2018年12月12日

復興グルメ2018〜愛媛編

今週は「復興グルメ2018」と題して、今年、自然災害で被災した地域の、都内にあるアンテナショップを訪ね、それぞれの地域の“美味しいもの”を紹介していきます。もちろん今日もプレゼントあります!

今日ご紹介するのは、西日本豪雨で大きな被害を受けた愛媛県。

新橋にあります「香川・愛媛せとうち旬彩館」を訪ねて、業務課長の石丸正雄さんにオススメを聞きました!


◆「被害の大きかった、宇和島、大洲、西予から」

中西)プレゼントを探しているんですが、まず一つ目は何でしょうか?
石丸)はい、まず被害の大きかった宇和島市吉田地区、みかんの花から採った蜂蜜、「みかん蜜」というのを。
お花が咲いてる時期に蜂蜜が採れるということで、ちょっとみかんの香りもするんですね。
非常に人気のはちみつになります。
中西)買って支援するような動きもあったんですか?
石丸)そうですね、被災後すぐに“被災したところの商品はどれか”っていうこと聞かれまして、かなりのお客様が
被災地応援ということでお買い物をして頂きましたし、レジ横に募金箱を置いてるんですが、
かなりの寄付を頂きました。
中西)まだおすすめのものありますか?
石丸)はい、ほかに大洲市の水害がかなりひどかったんですけど、大洲市から地元の里芋を使った「さといもカレー」。
ここ大洲市は「芋煮」・・・「芋炊き」っていうんですけど、“日本三大芋煮”に数えられる芋煮が有名な所で、
その特産の里芋を使ったカレーということでですね、ここの大津市の「サンフーズ」さんなんですが、
ここも水害でかなり浸水を工場がしまして、聞いたところでは5m近く工場が水没したということで、
商品の製造やっと始まりましたので、こういう“被災地応援”というポップを貼って支援をしてるところです。
中西)もう一つ・・・
石丸)はいもう一つは西予市。こちらもかなり被害を受けたんですけど、西予市からは特産の栗を使った、
「和栗とはちみつのちっちゃいようかん」。一口サイズで、栗と蜂蜜が入っている、
ものすごい美味しいようかんになります。





ということで今回、愛媛県のアンテナショップでチョイスしたのは、3点。

まず愛媛といえばミカン!ということで、多くのみかん畑が被災した宇和島市から、吉田町のミカン農家が手作りした100%無添加の「純粋みかんはちみつ」。ほんのりみかんの香りがする、美味しいハチミツだそうです。

そして「城川和栗」という名産品を使った、西予市城川の「城川ファクトリー」が手掛ける「和栗とはちみつのちっちゃい『ようかん』」。栗とハチミツの旨み、薫りがぎゅうっと詰まった本当に美味しいようかんです。1個300円以上する高級品ですが、1個じゃ絶対に足りないと思って3個ずつにしました。

そして大洲市は“日本三大芋煮”の町。郷土料理の「いも炊き」をモチーフにした、大洲市「サンフーズ」の「おらが村のさといもカレー」。なんと里芋が主役のカレーです。

この3点をセットにして3名様にプレゼントします。ご希望のは、このブログのメッセージフォームから、「愛媛の復興グルメ希望」と書いて、ご応募ください。当選者は後日ブログで発表します。

『LOVE & HOPE』「復興グルメ2018」、明日は北海道のアンテナショップを訪ねます!お楽しみに!


香川・愛媛せとうち旬彩館

パーソナリティ(月ー水)中西哲生・ケリーアン(木)中西哲生・綿谷エリナ(金)速水健朗・綿谷エリナ

メッセージ、ご意見、プレゼントご応募はこちら

LOVE & HOPE スペシャル 7年目の春便り〜ふたつの故郷(ふるさと)〜

TOKYO FM サンデースペシャル やさしい日本語 Supported by ヒューマンアカデミー

「LOVE&HOPE〜防災ハンドブック2015」PDF版ダウンロード配信中

アーカイブ

  • いのちの森
  • Support Our Kid's
  • TOKYO FM
  • JFN