2018年10月9日

OPEN JAPAN緊急支援プロジェクト

今朝も北海道胆振地方の被災地、厚真町からのレポートです。

『私は東京からです。OPEN JAPANという団体です。
依頼者さんがその奥のお宅なんですけど、思い出の物は取りだしてほしいということで。入口だけ重機を使わせてもらって、つぶれた家屋の上をどかさせてもらってあとは手作業です。基本的に手作業じゃないと重機で引っ掻き回しちゃうと全くわからなくなっちゃうので手探りで。』


大規模な土砂崩れが発生し、多くの家屋が巻き込まれた吉野地区では発災直後から、専門的な技術を持ったボランティア団体が入り災害現場の最前線で活動を続けてきました。「OPEN JAPAN」もその1つです。重機を使った土砂の撤去から、地域のコミュニティ再生まで支援を行っています。

発災から1ヶ月の厚真町の様子について、OPEN JAPAN、副代表 肥田浩さんに伺いました。

◆目に見えにくい災害被害
どこの被災地もそうですけど、ひと月経って疲労度が出てきています。避難所にしても。あと北海道は「冬が来る前に、雪が降る前に」という、熊本地震とは違う季節の区切りがあるから気持ちが焦るのはある。あと水害と違って余震の可能性があるから家に帰れない方=自主避難する人が多い。避難所というと大きい避難所が脚光を浴びて支援も手厚いんですけど、自主避難の人は自力でなんとかしなければ、みたいなところがあってその方々の食事面とか。あと見えない災害もあり、在宅被災者=避難所に行かない人たちが、とくにここは瓦がないし建物も雪国で頑丈に作っているから倒壊家屋があまりないわりに、家の中がガタガタとか。配水のパイプが切れているとか浄化槽が壊れちゃっているから水が使えない家、食事作れないお風呂入れない人たちが結構います。とにくこの辺は牛を飼っているとか、農作物が今収穫時期だから家から離れられない人たちが、まだ家の中手つかずだけど牛の世話や農業をやっている人がいるから、支援としてできることはまだ続くかなというのはあります。


現在オープンジャパンでは、西日本豪雨の被災地である愛媛県西予市でも復旧作業をしつつ、厚真町でも支援にあたっていますが、重機やダンプのリース代だけで、月80万円かかっているとのこと。
私たちにできることの1つとして、このように現場で活動してくれる団体へ寄付する、それを住民の方への力に代えていただく、という支援もあります。

OPEN JAPANの活動についてはオフィシャルサイトをご覧ください。

パーソナリティ(月ー水)中西哲生・ケリーアン(木)中西哲生・綿谷エリナ(金)速水健朗・綿谷エリナ

メッセージ、ご意見、プレゼントご応募はこちら

LOVE & HOPE スペシャル 7年目の春便り〜ふたつの故郷(ふるさと)〜

TOKYO FM サンデースペシャル やさしい日本語 Supported by ヒューマンアカデミー

「LOVE&HOPE〜防災ハンドブック2015」PDF版ダウンロード配信中

アーカイブ

  • いのちの森
  • Support Our Kid's
  • TOKYO FM
  • JFN