2012年4月17日

4月17日「3.11に生まれた命(2)」

東日本大震災が発生した昨年3月11日に生まれた命と、その誕生を巡るエピソードをまとめた、一冊の本「ハッピーバースデイ 3.11」。
可愛い赤ちゃんの写真が載っていますが、この本に出てくるお母さんやご家族の気持ちは複雑です。
2011年3月11日に生まれた、ということ。
それは、家族と、生まれてきた子どもたちにとってどんな意味を持つのでしょうか。

この本で取材と文章を担当した、コピーライターの並河進さんに伺いました。

◆子どもたちの成長と復興
 「周りでたくさんの方が亡くなって、自分の家だけ子どもが生まれて、それはすごく自分としては嬉しいこと。それを人に言えない、複雑な気持ちだった」という方が多かった。たくさんの方が亡くなって辛い日なんだけど、でも未来に行くのはこの子たち。強く生きていってほしい。
 命の大切さを感じながら生きていくのだろうと思う。その中で福島市の橋本栞ちゃんの話を聞いた。「栞」という名前の通り、「道しるべ」という意味もある。文字通り未来の道しるべになったとお母さんが言っていた。
 1歳になれば震災から1年。5歳になれば震災から5年。ずっとこの子たちの先を追いかけると同時に、日本が復興していくことと重なり合っていく。
 でも子どもたちにはあんまり重荷に感じてほしくない。


◆神様が遣わした存在
 「何も知らずに生まれてきている」と書きつつも、佐藤春晴くんの写真を撮ったあとには、どうしても抱っこしたい気がして、抱っこさせてもらった。
 それからは、撮影するたびに抱っこしていた。抱っこした時にその子の目を見ていたら、この子はもしかして全部知っていて、この子に僕は呼び出されて写真を撮ったり取材している、神様が遣わした存在なのではないかと感じた。
 何も知らないんだけど全て知っているような気がした。晴春くんのご家族は、職場が津波にのまれたが、出産があったため、仕事をみんな休んでいた。そのおかげでお父さんもおばあちゃんも命を救われた。もしこの日に生まれていなかったら、お父さんもおばあちゃんも命を落としていたかも知れない。そういう意味ではこの子に命を救われたといっている方も多かった。



「ハッピーバースデイ 3.11  あの日、被災地で生まれた子どもたちと家族の物語」は、飛鳥新社より発売中です。
この本の印税は全額、被災地支援に寄付されます。


【ハッピーバースデイ 3.11 Official Website】


----------
これまで番組でもご紹介してきました、被災地の子どもたちに海外ホームステイを体験してもらう「Support Out Kids」。
今後10年にわたる支援を目標とする、このプロジェクトのためのチャリティオークションパーティーが開催されます。

日時:4月27日(金)受け付け開始 18時/開会 19時
会場:東京ドームホテル B1「天空」
※鈴木大地さんなどのゲスト、平原綾香さんなどのチャリティライブなども行われます。

【Support Out Kids Official Website】

2012年4月16日

4月16日「3.11に生まれた命(1)」

東日本大震災が発生したあの日に生まれた命と、その誕生を巡るエピソードをまとめた、一冊の本「ハッピーバースデイ 3.11」。
昨年3月11日に被災地で生まれた赤ちゃんの写真と、その両親の体験で構成された本です。
取材と文章を担当したのは、社会貢献プロジェクトを数多く手がけるコピーライターの並河進さん。

並河さんに、3月11日に生まれた子どもたちについて伺いました。

◆強い笑顔のインタビュー
 僕自身が最初、ボランティア活動のために宮城県に入っていた。南三陸町の仮設病院の先生に「3月11日に生まれた赤ちゃんがいる」という話を聞いた。
 その父母が仙台に避難していて、自宅に上がらせてもらったら「2011年3月11日 命名 春晴」とリビングに貼ってあった。その字を見た時に、3月11日に生まれた子どもたちを探して撮影したいと思った。
 佐藤春晴くんは南三陸町で生まれているのだが、父は慈恵園という老人介護施設にいた。慈恵園は津波にのまれ、多くの方が亡くなった。だからお父さんは慈恵園の遺体の確認や、助かった方の世話を南三陸町で続けていた。辛い体験をしているはずだが、ずっと笑顔を絶やさずインタビューを受けてくれた。
 そのとき「この子が笑っていると何もかも忘れられる。辛いことがこれからもあるが、僕たちが笑っていられれば子どもたちも笑っていられると思う」とおっしゃっていた。強い笑顔だった。


◆新しい命を繋ぐ本能
 川口陽生くんと、橋本栞ちゃんは、福島県福島市の明治病院で生まれている。
 二人とも震災が起きた後、病院の中には居られないということで、急きょ駐車場で車を分娩室にして生まれた。両方のクルマを産婦人科の先生が行き来していた。その揺れで病院も倒壊することを考えると避難したくなるところだが、助産師さんは、子どもは生まれるタイミングで生まないといけないと知っている。お母さんは、これは産めないんじゃないかと迷ったという。でも子どもは生まれてくる。それを支える先生方。仕事というのはあるが、仕事を超えて、「新しい命をつなげなければいけない」という本能がある。それを支える先生方は本当にすごい。



「ハッピーバースデイ 3.11  あの日、被災地で生まれた子どもたちと家族の物語」は、飛鳥新社より発売中です。
この本の印税は全額、被災地支援に寄付されます。


【ハッピーバースデイ 3.11 Official Website】
«前の記事へ || 1 | 2 | 3 |...| 980 | 981 | 982 |...| 1066 | 1067 | 1068 || 次の記事へ»

パーソナリティ 鈴村健一

メッセージ、ご意見、プレゼントご応募はこちら

TOKYO FM 特別番組 HANABI

「LOVE&HOPE〜防災ハンドブック2015」PDF版ダウンロード配信中

アーカイブ

  • いのちの森
  • Support Our Kid's
  • TOKYO FM
  • JFN