20191224_alexgt01.jpg


この後記の放送を聴く

聴取期限 2019年12月31日(火)PM 10:00 まで



(カッ、カッ、カッ、チャイム……ガラガラ…)

洋平先生「メリークリスマス!

磯部先生&白井先生「メリークリスマース

洋平先生「本日はクリスマスイブという事で私だけではなく、[ALEXANDROS]のメンバーに来てもらっています!去年も25日に、この進路室の授業があって2年連続で…」

磯部先生「もうサンタクロースのようにクリスマスに登校させてもらって(笑)」

洋平先生「どんだけ寂しい3人組なのか(笑)でも、そもそも俺はクリスマスをカップルで過ごすというのは…いかがなものかと」

磯部先生「そうなんですか!?やっぱムードが漂っていますからね」

洋平先生「別に友達とプレゼント交換してもいいし…」

磯部先生「それはアリですね」

洋平先生「でもクリスマスに男とご飯に行くとか1人で映画を観に行くとか言ったら“え!?クリスマスにそんな感じ?”って言われるじゃないですか?」

磯部先生「今でもそうなんですかね?」

洋平先生「今でも全然そうでしょ!」

磯部先生「なるほど…まぁ聖なる夜ですから」

洋平先生「…何、言ってるの?10代に向けてやってるんですよ!?」

磯部先生「すいません!すいません!(笑)」

洋平先生「もしね、今聴いている生徒の中に彼氏彼女がいたとしても、今は勉強に勤しんでいる人も多いと思うので、クリぼっちエピソードみたいなのを募集して、寂しい生徒に何かプレゼントっていう…何かどっかのTV番組みたい(笑)」

20191224_alexgt06.jpg


白井先生「カランカランみたいなね(笑)」

洋平先生「アレキサンタだ!毎年やろうか?」

磯部先生「お!いいね!」

洋平先生「じゃあ今日は白井さんからプレゼントがあるそうなので…」

白井先生「そうなんですか?」

磯部先生「白井サンタ!」

洋平先生「(笑)何が起こるか分からないクリスマスイブのアレキサンドLOCKS!
3人でお送りいたします!」

M. あまりにも素敵な夜だから / [ALEXANDROS]

洋平先生「この曲がピッタリな夜ですね」

磯部先生「そうですね!」

洋平先生「そして来週の授業はお休みなので今年最後の進路室!なので2019年をLooking back!しようかなと思います!」

(カッカッカッ…カッカッ…)
洋平先生「…♪Look back again oh oh

洋平先生「本当は‘Don’t Look again’なんですけどね!名曲なので生徒のみなさんは探して聴いてみてください(笑)2019年は色々ありましたが…ライブかな」

磯部先生「そうですね!俺もまさにそれを考えていました」

洋平先生「とにかくライブが多かった」

磯部先生「年またぎで『Sleepless in Japan Tour』だったのでいきなりライブから幕が開けた感じ」

洋平先生「最初はライブハウス、そしてアリーナツアーがあってアジアツアー。そして“やっと終わったー”と思ったら夏フェスが始まって、本当にライブ三昧!」

磯部先生「そうだね」

20191224_alexgt02.jpg


洋平先生「その間にDr.聡泰くんが局所性ジストニアの診断を受けたり、僕も2月ぐらいに急性声帯炎を発症して、喉から血が出ちゃったり、骨折した人も…」

磯部先生「いましたね〜(笑)だからまーくんだけが唯一、何も怪我なかったね」

洋平先生「そうなんですよ!今年は4人中3人がトラブルあったのに」

白井先生「何もなかったっすねー」

磯部先生「あと1週間ありますけど無事完走出来るかどうか!」

白井先生「まぁ出来るっしょ」

洋平先生「白井さんは2019年はどうでした?」

白井先生「やっぱ、アジアツアーが色濃いですよね。初めて上海、北京、あとタイか!に行ったり」

20191224_alexgt05.jpg


洋平先生「初めての場所ってやっぱ良いよね。
この歳になって新鮮な気持ちでどっかに行けるってなかなか経験出来ないし」

磯部先生「要はバックパッカーみたいな事を仕事として経験しているわけだからね」

洋平先生「有難い事ですよね。
そういう意味では、先日『VIPツアー九州 〜九周年だから九州ツアー〜』で鹿児島に行ったんですけど、僕はプライベートも含めて鹿児島は初めてだったんですよ。だから“こういう街なのか〜”とか、桜島を見たりして、良い吸収を…」

