2020年1月16日

復興バー・銀座店 1月31日まで開催!

今日は、銀座に1月13日にオープンした「復興バー・銀座店」のレポートです。

東日本大震災の被災地、宮城県石巻市に2011年にオープンした「石巻・復興BAR」。カウンター席だけの小さなバーですが、世界中から来たお客さん、ボランティアの方々の交流の場となり、未来への熱い会話が交わされていました。そんな石巻の復興バーを東京・銀座でやろう!と生まれたのが「復興バー・銀座店」。2013年に期間限定でオープンし、今回で7回目の開催となります。
元祖・石巻復興バーを立ち上げた、ISHINOMAKI 2.0の松村豪太さんにその想いを聞きました。

◆「世界でいちばん面白い街を作ろう!」未来を熱く語り合う石巻復興バー
僕はISHINOMAKI2.0という活動をしていて、それは単に東日本大震災の最大の被災地・石巻を元の状態に戻すのではなく、地方都市って元気がないですけど石巻もそうで、そういう元気ない石巻に戻しても仕方ない、「世界でいちばん面白い街をつくろう!」というコンセプトで、今までなかったような自由闊達な街づくりのアイデアを実現しようということをやっています。その最初のプロジェクトの1つが石巻復興バーです。2011年、まだまだ瓦礫に囲まれているようなところで手作りでバーをオープンしました。そこでは最初僕がマスターとしてボランティアの方や来場者にもてなして地元の方などと会話を楽しんでいたのですが、町の水産会社の社長とかボランティアをきっかけに町に移住した人とか、町の呉服屋の若旦那とか、そういう人たちに日替わりマスターとして立ってもらい、自由にメニューを作ったり交流を楽しんでもらう企画がこの復興バーではじまりました。ここには世界中、全国からお客さんが来てくれたんですけど、東京の方たちもこの復興バーのファンになってくださって、とくに中央区銀座を中心とした経営者の皆さんが「東北を応援したい、東京と石巻をつなげたい」と、2013年に期間限定で銀座復興バーがスタートしたのです。2013年の銀座8丁目から、今回とうとう銀座のど真ん中、銀座4丁目で実現するということで、僕も最終日1月31日に登場させてもらいます、楽しみにしています。



銀座4丁目で行われている「復興バー銀座」。今月31日までオープンしています。
場所は銀座三越の裏手にある「nu dish Deli & Café 」
石巻2.0の松村豪太さんはじめ、日替わりマスターが東北や熊本、昨年の台風で被災された酒蔵、農家の方々への支援にもつながるメニューも提供しています。
美味しく食べて呑んで、日替わりマスターとの会話で復興支援にご参加ください!

今日、1月16日のメニュー!


復興バー銀座 Facebook

パーソナリティ 鈴村健一

メッセージ、ご意見、プレゼントご応募はこちら

TOKYO FM 特別番組 HANABI

「LOVE&HOPE〜防災ハンドブック2015」PDF版ダウンロード配信中

アーカイブ

  • いのちの森
  • Support Our Kid's
  • TOKYO FM
  • JFN