2012年3月7日

3月7日「アクアマリンふくしま 黒田征太郎ワークショップ」

3月3日(土)に、福島県いわき市「アクアマリンふくしま」で、イラストレーター黒田征太郎さんによる、被災地の子どもたちのためのワークショップが行なわれました。
これは、ファッションブランド「TOMMY HILFIGER」とカルチャー雑誌「SWITCH」による被災地支援プロジェクトで、福島の子どもたちに海や自然との楽しい想い出を作り、そして何より笑顔になってもらうためのイベントです。
ワークショップは2部構成で行われ、1部は「水」をテーマに、子どもたちが夢中になって思い思いの「水の絵」を描きました。2部では、水族館の水槽の前に用意された2m×5mほどの巨大なキャンバスに、子どもたちが海のいろいろな生き物を描き、その後、黒田さんが絵を仕上げました。
黒田さんは、トランぺッター近藤等則さんの生演奏からインスピレーションを受けながら、大きなキャンバスに、次々色を塗り重ね、作品を仕上げていきました。


◆描いたストーリー
 テーマは水。できたものに関してはみなさんが判断すればいい。たぶん感じてもらっているとおりのストーリー。「再生」。水と太陽が融合して命が出てきて、それが黒い色で消されてもまだ生きようとしている。
 僕の今回の津波、地震、原発に対しての想い。まだまだ人は滅びないと思いたいという。子どもたちを見たら、そう簡単に滅びたらいけないなと思う。












2012年3月6日

3月6日「水族館・アクアマリンふくしまが再開し、伝えること」

昨日ご紹介した、ファッションブランド「TOMMY HILFIGER」とカルチャー雑誌「SWITCH」の支援プロジェクト「the HILFIGERS LOVE JAPAN Charity Project」。
3月3日(土)には、このプロジェクトの一環として、イラストレーター・黒田征太郎さんによるワークショップが、福島県いわき市の水族館「アクアマリンふくしま」で行なわれました。

アクアマリンふくしまは、地震、津波、そして停電などの被害で約20万匹もの生き物を失っています。
去年の夏に営業を再開したアクアマリンふくしまは、夏の来場者数は例年の2〜3割程度に落ち込んでしまいました。

営業再開までの経緯、そして今の状況を、安部義孝 館長に伺いました。


◆アクアマリンふくしまの現状
 水族館は水処理工場みたいなもので、電気などライフラインが途絶えると全くだらしがない。
 魚も大部分死なせてしまった。残念だったが、建物の外にでかいプールがあって、そこにいたのは太平洋に逃げて行った。今頃大きくなっているかもしれない。この水族館はトドやセイウチやアザラシも飼っているのだが、そういうのは呼吸するのでしばらくいた。餌の冷凍庫がダメになり、鴨川シーワールドに運び、そこを経由して避難先へ。そういう緊急対応に追われた。なんとか夏休み前に修理しようと決め、4か月後の7月15日に再開。
 いわきは放射線量が意外と少ない。全般的に低い。雨が降って、川を伝い、海へ行くんだと思うが、場所によって高くなる可能性もある。低い低いという宣伝はまずいだろうと思っている。


アクアマリンふくしまは、館内5か所で放射線量を測定、ウェブサイトで情報を開示しています。

厳しい状況が続いている中、アクアマリンふくしまでは、海に関心を持ってもらうため、「環境水族館」というコンセプトで、地元福島の海・山・川の生態系を再現するなど、様々な工夫を凝らし続けています。


◆「環境水族館」が伝える自然の仕組み
 自然界は食物連鎖があり、食う食われるの世界がある。それを見てもらうのは水族館の使命。自然界がそういう風に出来ている、死を見せよう。食用ガエルが徐々に土に還る。生き物はいっぱいいるが死体は見えない。それをちゃんと清掃する生物が海にもいる。魚の死体を入れておくと、ムシロガイという巻貝が集まり、たちまち骨まで食べる。そうした自然界の仕組み、誕生、食う食われる関係、死、それを魚や下等動物の世界では展示ができる。子どもたちと囲む自然は貧しくなっていく。そういう観察を水族館でやる。
 捕食者と被捕食者を一緒に飼育。この展示を維持するのは大変。いわしはどんどん入れなきゃいけない。アザラシのための鮭はいる。それぞれの水槽にシナリオがありテーマがある。



【アクアマリンふくしま official website】





--------------------
「LOVE&HOPE」でもご紹介しているプロジェクト「Support Our Kids」によるチャリティコンサート「SHARE THE WORLD 〜チャリティーコンサート2012 in KOBE〜」が3月18日に開催されます。

東日本大震災で被災した子供たちの自立を支援するためのチャリティコンサートで、神戸と東北、大震災を経験した二つの地域が一緒になり、未来に向けたメッセージを届けます。

日時:3月18日(日)午後2時〜
会場:神戸文化ホール大ホール
出演:渡辺貞夫さん、平原綾香さん、神戸市立住吉小学校合唱団のみなさん 他、福島の小学生も参加
チケット料金:3500円(税込)

詳しくはこちらからどうぞ。
【Support Our Kids「SHARE THE WORLD 〜チャリティーコンサート2012 in KOBE〜】
«前の記事へ || 1 | 2 | 3 |...| 803 | 804 | 805 |...| 874 | 875 | 876 || 次の記事へ»

パーソナリティ(月ー水)中西哲生・ケリーアン(木)中西哲生・綿谷エリナ(金)速水健朗・綿谷エリナ

メッセージ、ご意見、プレゼントご応募はこちら

LOVE & HOPE スペシャル 7年目の春便り〜ふたつの故郷(ふるさと)〜

TOKYO FM サンデースペシャル やさしい日本語 Supported by ヒューマンアカデミー

「LOVE&HOPE〜防災ハンドブック2015」PDF版ダウンロード配信中

アーカイブ

  • いのちの森
  • Support Our Kid's
  • TOKYO FM
  • JFN