2019年4月16日

地獄温泉 青風荘「すずめの湯」ついに再開! 

今朝も、熊本地震から3年。被害の大きかった南阿蘇村「地獄温泉」からのレポートです。

古くから湯治場として栄え、200年以上にわたって人々を癒し続けてきた地獄温泉の「青風荘」。
熊本地震では建物の崩壊はなかったものの、地震から2ヶ月後の豪雨で土石流が旅館を襲い、建物の8割、3つある源泉の内2つを失いました。
そんな中でも、普段どおり、ブクブクと沸き続けていたのが地獄温泉を代表する「すずめの湯」です。旅館の代表、河津誠さんはこの姿に勇気づけられ、旅館の復興を決意したといいます。


そして、熊本地震から3年の今日、4月16日。『すずめの湯』は日帰り温泉として営業を再開。復興の第一歩として進み出します。

◆スタートラインをやっと引けた
すずめの湯というのは元々、治療・療養の湯として有名で近隣の足の痛い人、腰の痛い人、皮膚に病気をお持ちの方とかが湯治に来られていた場所なんですね。泉源に直接入るお風呂でガスと一緒に湧く関係で、どうしても男女の仕切りを設けることができずに混浴のスタイルでやってまいりました。裸で入るスタイルだとどうしても女性が入りずらいお風呂になってしまいますので、今回は着衣浴、私どもが用意する湯浴み着かお持ちいただく水着で入っていただくスタイルに変更しました。
お風呂入っていただく方にはビジュアルとして見てわかると思うのですが、非常にまだ荒れた状態です。完全に安全かと言われたらそうではない部分もたくさん残っていて、非常に寂しい風景も傍らには広がっているところです。そういうところに体験に来ていただくというのも大事なことで熊本地震を忘れないということも皆さんと引き継ぎながらやっていきたいと思います。
そういうことでいえばまだまだ私たちはスタートラインにも立っていなくて、スタートラインをやっと自分たちで引けたと、これから少しずつ施設を取り戻しながら、今まで守ってきたおもてなしのスタイルも活かしながら復活に向けて頑張っていきたいと思います。


お話しの中に「完全に安全なところばかりではない」とありましたが、地獄温泉への道、まだ復旧工事中で片側通行の箇所もあるそうです。また時間規制もあり、午前8時半〜午後6時までとなっています。ご注意ください。

地獄温泉「青風荘」。来年4月には旅館の本格オープンも目指しています。まずはその前に、日帰り温泉「すずめの湯」にぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

青風荘公式サイト
青風荘facebook

パーソナリティ 鈴村健一

メッセージ、ご意見、プレゼントご応募はこちら

TOKYO FM 特別番組 HANABI

「LOVE&HOPE〜防災ハンドブック2015」PDF版ダウンロード配信中

アーカイブ

  • いのちの森
  • Support Our Kid's
  • TOKYO FM
  • JFN