SCHOOL OF LOCK! |

SCHOOL OF LOCK! |

SCHOOL OF LOCK! |

SCHOOL OF LOCK! | SCHOOL OF LOCK! |

TEENAGER

あと何回、ここでサヨナラが言えるかな
「あたりまえ」が「思い出」に変わる前に
チョコでも食べながら春風と混じる
でも、ふとした瞬間 忘れては繰り返す

不安ない未来なんてつまんないよ
あの日植えた種が
今芽生え始めたよ

良かったな
終わってなんかは無いな
Teenagerだって花束を贈る意味を分かってんだ

休みの日は必ずといって二度寝
帰り道漂う夕飯の「なんだろうな」
ほっとみるくみたいになりたいな心底思う
ココロにハリネズミ
馬鹿だから頑張んです

いつの間に、ゆらゆら揺られ乗り過ごす
「先生!真面目にただ生きるのは義務じゃ無いと思うんです!」

良かったな
終わってなんかは無いな
Teenager 故、花束を贈る意味を分かってんだ

別に気にもしてないチャイムの音がいつか聞きたくなんのかな?
「楽しさ」と「噂」と「怖さ」の空間
わかるよ わかるよ
退屈な日々で分かち合う価値ある
数千もの思いで出来る「青」

良かったな
終わってなんかは無いな
Teenagerだって だって 恋をする
誰かを好きになる

良かったな
終わってなんかは無いな
Teenager 明日を信じて
諦めて無いんだ

大丈夫。先が見えなくとも
君は今日を生きてんだ。

SCHOOL OF LOCK! |

キミはどんな“今”を過ごしてますか?
2017年10月に開講したミセスLOCKS!は、
今年の10月で2年目に突入!
これを記念して、これまで1年間“今”を学ぶ
超現代史の講師として、
生徒のみんなが過ごす“今”をテーマに授業を
行って来た、Mrs.GREEN APPLE先生が、
キミの“今”を切り取って
一つの形(=曲)にします!
みんなからは
“今、キミが過ごしている日常”というテーマで、
歌詞のフレーズ(一文)を大募集!

今、好きな人がいる。
今、将来の事で悩んでいる。
今、君が感じている日々の小さな幸せ。
今、聞いて欲しい自分の思い。など!
今、日常でキミが思う事や考えている事、
感じている事を、自分の言葉でひとつの
フレーズにしてください。
そしてキミが綴ったそのフレーズには、
どんな意味が込められているのか。
そのエピソードを添えて送ってきてください。

届いたフレーズを元に、
Mrs.GREEN APPLE先生がオリジナルの曲を作り、
“今”という“超現代”を生きるキミたちに届けます!

SongWritingプロジェクト!!
“今”過ごしている日々。“今”感じていること…。

キミの今に関する事を、
思うままにフレーズ(一文)に
してみよう!

無理に上手く書こうとしなくても大丈夫!

こんな感じで送ってきてね♪

  • キミの“今”を表す フレーズ


    君に言われた あの言葉。
    私の心にヒカリが差した。「ありがとう」。

    フレーズにまつわるエピソード(背景)を教えてね!


    部活や勉強、学校の事など。
    頑張っているのに上手く行かなくて誰にも認めてもらえない。
    そんな落ち込んでいる状況の時に、
    ある人に「ありがとう」と声を掛けてもらった事がありました。

    たった一言だったのに
    こんな私にも”見ていてくれる人がいたんだ”と
    真っ暗闇にいた私の心に少しだけ光がさしました。
    それから私は「ありがとう」という言葉の大切さを感じるようになって
    今は、意識的に使うように心がけています。

  • キミの“今”を表す フレーズ


    仲直りした あの日の空は忘れない。


    フレーズにまつわるエピソード(背景)を教えてね!


    最近、友達とちょっとしたことで大喧嘩してしまって
    口をきかない日々が続いていました。
    でもこのままじゃ嫌だと思い、勇気を出して謝ったら、
    実は友達も同じ日に、私に謝ろうと考えていたらしく、
    無事に仲直りをすることが出来ました。

    「くだらない事で喧嘩しちゃたね。」と大笑いして一緒に帰った
    放課後の空は、とても晴れていてすごく印象的でした。

    あの日、ちゃんと謝ったおかげで今は、
    その友達と毎日楽しく過ごせています!

たくさんのご応募ありがとうございました!!

SCHOOL OF LOCK!
2005年10月に開校した、“ラジオの中の学校”。
TOKYO FMから全国38局をネットして月曜日から金曜日まで、毎日放送中。
“LOCK” の意味は、鍵(かぎ)。
みんなと一緒に、“未来の鍵”を探したい、そんな一心で、毎日ラジオの中から“授業”をしています。学校だから、聴いてくれる君は“リスナー”ではなく“生徒”です。授業を担当するのは、とーやま校長・あしざわ教頭をはじめとする、豪華講師陣。月~金、22時から授業開始。
お昼に通っている学校と違って、出席は自由。君が気が向いたときに、いつでも登校してください。

ページトップ