2019年12月4日

千葉白浜の老舗旅館「紋屋」

今朝も、千葉県・南房総市・白浜(しらはま)にある老舗旅館「紋屋」の完全復旧へ向けた動きをお伝えします。

台風15号の甚大な被害から3ヶ月が経過しました。紋屋は復旧が急ピッチで進み、12月中旬には2階の部屋が再開。来年2月にはすべての部屋が宿泊可能になる見込みです。

ただ、復旧がいくら進んでも、被災直後にたくさんのメディアが報じた「印象」は、払しょくできていない・・・紋屋の女将・高尾葉子さんは、そう話します。

◆終わらぬ風評と、温かい支援
とにかく風評被害で、(部屋が)開いてもお客様が金曜か土曜ぐらいしかいらっしゃらないんですけど、とりあえず一部でも開いただけでもありがたいことです。私はそのあいだもほとんど、予約が入っていたお客様に「申し訳なかった」「こういう状態なんですけどぜひ応援してくださいね」というお便りを、おなじみ様に1人ずつに差し上げていました。それを見たお客様や小さいお子様からお便りが来て、500円玉が4個入っていたりとか。実際に宿に来てくださった方もいました。最初は顔を合わせると抱き合っちゃうみたいな感じで「大変でしたね」と。そういうことで何とか元気を取り戻せて、頑張んなくちゃいけないという気持ちにさせられました。。2ヶ月も休業するのは初めての経験なので、本当に初心に帰ってお迎えすることができる喜びを味わっています。ただもうちょっとお客様が来てくださらないと、本当に暇な状態になっています。今回の台風は、私たちの宿だけではなくて地域全体を暗くしている感じですね。本当にこの状況を打破するのは大変だと思います。春には花のシーズンを迎えるんですよね。でも台風が来るとお花が塩害で咲かないんです。そのせいで2月から3月にいつも花を見に来る方が来なくなったりするとやっぱり静かになってしまいますし、おそらく社長の見通しではゴールデンウィークが過ぎるまでは、元に戻らないだろうと。


今回の取材の印象では、南房総全体で観光施設は復旧がかなり進んでいて、みんなお客さんを待っているようでした。ですから気兼ねなく、観光を満喫できます。ちなみに千葉県はこの時期、全国有数の水揚げを誇る伊勢海老が美味。冬の海の幸をめいっぱい満喫できます。房総半島最南端・白浜は、太平洋をパノラマで一望できるロケーション。紋屋の女将・葉子さんは「特に満月の夜は、素晴らしい景色が楽しめます」とおすすめしていました。

ちなみに、紋屋には、東日本大震災で被災した経験のある方々からたくさんの支援があったそうです。災害の経験が支援の輪につながっていることも伝えておきます。

パーソナリティ 鈴村健一

メッセージ、ご意見、プレゼントご応募はこちら

TOKYO FM 特別番組 HANABI

「LOVE&HOPE〜防災ハンドブック2015」PDF版ダウンロード配信中

アーカイブ

  • いのちの森
  • Support Our Kid's
  • TOKYO FM
  • JFN