2019年6月24日

大船渡「スリーピークスワイナリー」の及川武宏さん

今日と明日の2日間は、岩手県大船渡市に「スリーピークスワイナリー」を立ち上げた、及川武宏さんのお話しです。



以前にもこの番組で取り上げた「スリーピークスワイナリー」。東京で仕事をしていた及川さんが、震災後に故郷の大船渡に戻り、大船渡と東北沿岸部に“ワインツーリズムを根づかせよう”と、2013年に立ち上げたワイナリーです。

まずワインを仕込むためのブドウ畑を始めますが、ブドウは実をつけるまで何年もかかります。そこで近隣で採れるリンゴを使ったシードルや、甲州産のブドウを使ったワインを委託製造のような形で作って、これまで販売していました。

去年、念願だったワイナリーが大船渡市の新市街地「キャッセン大船渡」に完成。秋に収穫したブドウで、ついに“完全大船渡産”のワインが出来上がりました。


◆「『ウルッ』より『ホッ』」

「まあ1年間、去年の5月にオープンしまして、実際に醸造をスタートしたのが10月ぐらいからなんですけど、で、ある程度1年間分の、本数的にはフルボトルで8000本から9000本ぐらいワインとかシードルを作ることができましたので、これから販売していくというような感じですね。自社製品として初めての。本来はシードルをメインで作っていく予定だったんですけれども、途中でリンゴの香りとか味がいいなという風に感じまして、りんごのワインも新しく新商品として作ってます今は。そうですね、ワインの方はやっぱり5年かけて作ったワインっていう、ちょっとウルッとくるかなと思ったんですけどそんな感じもじつはなく、ホッとした感じがすごくあってですね、やるやるって言ってきまして、でもおととしは結局収穫できずに終わりましたし、本当に収穫できるかなというのを毎年毎年勝手にプレッシャーを感じてやってたんですけど、ようやく一本目を何とか完成させたっていう思いですね。でウチは基本的には補糖しないで作ってますので、アルコール分はすごい低いんですけど、シャルドネの複雑な感じとかフルーティーなグレープフルーツとかそういった香りも感じられるので、いい出来ではないかなと思います。リンゴに関してはですね、自分の中でどういうシードルがいいかなっていうのをじっさい今も試行錯誤中なんですけど、何て言うんですかね今までもこのシードルを飲んで頂いた方にはすごく“ドライでキレのあるシードルっていう印象が強い”っていうふうに聞いておりましたので、そっちで僕も間違いないかなと思って、ドライですごくキレがあって、若干余韻がしっかり残ってるようなシードルを、少しずつ自分の理想に近づいてきてるかなという感じですね」


 


立ち上げから7年目にしてようやく完成させた“完全大船渡産”のワイン。第一号となる「シャルドネ」は、大半がこれまでの支援者たちへ贈られ、先日、100本が限定販売となりましたが、一瞬で完売。

もう一つの看板商品である「シードル」を鈴村さんに試飲して頂きましたが、これが超ドライ。大船渡の代表的な海鮮、たとえば牡蠣やサンマにも合うよう甘さを抑えて食中酒としてもイケるシードルです。

その他、リンゴのワインなど「スリーピークスワイナリー」の商品は、オンラインでも購入できます。気になる方はぜひチェックしてみてください。

『LOVE & HOPE』、明日も及川さんのお話し、お届けします。

2019年6月21日

秋保ワイナリー(3)


今朝も宮城県仙台市の『秋保ワイナリー』のレポートです。

秋保ワイナリーは震災後、“ワインと食のマリアージュを通して宮城の食をサポートしたい"と4年前にオープン。「秋保温泉」からすぐの高台にブドウ畑が広がっています。

また、ワイナリーの地を散策しながら食や文化を楽しむ「ワインツーリズム」も始まっています。秋保ワイナリーのオーナー、毛利親房さんに伺いました。

◆テロワージュ東北
実は宮城県でワインツーリズムを最初想定していたんですけど、ワインツーリズム東北でやりたいよね、という話になって。もう1つ日本酒の酒蔵さんともこのマリアージュの食事会をやるんですけど、東北は日本酒もビールもウイスキーもワインも作っているんです。なので地元のお酒と地元の食材と生産者のストーリーをちゃんと伝えようという動きが徐々に広がってきていて、『テロワージュ東北』という名前のプロジェクトなんです。これは造語なんですけどフランスの気候風土とそこの人の営みを表す「テロワール」という言葉があるんですね。それと「マリアージュ」これは食とお酒のペアリングやマッチングの意味合いですけど、産地に行って食べるマリアージュが究極なマリアージュですよ。食べて巡る旅の提案を一緒にしていこうと。今「テロワージュ東北」の中には「テロワージュ青森」から「テロワージュ福島」まで6つあって。テロワージュ宮城の中には「テロワージュ秋保」や「テロワージュ南三陸」があったり各地いっぱいあるんです。これがどんどん増えてくると、旅の提案をしてくれるコンシェルジュが必要になってくるんですけど、今はその部分を人工知能でやろうと、AIのコンシェルジュサービスをその中に取り込んで、その旅人に最適な旅のプランを提案していく、しかも多言語に対応して。ということもその中でやろうとしています。


『テロワージュ東北』。目標としてはAIのコンシェルジュが東北6県で1000や2000のコンテンツを用意し、その中から「あなたに最適な旅のプラン」を提案する、そんな構想とのこと。「東北の魅力を全国に発信して多くの人に来てもらいたい。」毛利さんのチャレンジはこれからも続きます。


★今回、秋保ワイナリーのワインをご好意で送っていただきました!次回は現地で食とのマリアージュ楽しみたいですね!

秋保ワイナリーのサイト
公式facebook
«前の記事へ || 1 | 2 | 3 |...| 968 | 969 | 970 || 次の記事へ»

パーソナリティ 鈴村健一

メッセージ、ご意見、プレゼントご応募はこちら

TOKYO FM 特別番組 HANABI

「LOVE&HOPE〜防災ハンドブック2015」PDF版ダウンロード配信中

アーカイブ

  • いのちの森
  • Support Our Kid's
  • TOKYO FM
  • JFN