2011年12月28日

12月28日「宮城県石巻市 来年春に東京へ巣立つ高校3年生・浅田香奈さん(2)」

宮城県石巻市から、来年春に東京へ巣立つ浅田香奈さんは高校3年生。
被災地の子どもたちに、海外ホームステイを体験してもらうチャリティ支援プロジェクト「Suppot Our Kids」で、ニュージーランド語学留学を体験した一人です。

彼女は元々、芝居や演劇に関わりたいという夢を持っていたのですが、震災を境に、家族のことを考えて それをあきらめかけていました。
しかし、ニュージーランドでの体験をきっかけに、夢を叶えるための決意を固めました。


◆決意を固めた
 震災を乗り越えて、「私はここまで出来ました」というのが見せられる時がきたら、自分の家も変わるだろうし家族も変わる。自分の夢を叶えた方が周りの人にプラスになるのかも知れないと思った。そういう面でも、私は自分の夢を叶えたいなと思った。
 進路は、地元ではダメなので可能性を広げようと東京に就職を決めた。あとは来年行くばかり。


◆地元にいなくてもできること
 石巻にいなくても出来ることがあると気づいた。他の県からたくさんボランティアに来ている方がいる。だから東京に居ても地元に対して出来ることがあると思う。家に居ても考えることしかできない。だから動いちゃおうと思ってやりはじめたのがきっかけ。ボランティアをしながら色んな人に会って色んな話を聴いて体験していくと、そういうところで気づく。

◆2012年にしたいこと
 高校の半分くらいは、復旧だったり家のことだったりで想い出が作れなかった。2012年はもっと笑いたい。もっと笑ってもっと普通に遊びたい。今はすごく充実している。
 明日やろうと思うことも、今日やっちゃおう。明日書けば間に合うやつも、今日やって明日は遊ぼう。だから時間が足りないんですよ。


◆10年後
 10年後って何歳ですか。30歳近いですね。10年後も笑ってたいです。笑うのが好き。笑っていれたらいいなと思う。
 笑うことも忘れるくらい大変だった。笑うと色んな人から幸せをもらえる。いいニュースが笑っていると多かった。泣いていると悪いニュースしか聞こえてこない。気分が明るくなると明るいニュースが聞こえてくるようになる。だからこそ笑っていたい。10年後も。

2011年12月27日

12月27日「宮城県石巻市 来年春に東京へ巣立つ高校3年生・浅田香奈さん(1)」

宮城県石巻市から、来年春に東京へ巣立つ浅田香奈さん。高校3年生です。
被災地の子どもたちに、海外ホームステイを体験してもらうチャリティ支援プロジェクト「Suppot Our Kids」で、ニュージーランド語学留学を体験した一人です。

◆今年7月、留学に向けての想い
 私自身は津波の被害に遭っていないが、家族が一人亡くなってしまった。地元でボランティアを続け、FM石巻でラジオ番組をやっていて、今回の活動を通して石巻にこれからどう貢献していけるかも見つかるかも知れない。自分がこの先どうするか迷っているので、それも見つけられたらいいなと思っている。

◆最近の石巻
 震災直後は治安が悪かったので、食べ物を持って歩くのが危険な状態。自販機を壊している人もいた。いま考えるとその時はそうしないと生きていけない状態だった。いまは店も再開して新しいスーパーも建って、復興してきたかなという実感。震災前より賑やかになる気がする。ボランティアに来ている人が住所を移して住み始めている。震災前になかった店が建ってきている。
 復興しようというみんなの気持ちがあるのか、賑やかになってきている。自分の家が自営業の子は、「自分の家でやろうかな」と言っている。もっと明るくなるような気がする。


石巻であと数ヶ月の高校生活を送った後、浅田さんは故郷を離れる予定です。
3月11日の震災で一度あきらめた夢を追いかけるためです。
彼女は、ニュージーランドでの体験を境に、気持ちも大きく変わったと話しています。

◆これからの夢
 夢は女優になりたくて、舞台が好きで舞台関係でなにか出来たらなと思っていた。それどころじゃないというのもあり、あきらめて地元で働くべきかなと思っていた。
 震災を乗り越えて、私はここまで出来ましたというのが見せられる時がきたら、自分の家も変わるだろうし家族も変わる。自分の夢を叶えた方が周りの人にプラスになるのかも知れないと思った。そういう面でも私は自分の夢を叶えたいなと思った。
 進路は、地元ではダメなので可能性を広げようと東京に就職を決めた。あとは来年行くばかり。




石巻商業高校 3年 浅田香奈さん

«前の記事へ || 1 | 2 | 3 |...| 879 | 880 | 881 |...| 924 | 925 | 926 || 次の記事へ»

パーソナリティ(月ー水)中西哲生・ケリーアン(木)中西哲生・綿谷エリナ(金)速水健朗・綿谷エリナ

メッセージ、ご意見、プレゼントご応募はこちら

LOVE & HOPE スペシャル 7年目の春便り〜ふたつの故郷(ふるさと)〜

TOKYO FM サンデースペシャル やさしい日本語 Supported by ヒューマンアカデミー

「LOVE&HOPE〜防災ハンドブック2015」PDF版ダウンロード配信中

アーカイブ

  • いのちの森
  • Support Our Kid's
  • TOKYO FM
  • JFN