2020年2月28日

被災地の子どもたちに夢を! サポートアワーキッズ2020年募集

今朝は、復興を担う被災地の子どもたちの、自立支援に取り組む団体「サポートアワーキッズ」の活動についてお伝えします。

サポートアワーキッズは2011年から、継続的に被災地の子ども達による海外ホームステイを実施していて、これまで、ヨーロッパ、アメリカ、オーストラリアなどで
455人の子どもたちが、海外を経験しています。この番組ではそうした子どもたちが成長していく姿もお伝えしてきましたが、今年も夏の実施へ向けた、募集がスタートします。

きょうは、今年1月にスイスへのホームステイに参加した岩手県立大船渡高校2年、熊谷秀人くんにその経験について伺いました。

◆IOC会長からもらった言葉を胸に
まずサポートアワーキッズの活動を知ったのが、学校で応募のチラシを見てだったんですが、僕は小さい頃からスポーツの力で何か人の為に役に立ちたいという思いもありましたし、僕が震災を経験したのは小学2年生の時で、自分がその時に受けた恩に対して何も恩返しができていなかったので、今度は自分が支えて下さった方々の手伝いや、加えて東日本大震災以降も様々な自然災害が起こったのでそれに対して自分が何かやっていきたいという想いで参加しました。スイスの中ではIOCの会長であるバッハさんとお話しする機会があったんですが、その中で「change or be changed」、変わることを恐れずどんどん自分から変わっていってほしい、変わったことがもし悪いことだったとしてもそれが自分がまた変わるチャンスになるからという言葉をもらって、これから僕たち東北に住む若者は自分たちでどんどん未来を切り開いていかなければいけないと背中を押していただいたような気がして、そういった経験が自分の成長にもつながっていったんだなと感じました。僕は今回のスイスでの経験を通して実際にユースオリンピックにボランティアとして携わる中で、スポーツの持つ国境を越えた力というか、人々を奮い立たせる力を感じて、僕も将来はスポーツを通じて国際的に役に立てることができれば嬉しいなというのがあって、今はそのIOCで働くというのが大きな目標です。このサポートアワーキッズのひとつの魅力として、海外の活動を通してのひとつの目的である「自立」という言葉があるんですが、自立は1人でやっていくことではなくて人とつながっていく中で自分の役割を見つけるものだと僕は今回参加して思っているので、そうした自分の中の自立を必ず助けて、そんな風なことを考える素晴らしいきっかけになると思うので、ぜひ皆さん参加していただきたいなと思っています。


この「サポートアワーキッズ」による海外ホームステイ
「復興アンバサダー海外研修プログラム」は、現在参加者募集中です。
行先は夏季がフランス・アイルランド・カナダ、実施は6月上旬から7月中旬、約2週間研修プログラムです。
(春季は2021年3月下旬)夏季の募集分締め切りは3月25日(水)です。
詳しくはサポートアワーキッズのホームページをご覧ください。


・・・ちなみに、サポートアワーキッズのプログラムで1月にスイスへ渡った熊谷くんはIOCバッハ会長に30分、復興五輪に対する自分たちの想いを伝えることもできたそうです。また熊谷くんは、東京オリンピック聖火ランナーにも選ばれ、地元の陸前高田−大船渡を走ることも決まっているそうです。海外での貴重な体験を機にいろんな道が広がっているんですね。現在高校2年生で陸上部でも活躍。来年は受験して大学進学をめざし夢をかなえたいと話しています。


※今年1月のスイスホームステイの様子

2020年2月27日

震災9年、ISHONOMAKI2.0のまちづくり

今朝も、宮城県石巻市で進む、まちづくりの「いま」お伝えします。

東日本大震災をきっかけに、町の若い世代、ボランティアの人たちが立ち上げた町づくり団体、ISHINOMAKI2.0。移住者サポート事業、アート企画、観光コンテンツなど、この9年の間に様々なプロジェクトを立ち上げ、現在も走り続けています。

そしていま。9年前まだ子どもで、石巻2.0の活動を見つめてきた世代が次を担う時期が来ているようです。石巻2.0代表 松村豪太さんのお話です。

◆地方はもっと軽やかに
ポスト3.11というか、日本が変わりつつあって、人口が減ってきているというのもありますけれども、単にお金をいかに膨らませるか、稼ぐかということではなく、別な幸せの作り方、あるいは社会を良くする仕方が出てきていると思うんですね。例えば仕組みとして、資金調達のあり方としてクラウドファウンディングみたいなものがあったり、暮らし方としてシェアハウスがあったり、働き方としてコワーキングスペースがあったりします。別にこれは被災地発ではありませんが、そういう価値観は3·11を契機に膨らんでいると思うんですね。我々石巻2.0は震源地に一番近い街として、そこをちょっとリサーチ・研究したいなと思っていまして、ボランティアとして移住して素敵な生業を広げている人たち、そういった方たちのコツやストーリーを広げていきたいなと思っています。もっと個人的な思いですけれども軽やかになって良いんじゃないかと思うんですね。もちろんいま東京の人が地方に行こうということが地方創成として推進されていますが、地方側もあんまり縛りつけるのではなくて、いっぱいいろんなところを「見ておいで」と、自信を持って送り出せる気風があると、逆に地方は元気になるんじゃないかなと思います。石巻では震災後にたくさんのクリエイター、面白い素敵な東京の人や大阪の人と出会って、高校生が東京の大学に今までは行こうと思っていなかった子が、行っているような事例もあります。今は時期的にそういう子たちが卒業しだしているんですね。逆に東京で学んだことを石巻で生かしたい、石巻でビジネスを起こしてみたいという子が出始めています。なので、もっと自信を持って地方の側も、色々と「東京に行っておいで」「アメリカ行っておいで、フランスに行っておいで」と言える軽やかな状態を作りたいなと思いますね。


実はこの春、ISHINOMAKI2.0のメンバーと交流してきた地元の高校生2人が高校を卒業。一人は、地元石巻で、IT技術者を育成する石巻2.0の関連団体に就職。もう一人は、大変ずば抜けた才能を持っているそうで、東京のトップクラスの大学を目指すことになりそう。町づくりの楽しさを知る2人の若者はこれからどうなっていくのか、どんなことを石巻にもたらすのか。松村さんもこの2人の成長が楽しみでしょうがないと語っています。

«前の記事へ || 1 | 2 | 3 |...| 1055 | 1056 | 1057 || 次の記事へ»

パーソナリティ 鈴村健一

メッセージ、ご意見、プレゼントご応募はこちら

TOKYO FM 特別番組 HANABI

「LOVE&HOPE〜防災ハンドブック2015」PDF版ダウンロード配信中

アーカイブ

  • いのちの森
  • Support Our Kid's
  • TOKYO FM
  • JFN