2012年11月28日

11月28日「液状化の被害を受けた千葉県浦安市の現状(2)」

千葉県浦安市は、震災による液状化の問題が今も根深く残っています。
浦安の商工会青年部会長で、建物の防水・リフォーム会社を経営する北島聡さんも、被害を受けたひとりです。

◆家が液状化で傾いている
 自分の家の周りも液状化で砂の海。斜めになっている。
 今月末から工事をする。直すのに金がかかる。助成金は出るが、ジャッキアップに380万円。助成金は市から100万円、県から100万円しか下りない。残り180万円は自己負担になるから、助成金の出るところまでで止める。自分で負担したくないので、200万円まででストップする。10cm斜めになっていても、5cm補正したところでストップするという選択になる。


液状化による被害は、国の「全壊・半壊・大規模半壊」の補償基準が適用されにくいため、浦安市などは独自の支援として100万円を助成しています。


北島さんは、浦安市の内陸側…「元町」にある奥さんの実家、新しく埋め立てられた「新町」にある会社、その間にある「中町」のご自宅、それぞれが液状化の被害を受けています。
元町・中町・新町という3つの地域と、文化や意識の違いが、浦安市の復旧・復興、街の発展に大きくかかわる問題となっています。

◆文化や意識の大きなズレ
 浦安三社祭というお祭りがあった。湾岸道路からこっちには神社がない、神輿もない。そういう文化を新浦安は知らない。「御霊を入れる」というのも知らない。浦安弁も知らない。「いし、何やってんだ」の“いし”が“お前”という意味だと知った。
 浦安に根付きたい、ここでやっていきたいと思っていたので、入れて下さいという形から入った。神輿も湾岸道路を越えて持っていきたいと考えているが、無理だと言われる。何故なんだろうと思う。浦安は(埋め立てで)面積が広がっている。それを考えると、海側(埋め立てた側)にも神社があってもいい。同じことをやらせてもらいたい、同じレベルに持って行けるような新しい街を作りたいと思っている。




明日は、浦安市の行政と住民の間で起きたある問題をお伝えします。

パーソナリティ 鈴村健一

メッセージ、ご意見、プレゼントご応募はこちら

TOKYO FM 特別番組 HANABI

「LOVE&HOPE〜防災ハンドブック2015」PDF版ダウンロード配信中

アーカイブ

  • いのちの森
  • Support Our Kid's
  • TOKYO FM
  • JFN