磯部先生「‘九州’だけに…」

全員「…」

白井先生「…マジっすか?」

洋平先生「磯部さん…冴えてます!」

磯部先生「冴えてるんですか?(笑)」

洋平先生「センサーが働いてますよ!クリスマスイブなだけに…」

全員「…」

磯部先生「…それはどういう事?(笑)」

洋平先生「分からないです(笑)そんな磯部さんは2019年、どうでしたか?」

磯部先生「個人的なんですけどプライベートでニューヨークに行ったのが、今年初めてでして、
1週間半ぐらい自由に歩き回って、散策出来たのは凄く楽しかったですね」

20191224_alexgt03.jpg


洋平先生「楽しかったね〜」

磯部先生「リフレッシュもそうなんですけど、外に出て初めて分かる東京の良さみたいなのもあるじゃないですか」

洋平先生「そうなんですよ!最初の1週間くらいは“ニューヨーク楽しいね!”なんですけど、
2週間目くらいから“…味噌汁、飲みたいな〜”とか」

磯部先生「そうね(笑)」

洋平先生「ちょっと醤油の味が恋しくなったり。自分たちの事も改めて客観的に、俯瞰で、見れるような瞬間も外に行くとあったりするからね。
だから生徒のみんなも例えばバイトでお金を貯めて海外旅行に行くとか良いと思います」

磯部先生「どんどん行ったら良い!刺激を受けてもう“海外に家を買っちゃおうかな!”って思えばいい」

洋平先生「早い早い!(笑)」

磯部先生「でもそう思っても日本に住むんだったら、凄い意味があると思う。それぐらいインプットインプットで刺激を受けたら良いですよね」

洋平先生「そうですね!仕事でもプライベートでも海外に行くのは楽しいですから、今後もやっていきたいですね」

M. 12/26以降の年末ソング / [ALEXANDROS]

洋平先生「24日の今日に聴くと“この人たち、もうクリスマスを諦めてるんだな”感がハンパないですけど(笑)」

磯部先生「歳末感はありますよ」

洋平先生「そうだよね!クリスマスと言えども年末は年末ですからね。俺はね、良い歌詞だと思うんですよね〜」

磯部先生「良いと思いますよ」

洋平先生「凄い好きな歌詞があって‘眠たそうなコンビニ’っていう一節…」

磯部先生「出てくるね」

洋平先生「これって、我々が4人暮らしをしていた家の近くにあったコンビニの事なんですよ」

磯部先生「あー!あったね!」

洋平先生「某セブンイレブンの」

磯部先生「あ!そっちか!」

洋平先生「え?それ以外あったっけ?」

磯部先生「最寄りの…」

洋平先生「あ!あれはコンビニじゃなくてお酒しか売ってなかったじゃん!」

磯部先生「はいはいはい(笑)」

洋平先生「だから某セブンイレブンがモデルになってて、あそこでよくおでんとか買いに行ったな〜って。
で、年末はライブがあったりなかったりして…でも4人でしか過ごさなかったから、なんかそういう寂しい感じがこの曲を作っている時にあったんですよ」

磯部先生「なるほど」

洋平先生「だから『12/26以降の年末ソング』を聴くと当時の事を思い出しますね」

洋平先生「っという事で恒例の湯島天神の絵馬!」

磯部先生「今年もやって参りましたね」

洋平先生「これ、読み方は‘え↑ま→’なんですか?‘え→ま→’なんですか?」

磯部先生「‘え→ま→’じゃないですかね」

洋平先生「‘しゃ→け→’と同じですね?」

磯部先生「‘しゃ→け→’と同じですね(笑)」

白井先生「(笑)」

20191224_alexgt04.jpg


洋平先生「まーくん…笑うならもっと笑って!」

全員「(笑)」

洋平先生「ではせっかくですから絵馬ちゃんを磯部さんかヒロさんどっちか…」

磯部先生「“磯部さんかヒロさん”?」

洋平先生「(笑)」

磯部先生「では俺から…」

■受験生です!!
洋平先生こんばんは。
私は今高校三年生で、第1志望合格に向け勉強を頑張っています!
周りの友達がAOや推薦でどんどん進路先を決めていくし、自信のあった教科が前より模試で点数が安定しなかったりと不安が続く毎日です。
合格するためにはやはり自分の実力しか頼れるものしかないと思っていて、神頼みはあまり気が進まないのですが、どうしても自分の中でやる気が揺らいでしまうので、川上先生に必ず第1志望合格を勝ち取るとここで約束させてください!!
掲示板の書き込みを見るとライバルが予想以上にいる気がするのですが、私も上手くいったら川上先生、磯部先生の後輩になります!
進学したら、自分の目標である「地元で音楽フェスを開いて、[ALEXANDROS]をヘッドライナーとしてお迎えする」に向けて努力します!
girl L
女性/17歳/山形県


