2019年2月20日

唐桑半島の牡蠣漁師、畠山政也(2)

今朝も引き続き、気仙沼の唐桑半島で牡蠣漁師をする、畠山政也さんのインタビューです。

震災後、牡蠣養殖の5代目として地元にUターンし、漁師となった畠山まさやさん。今34歳の若さなんですが、昨年「船のような大っきな仕事をしたい」と、大きさ9トンの船を新造船させました!そして養殖業だけにとどまりません。その船を使って「唐桑の観光にも役立てたい」と将来を見据えています。

◆観光船を兼ね備えた漁船に外国人観光客も増加
三陸道が気仙沼まで繋がることによってアクセスが良くなると思うんですよ。そうなった時に、船を新しくしたとお話ししましたが、将来を見据えてクルージング向けの船にもしたんです。観光で筏案内とかやっているんですけど快適に船で過ごしてもらいたいので、居住空間を作って、もし雨が降ったり風が吹いたときその空間でくつろいでもらって、ウォシュレット付きのトイレも備えたり、後ろにはカモメとかにエサやれるように見晴台も作って。もちろん養殖業がメインだけどそういった観光業にも特化した新造船にしたんです。
新しく船を造って外国人観光客が増えたように思います。今シーズンに入ってもう5〜6組の外国人観光客を筏案内しましたね。面白いのが日本だと大きな牡蠣が喜ばれるんですけどヨーロッパの方は大きな牡蠣を見るとビックリして食べないんですよ(笑)確かに外国のオイスターバーでは水っぽくて小さい印象があって、日本の白身のふっくらしたカキはビックリするんじゃないですかね。でもこれから将来的な観光を見据えた場合に海外の方を受け入れていくのもすごく必要になってくると思うので特に力を入れていきたいと思っていますけど。


畠山政也さんの船で牡蠣筏を観たい!という方は 気仙沼の観光コンベンションか、唐桑の観光協会までご連絡を!

*****
東日本大震災からもうすぐ丸8年。あの震災があなたに与えた影響はなんですか?
番組ではあなたからのメッセージを募集しています。
改めてあの日を振り返り、あの日から今に繋がっていること、あの日をきっかえに学んだこと、出会い、仕事や進路への影響、防災・減災について。また被災地の皆さんからは「今、伝えたいメッセージ」をお待ちしています。


抽選で10名様に、サポートアワーキッズへのチャリティ商品にもなっているタリーズコーヒーのドリップバッグをプレゼントします。

パーソナリティ 鈴村健一

メッセージ、ご意見、プレゼントご応募はこちら

TOKYO FM 特別番組 HANABI

「LOVE&HOPE〜防災ハンドブック2015」PDF版ダウンロード配信中

アーカイブ

  • いのちの森
  • Support Our Kid's
  • TOKYO FM
  • JFN