2012年12月20日

【特番のお知らせ(1)】12/28(金)LOVE&HOPE Special〜Heart Voice RADIO〜

東日本大震災の後、被災自治体が立ち上げた「臨時災害FM」が
いま岐路に立っています。

「臨時災害FM」は、防災無線も壊滅状態にあった被災地で、震災当初は住民の安否や
生活物資、交通、医療、福祉の情報を届け、地域に不可欠な情報源となりました。
現在は仮設住宅で暮らす被災者や圏域放送が届きにくい沿岸地域の住民に、生活情報を届けています。

けれども運営資金の不足や放送免許の期限切れなどの課題を抱え、運営の立て直しを迫られる放送局も少なくありません。また「臨時災害FM」から「コミュニティFM」への移行にも資金面から難題が立ちはだかっています。

一方で、これまで「地元密着の放送局」がなかったエリアで、「臨時災害FM」が住民に親しまれ、生活に欠かせない存在になっている現実もあります。街の情報を全国に発信する「広報官」の役割を果たす局、離れて暮らす住民どおしをつなぐ「架け橋」となっているケースも少なくありません。

いま「臨時災害FM」各局はどのような状況にあるのか。
今後どうあるべきなのか。人と人、心と心をつなぐラジオにできることとは?

東北の「臨時災害FM」を通して、ラジオの役割と被災地のいまを見つめます。

<放送日時>
12/28(金)15:00〜15:55(一部地域を除く)
JFN38局ネット
※FM新潟・FM石川 19:00〜19:55
※FM沖縄 21:00〜21:55

パーソナリティ 鈴村健一

メッセージ、ご意見、プレゼントご応募はこちら

TOKYO FM 特別番組 HANABI

「LOVE&HOPE〜防災ハンドブック2015」PDF版ダウンロード配信中

アーカイブ

  • いのちの森
  • Support Our Kid's
  • TOKYO FM
  • JFN