磯部先生「目指している大学が某…」

洋平先生「青山学院!」

磯部先生「RN girl Lさんに絵馬を書かせて頂きたいと思います!頑張ってください!」

白井先生「俺が選んだのは…」

■大学受験
洋平先生こんばんは。自分は6月のSleepless in Japan Tourのファイナル公演でパワーをもらって、そこから気持ちを切り替えて受験勉強に励んでいます。
勉強が嫌になりそうなときもありましたが、ドロスの曲で自分を奮い立たせてなんとか頑張ってこれました。
もう本番まで残り少ないですが、この12月自分を追い込んでなんとか合格を掴み取って
またドロスのライブに行きたいです!
洋平先生、応援お願いします!
wt
男性/18歳/群馬県


白井先生「こういうの良いよね!こっちもやってて“こういう生徒がいるんだ”なっと思えて…」

洋平先生「分かりました!今回は磯部さんと白井さんが責任を持って、それぞれの夢が叶うように…」

磯部先生「念を込めて込めて込めまくって書きます!」

洋平先生「もし叶わなかったら磯部さんが責任を…」

磯部先生「責任は取れないな!(笑)でも頑張って欲しいな!」

洋平先生「そうですね!Break a leg!ですね!」

磯部先生「俺が“Break a leg!”って言うと本当に足を折っちゃいそう(笑)」

洋平先生「…今のいかがでしたか?」

磯部先生「良かったと思いますよ(笑)」

洋平先生「(笑)」

磯部先生「‘Break a leg!’っていうのはことわざ的に‘頑張って!’って意味なんですけど、直訳すると‘足を折れ!’ってなっちゃいますからね」

洋平先生「みんな全力で“お前だけには言われたくねぇよ!”ってなりますね」

磯部先生「(笑)」

洋平先生「むしろ説得力があるかもね」

磯部先生「折っちゃった身ですから(笑)」

洋平先生「本当に折ったから逆に良い事あるかもしれない!」

磯部先生「俺が書いたら効力あるかもね(笑)」

洋平先生「来週は特別授業のため、アレキサンドLOCKS!お休み。
次に生徒のみなさんとお会いするのが来年の1月7日(火)!」

磯部先生「じゃあ今年最後の授業ですね」

洋平先生「最後か…寂しいね…」

磯部先生「早いもんですよ!」

洋平先生「次!回はアレキサンドLOCKS!毎年恒例の『新年1発目は何を流すのかクイズ』
正解者の中から抽選で、新年最初の授業で書く書初めをプレゼントさせて頂きます!
どしどし【アレキサンドロス掲示板】に予想を書き込んでください!」

磯部先生「もう2020年なんだね〜凄いね〜時は流れますね〜」

洋平先生「急にオッサン臭くならないでよ(笑)」

全員「(笑)」

磯部先生「20年ですよ…そんだけなんですけど(笑)」

洋平先生「ただのオッサン(笑)クリスマスイブに“20年は長いな”って言ってるだけのオッサン(笑)
さすがにバンドマンとしてNG出そうかな(笑)」

全員「(笑)」

洋平先生「ということで!今年もお世話になりました!
来年も頑張りたいという事で、生徒のみなさんからの悩み、相談、待っています!
僕に合格祈願の絵馬を書いて欲しい生徒は「#絵馬」を付けて書き込んで下さい!
「#しゃけ」でも大丈夫です(笑)
掲示板に書き込むのはちょっと…という生徒はメールからでもOKです!
それでは生徒のみなさん…」

全員「良いお年を!」

翌日、我が校の職員が、湯島天神へRN girl L、RN wtへの絵馬を奉納に行きました!

20191224_alexgt10.jpg

SCHOOL OF LOCK!

20191224_alexgt07.jpg

20191224_alexgt08.jpg

SCHOOL OF LOCK!

20191224_alexgt09.jpg

SCHOOL OF LOCK!


この後記の放送を聴く

聴取期限 2019年12月31日(火)PM 10:00 まで