2019年9月17日

千葉県館山市 16日大雨の被害「家の中で傘を差さないと」

今朝も台風15号によって大きな被害を受けた千葉県のレポートです。

きのう、朝から昼すぎまで激しい雨が降り「避難勧告」が出ていた館山市と南房総市。屋根が吹き飛んだ家も、ブルーシートで覆うなどの対策は取ったものの
雨漏りで家が水浸しに。

中でも被害が深刻な、館山市布良地区、民宿 富崎館の八代 健正さんに伺いました。

◆「家の中で傘を差さないといられないぐらい雨漏りしていた」
南側にうちの一番見晴らしの良い窓や壁や部屋があったんですけど、そのうちの面積の半分が崩れて、屋根の一つが全部飛んでしまって、正直茫然自失というか、片付けも人力ではできないだろうし、まさかこんなことが起きるとは…といった感じです。
僕だけじゃなく村全体が高齢比率の高い村なので自分たちで屋根にブルーシートもかけられない方たちも多いので、すごく多くのボランティアの方たちも入って下さって非常に助かったなと思っていました。ただ今朝の雨が予想以上に降って、朝のうちに館山市全体に避難勧告が出るくらいの大雨で、僕もその時自分の民宿にいたんですけど、ブルーシートをかけてあったにも関わらず家の中で傘を差さないといられないぐらい雨漏りしていたので、他の家でも同じような状態だったんじゃないかなと心配ではあります。

家に穴があいている状態なのでどんどん傷んでしまうと、要はいっぺんに多くの家が被災してしまったので地域の工務店さんとてもじゃないけど手が回らなくてどんどん傷んでしまう、傷んでしまった結果もう住めなくなってしまう、そうするとさらに人口現象が進んでしまう、街の力を削いでしまう可能性があるなと心配しています。もう1つは地域の人がどんどん疲労していってしまうので、高齢者比率も高いのでどれだけ耐えていけるのか、不安にはなります。



昨年から休業中だった「富崎館」。3階建ての立派な建物だったことがうかがえます。しかし南側の壁と屋根が、なくなってしまっています…
布良の地域の方も、今できることを精一杯やっている中で、昨日の大雨。ブルーシートもかけられなかった家やかけ直す必要のある家もあるので、高い所で作業できる専門の方が駆けつけてくれたら有難い。またボランティアのマッチングもうまくできていない、とのこと。

LOVE&HOPEでは、明日以降も被災地の様子、お届けします。

パーソナリティ 鈴村健一

メッセージ、ご意見、プレゼントご応募はこちら

TOKYO FM 特別番組 HANABI

「LOVE&HOPE〜防災ハンドブック2015」PDF版ダウンロード配信中

アーカイブ

  • いのちの森
  • Support Our Kid's
  • TOKYO FM
  • JFN