2011年11月30日

11/30 被災者・仮設住宅に年賀状を。神戸のNGO「アセック」が募集

被災者・仮設住宅に年賀状を。神戸のNGO「アセック」が募集

◎神戸のNGO「アセック」が募集、「元気メール年賀状」◎

国際ボランティア活動を行っている「アセック」では、いま、
震災で被災し、仮設住宅で暮らす方にあてた、「年賀状」を募集しています。
この「元気メール」の始まりは、阪神・淡路大震災で被災経験を持つ、
NGO「アセック」の理事長、瓜谷幸孝(うりたに・ゆきたか)さん自身の
体験に基づいています。

『阪神大震災の当時、家が全壊で母親の上にかぶさり2時間生き埋めだった。
なんとか母親だけでも助けたいと、自力で脱出し母親を助けてなんとか生き延びた。
放心状態の中で、翌日事務所に行ったら、1通のFAXが流れていた。
以前災害支援した中国の県知事からの応援FAXだった。そこには
「一方有難八方支援」という中国のことわざ「一つのところに災難があれば
八方が助ける」「今度は私たちがあなたを助ける番です。」というメッセージが
書かれていた。この一枚のFAXを何十回も読み返した。生きる活力、自分をささえて
くれる人がいる、心配してくれる人がこの世の中にいる、ということがどれだけ力強かったか。
その日からボランティア活動を始めた。FAXが自分を後押しをしてくれた。
その後避難所から仮設に移って、自殺者が出たときに、なんとかこの自殺をとめること
ができないのか。と思ったとき、心のこもったメッセージは相手の心に伝わると。
心のこもった一枚のメッセージによって人が蘇生できることを実感した経験から
手紙で被災者を励ますことができないかと震災後の6月〜7月から始めた。

新しい年を迎えるときに誰からも便りがこないのは寂しい。
被災者はメッセージ、希望を求めている。』


アセックに寄せられた被災地宛ての年賀状は、
来年の正月、交流のある宮城県石巻市の仮設住宅などに、
瓜谷さんたちが直接届ける予定です。

●はがきに、自分の名前、住所、そしてメッセージを書いて、
 宛名は「被災された方へ」としてください。
 このはがきを封書に入れて、「アセック」の事務局宛てに送ってください。

「元気メール年賀状」についてのお問い合わせ
 電話・FAXともに、078−766−3481 

 送付先 
 〒655−0046 神戸市垂水区舞子台8丁目16−16−604 アセックまで。
 12月25日必着。

2011年11月29日

11月29日「被災地の仮設住宅にクリスマスのお菓子を」


広尾「アレグレス」のパティシエ・塩谷茂樹シェフは、仮設住宅にクリスマスのお菓子を贈ろうと、「Sweet Christmas」という取り組みを行なっています。

塩谷シェフは「Sweet treat 311」という団体とともに、被災地の学校でお菓子教室を開催したり、震災で仕事を失った若者の再就職をサポートしたりと、被災地支援の活動を続けてきました。

塩谷シェフが考えたのは、同業のパティシエ、菓子職人に呼び掛けて、焼き菓子を集め、それをクリスマスに被災地の仮設住宅に届けようというものです。


◆被災地へのクリスマスギフト
 現地のお菓子屋さん何十軒とお話をしてきて、7〜8月ぐらいから大分復活してきた。ケーキはできれば地元で買っていただきたい。それを邪魔したくない。
 ご家族や子供たちで食べられる日持ちのする焼き菓子をクリスマスに送って、被災地以外のお菓子屋さんがこんなにみんなのことを思ってるんだよ、という気持ちを伝えるためには、数だなと思った。


◆プロの職人に提供を呼びかけている
 片っ端から手紙を送って、一つ500円くらいのお菓子を30個、15000円分の寄付をしてくれないか、クリスマスにせめてクリスマスらしさを贈ろうじゃないか、と呼びかけた。
 お菓子の個数だけでもう2500ぐらいになった。現地の協力者も出てきているので、手伝ってもらって、なるべく広い範囲で配っていきたい。多くの人に配りたいし子供たちの笑顔を見たい。

 うちはどうしようかな。カステラかな。新しいカステラ、自信があるんですよ。




塩谷シェフは集まった焼き菓子を届けに、12月に被災地へ向かう予定です。

このプロジェクトに協力したい!という菓子職人の方は、ぜひ広尾の「アレグレス」まで電話でご連絡ください。

【Allegress official site】

【塩谷シェフのブログ】
«前の記事へ || 1 | 2 | 3 |...| 846 | 847 | 848 |...| 881 | 882 | 883 || 次の記事へ»

パーソナリティ(月ー水)中西哲生・ケリーアン(木)中西哲生・綿谷エリナ(金)速水健朗・綿谷エリナ

メッセージ、ご意見、プレゼントご応募はこちら

LOVE & HOPE スペシャル 7年目の春便り〜ふたつの故郷(ふるさと)〜

TOKYO FM サンデースペシャル やさしい日本語 Supported by ヒューマンアカデミー

「LOVE&HOPE〜防災ハンドブック2015」PDF版ダウンロード配信中

アーカイブ

  • いのちの森
  • Support Our Kid's
  • TOKYO FM
  • JFN