2018年12月14日

復興グルメ2018〜北海道編

今週は「復興グルメ2018」と題して、今年、自然災害で被災した地域の、都内にあるアンテナショップを中西哲生が訪ね、それぞれの地域の“美味しいもの”を紹介しています。もちろん今日もプレゼントあります!

今日ご紹介するのは、北海道胆振東部地震で大きな被害を受けた北海道。

昨日に続き、有楽町にあります「北海道どさんこプラザ」で、店長の川合洋平さんにオススメを聞きました!


◆「噛むほどに旨みがしみだすジンギスカン」

中西)北海道どさんこプラザに今日も来ております。2日にわたって北海道のものをプレゼントしてくんですけど、
今日はどういったものを?
川合)はい、被災の大きかった厚真町のジンギスカンになります。
中西)これは有名なんですか?
川合)はい。「市原精肉店」というところのジンギスカンで、前々から人気ではあったんですが、地震のあと、
復興応援というのもありまして、10月、畜産部門でこのジンギスカンが10位にランクインするような結果に
なってますね。
中西)やっぱり北海道というとジンギスカン・・・
川合)はい、数ありますけど、なかでも人気の商品です。
中西)“上質な羊肉でも最高に美味しいロース肉を使用。さらに風味豊かな自慢の自家製ダレで仕上げることで
より柔らかくジューシーになった逸品”・・・美味しそうですね!
川合)非常に美味しいです。柔らかくて。
中西)こちらをじゃあプレゼントさせて頂きます。
川合)はい、宜しくお願いします。




北海道を代表するご当地グルメのジンギスカン。しかも北海道胆振東部地震の震源地の町、厚真町のジンギスカン。

厚真町は農業や畜産が盛んな町で、昨日紹介していた「ハスカップ」という果実や、「放牧豚」なんかも有名です。そして厚真町には「ジンギスカン」のノボリを立てたお店がたくさんあって、じつは美味しいジンギスカンの町でもあるんです。

今回チョイスした「市原精肉店」の「ロースジンギスカン」は、厳選した最高級羊肉を使い、手作業で厚切りに仕上げた商品。噛めば甘味と旨味がじゅわじゅわあふれ出るジンギスカン南尾だそうです。これを冷凍でお届け。1袋400グラム入りを3名さまに。

ご希望の方は、このブログのメッセージフォームから、「北海道の復興グルメ希望」と書いて、ご応募ください。当選者は後日ブログで発表します。

※金曜日の放送後に「ハスカップジュエリー」を希望される方は、「ハスカップジュエリー希望」と書き添えて下さい。

冬の北海道、いま札幌の「ホワイトイルミネーション」も始まっていますし、カニやイクラなど、冬はとくに美味しいものがたくさんあります。2月末まで「北海道ふっこう割」も実施されていますので、ぜひ冬の行楽は北海道へ足を運んでください。


北海道どさんこプラザ

パーソナリティ(月ー水)中西哲生・ケリーアン(木)中西哲生・綿谷エリナ(金)速水健朗・綿谷エリナ

メッセージ、ご意見、プレゼントご応募はこちら

LOVE & HOPE スペシャル 7年目の春便り〜ふたつの故郷(ふるさと)〜

TOKYO FM サンデースペシャル やさしい日本語 Supported by ヒューマンアカデミー

「LOVE&HOPE〜防災ハンドブック2015」PDF版ダウンロード配信中

アーカイブ

  • いのちの森
  • Support Our Kid's
  • TOKYO FM
  • JFN