LIVE REPORT

放送日時:2019年2月16日[土]
ゲスト:広瀬香美

Information

出身地:福岡県

5歳より音楽の英才教育を受け作曲家を志す。
福岡女学院中学校・高等学校(音楽科)、国立音楽大学音楽学部作曲学科卒業後渡米。LAにて、マイケル・ジャクソンのヴォイストレーナーであるセス・リッグス氏に師事。滞在中に制作した自作のデモ音源が、レコード会社の耳に留まり、1992年にビクター音楽産業(現・ビクターエンタテインメント)よりデビュー。
1stシングル『愛があれば大丈夫』を発表後、『ロマンスの神様』などのヒット曲で「冬の女王」と呼ばれる。
毎年恒例の弾き語りコンサートや、ウィンターツアーの傍、ボイストレーナーとしての顔も持つ。
日本とアメリカの双方を音楽や文化のレベルで繋げていくために積極的に活動。
様々な国のアーティストへの楽曲提供やプロデュースワークに携わるワールドワイドな音楽家。

THE BEST “1992-2018
THE BEST “1992-2018" + “雪" Set List Non-Stop Mix(初回限定盤)
\4,259+税

<br />
THE BEST “1992-2018
THE BEST “1992-2018" + “雪" Set List Non-Stop Mix(通常盤)
\3,611+税


■LIVE
広瀬香美コンサートツアー2019~The Winter Show“雪”
2019.02.24(日)
OPEN 17:00 / START 17:30
Zepp Sapporo

※その他、詳しい日程・情報はオフィシャルページをご確認ください。

「広瀬香美 オフィシャルサイト」
https://www.hirose-kohmi.com/

広瀬香美 写真

LIVEレポート

ライブの様子

寒い日と温かい日を繰り返しながら
冬と春が押しあいっこしている日々ですね~。
特に夜は東京もまだまだ冬の風が残っています。

そんな寒い日に聞くこの方の歌声はやっぱり格別!!
ゲストは広瀬香美さん。
足元まで真っ白なコーディネートでお越しくださいました。
袖の部分にスパンコールがキラキラ~。
まるで雪の結晶のよう!!

冬ソングの女王と称される広瀬さん。

現在ツアー中という多忙の中、
名曲、新曲含む豪華なライブを届けてくださいました。


ライブパート1は
広瀬さんのピアノの弾き語りで【ストロボ】からスタート。
目を瞑って歌い始めた瞬間、広瀬さんのパワーのある歌声が一瞬にして広がっていく。
その声量を変えることなく、ハイトーンを響かせる。
ピアノ一つでドラマチックに歌い上げていく広瀬さん。
ビブラートが耳の奥まで届いていく。

スタジオが小さい分、そのままの歌声が響くのがなんとも贅沢。


雰囲気が変わって
優しくて凛としたピアノの音色に、目の前が雪景色に変わる。
【ピアニッシモ】。
お客さんも聞き入って、ピアノの音だけで広瀬さんの歌声を聴く贅沢な優しい時間。
広瀬さんの歌声で温かい冬に変わる。
まっすぐ突き抜ける歌声を笑顔で出し続けていく広瀬さん。
その歌声にお客さんも聞き入っていました。
最後は鍵盤から手を離してアカペラで歌ってフィニッシュ。


ライブパート2
ピアノから立ち上がって、お客さんの前へ。
ここからギタリストの福原さんもスタジオに。

ギターと広瀬さんの歌声で新曲の【歌いたいわ】を披露。
手を広げて笑顔で歌い始める広瀬さん。どこまでも伸びていくビブラート。
お客さんの手拍子に合わせて広瀬さんもステップを踏んで歌う。
コールアンドレスポンスに「ありがとう~」と笑顔で応える。

そのまま【二人のBirthday】を披露。


ライブパート3は

【愛があれば大丈夫】では
間奏ではピアニカを手に演奏し、またすぐ歌いだす。
その一瞬の切り替えもかっこいい。

歌い終わると再び、広瀬さんはピアノの元へ。
ギターとともに、【ロマンスの神様】!!
無条件に元気になれるテンポと広瀬さんの明るい歌声。
ピアノとギターで聴くロマンスの神様は、より広瀬さんの歌声の強さを感じられる。
スタジオも手拍子で盛り上がる。

生で聴くととにかくその広瀬さんの歌声のすごさに
感動しっぱなしでした。

どんなハイトーンも気持ちよさそうに歌う広瀬さんの姿がただただかっこいい。
冬に元気になれる素晴らしいライブをありがとうございました。

ライブの様子

Set List

  • 1.ストロボ
  • 2.ピアニッシモ
  • 3.歌いたいわ
  • 4.二人のBirthday
  • 5.愛があれば大丈夫
  • 6.ロマンスの神様
番組へのメッセージはこちら
メールマガジンの登録はこちら
ページトップへ戻る