2019年2月21日

唐桑半島の牡蠣漁師、畠山政也(3)

今朝も引き続き、気仙沼の唐桑半島で牡蠣漁師をする、畠山政也さんのインタビューです。

震災後、牡蠣養殖の5代目として地元にUターンした畠山まさやさん。現在は漁師をしながら、観光業や地元の「街づくり団体」にも携わり、UターンやIターンを希望する人との交流を、積極的に行っています。

◆移住者が増えました。
気仙沼もそうだけど唐桑はやっぱり年に数人ずつ移住を決めて訪れてくれるんです。不思議なんですけど、震災前にはなかった傾向。唐桑は遠洋マグロ船が栄えていた街だけあって、すごくよそ者に対して免疫が低いというか、ウェルカムな気質というか。誰が来ても過度なもてなしをするんです(笑) 飲めや食えやすごくやるので、たぶん都会にいる子達にはすごく新鮮に映るみたいで、唐桑の人に魅了されて来るのかなと思います。大学卒業の子が多くて、繋がりが繋がりを呼ぶ感じで、来て楽しんでいる人がいるから面白そう。じゃぁ自分も行ってみようかなとなるんですって。やっぱり30数年(地元に)住んでて嫌いではないけど良いとこあるかな?と思ったことはあるんです。でもその子達が来て、唐桑は良いとか言うので、あ、唐桑だけだったんだなそういうのって(笑) そうやって自分も見返したときに、やっぱり唐桑って良い街なのかなって再発見、気づかされることが多いですよね。


移住者が増える一方で、唐桑を出る人が多いのも現状で、地元の小学校で行われる海洋教育を通じて「一度は出てしまっても、また唐桑に戻ってくる若者を増やしたい」と話していました。

★★★★★
番組では震災からまもなく8年を迎えるにあたり、あなたからのメッセージをお待ちしています。あの日から今に繋がっていること、学んだことや出会い、防災・減災についてなど送ってください。
抽選で10名様に、サポートアワーキッズへのチャリティ商品にもなっているタリーズコーヒーのドリップバッグをプレゼントします。

パーソナリティ(月ー木)中西哲生(金)速水健朗

メッセージ、ご意見、プレゼントご応募はこちら

TOKYO FM 特別番組 HANABI

「LOVE&HOPE〜防災ハンドブック2015」PDF版ダウンロード配信中

アーカイブ

  • いのちの森
  • Support Our Kid's
  • TOKYO FM
  • JFN