という希望は持っています。」




これは4月16日の噴火の前日に収録したコメント。大型の観光バスが立ち寄っていたレストハウスは今も休業したままで、ようやく家族単位のお客さんが戻り始めた矢先に噴火が発生しました。噴火のあと電話で状況を訪ねたら、今も問題なく通常営業しているものの、これからGWに向けて客足が戻るかどうか不安がある、と話されていました。

ただ、いま草千里には、青々とした草原の風景が広がっていて、ぜひ馬に乗って、その風景を見て欲しいと、末藤さんは言います。


「お陰様で地震以降50年ぶりに野焼きをやってですね、いま草千里の状態はホントにものすごくきれいな風景をしているんです。ほんとにきれいな草千里が見えるし、来てもらえればまたその魅力が伝わるんじゃないかなと期待してるんですけどね。」



客足が途絶えた影響で従業員が辞めていったり、この3年間は苦労の連続。それでも草千里の名物であるこの乗馬クラブを守ろうと、末藤さんは奮闘を続けています。

「噴火警戒レベル2」は火口から1キロの立ち入りを制限するもの。「阿蘇草千里乗馬クラブ」は今日も通常営業しています。

阿蘇草千里乗馬クラブ
«前の記事へ || 1 | 2 | 3 |...| 947 | 948 | 949 || 次の記事へ»

パーソナリティ 鈴村健一

メッセージ、ご意見、プレゼントご応募はこちら

TOKYO FM 特別番組 HANABI

「LOVE&HOPE〜防災ハンドブック2015」PDF版ダウンロード配信中

アーカイブ

  • いのちの森
  • Support Our Kid's
  • TOKYO FM
  • JFN