SCHOOL OF LOCK!


この後記の放送を聴く

聴取期限 2020年3月10日(火)PM 10:00 まで



(カッ、カッ、カッ、チャイム……ガラガラ…)

洋平先生「進路室へようこそ!新型コロナウイルスの影響で世間はバタバタしておりますが、アレキサンドロス掲示板に届いた書き込みを紹介させて頂きます!」

■LIVE
洋平先生こんにちは。青山学院大学でのライブ延期になってしまいましたね。。もちろん他のライブも。
とても楽しみにしていたので残念ですが、振替公演を検討されていることがとても嬉しいです。でも今年受験生になり、ことが収束し振替公演が決まっても行けるかが分かりません。
とても悔しいですが、音源を聴いて待っていようと思います。洋平先生おすすめの映画も見ます。
いつか必ず会う日まで!!!
[yukiii]
女性/17歳/岐阜県


洋平先生「残念ながら、3月17日(火)と18日(水)に予定しておりました、我々の母校である青山学院大学でのワンマンライブ『[Alexandros] 10th Anniv.Live at Aoyama Gakuin University 〜Back In School!〜』が公演見合わせという形になってしまいました。
楽しみにしていたみなさんに本当に申し訳ないなと思いつつ、安全第一だなとも思います。
やっぱりライブって密集するというか、俺もお客さんに“歌えー!”とか言ってたりするので、マスクを着けてもらいながらライブを観てもらうのも、なんか違うのかなと。そこは気持ちよく観て欲しいし、楽しんで欲しいからね。
でも正直、振替公演がいつになるのか目途が立ってないのですが、必ずやりたいなと思います。そこは楽しみにしておいてください!」


M Philosophy (18祭Mix) / [Alexandros]


洋平先生「…色んなイベント事が無くなってきて“どうしたらいいんだろう”ってモヤモヤすると思うんですけど、そういう時こそ、どこかに残っている元気を最大限に発揮して明るくしていきたいなと、僕は思います。そんな本日は…」

(カッカッカッ…カッカッ…)

洋平先生「…そう。先生なんかは明るくしよう!と思って髪を明るくしましたね(笑)今回はピンクっぽくなりました」

(カッカッカッ…カッカッ…)

SCHOOL OF LOCK!


洋平先生「…卒業式!

洋平先生「この数週間、卒業を迎える生徒たちの色んな想いをアレキサンドロス掲示板で募集していました。しかもこの1週間で世間の様子も変わってしまいまして、卒業式自体が中止になったり縮小したりしてしまった生徒さんも多いかと思います。
でもみんなからたくさんの想いが届いているということもあり、この進路室では、予定通り行ないたいと思います!」

■高校3年間での出会い
高校3年間は早くてとても密度が濃かったです。
けれどコロナのせいで卒業式が保護者と在校生の参加がなく親に直接晴れ姿を見せられないのが1番の心残りです。心に残ったことは大好きな[ALEXANDROS]のライブに自分が稼いだお金でチケットを買って行ける事がとても嬉しかったです。ライブで学校を休んでも翌日には友達がノートやプリントを見せてくれたり先生までもが楽しかった?って聞いてくれるほど友達と先生に恵まれました。卒業は悲しいけれどみんな都内の大学や専門に進学するのでどこでも会えるねってポジティブに考えて新生活頑張ろうと思います!大学生になっても[ALEXANDROS]のライブに行ってたくさんのパワーを貰って頑張ります!私、卒業おめでとう!
[しろっぷ]
女性/18歳/神奈川県


洋平先生「ライブのために学校は休んじゃダメよ(笑)でも‘ポジティブに考えて新生活頑張ろう’って言っているRN [しろっぷ]はカッコイイと思うよ。‘私、卒業おめでとう!’って自分でお祝いしている姿も。そういうポジティブは大事だと思います。卒業、おめでとう!


■高校生活
洋平先生こんばんわ!初書き込みです!
僕にとって高校生活はあっという間でした。
遠足や修学旅行、学校祭など色々楽しいことがあったけど、やっぱり1番楽しかったのは友達とのたわいもない会話だなとしみじみ思います。
最後の1年は大学受験を通して、友達の大切さや先生方の僕たち生徒への思いを改めて実感しました。
そして僕はこの春から英語を学びに公立大学に進学するのですが、初めての一人暮らしでちょっと不安です。
けど、僕にはドロス先生の音楽がついてるからきっと大丈夫です…よね?笑
[Hisashi]
男性/18歳/徳島県


洋平先生「‘1番楽しかったのは友達とのたわいもない会話’って仰ってますけど、凄く分かります!
結局、そういう何でもない日の、何でもない帰り道の、何でもない会話。そういうのが1番、思い出に残ってたりするんですよね。だからRN [Hisashi]も5年後とか10年後とかふと思い出した時に“1日も無駄じゃなかった。友達とのくだらない会話も無駄じゃなかった”って思うと思う。
2年ほど前に公開された『日日是好日(にちにちこれこうじつ)』という映画があるんですけど、この映画もお茶を通じて、そういった事を発信しているんですね」




洋平先生「充実してたり一生懸命生きてたりすると、“あ、楽しかったな〜”って多くの機会で思えると思うし、それだけ成長しているって事だと思います。なので日々、毎日を楽しんで欲しいですね。卒業、おめでとう!


SCHOOL OF LOCK!


■高校卒業
洋平先生こんばんは!

私は3/2に卒業式を迎えます(国公立大後期対策で卒業式後も学校に登校しますが笑)
私は親が転勤族なので、生まれてからずっと引っ越しを繰り返していたため幼稚園と小学校が3校ずつ、中学校も2校通いました
ですが高校では転校しなかったので、今回初めて念願の「入ったところを出る」を経験します笑
途中からではなく3年間ずっと“同じ仲間”と過ごせた嬉しさや楽しさが大きいだけに、今まで以上に離れてしまう寂しさも大きいです

そんな高校3年間と常に共にあったのがドロックスでした
楽しかった日も辛かった日も、ムカついた日も修学旅行の日も欠かさず聞き続けました笑
高校は卒業しますが、ドロックスはまだまだ登校し続けます!!

これからもよろしくお願いします!!!
[大王は青リンゴがお好き]
女性/18歳/新潟県


洋平先生「嬉しいですね。高校を卒業してもドロックスを聴いてくれるってのは。ちょっと逆電してみようかな。もしもし!」

[大王は青リンゴがお好き]「もしもし」

洋平先生「アレキサンドLOCKS!の川上洋平と申します」

[大王は青リンゴがお好き]「新潟県18歳RN [大王は青リンゴがお好き]です」

洋平先生「(笑)何て呼んだらいいかな?青リンゴでいいかな?」

[大王は青リンゴがお好き]「はい(笑)」

洋平先生「昨日、卒業式だったという事でおめでとうございます」

[大王は青リンゴがお好き]「ありがとうございます!」

洋平先生「出来て良かったね!どんな卒業式だった?」

[大王は青リンゴがお好き]「いつもは在校生も参加して大きな感じなんですけど、縮小して、在校生と来賓がカットで時間も短縮して行なわれました」

洋平先生「そうか。でも卒業式として出来て良かったと思うよ。青リンゴは転校が多かったんだよね?」

[大王は青リンゴがお好き]「多かったです!」

洋平先生「でも高校は3年間通えたという事で、良かったね〜」

[大王は青リンゴがお好き]「はい!良かったです!」

洋平先生「深い仲の友達も出来たんじゃないですか?」

[大王は青リンゴがお好き]「はい!」

SCHOOL OF LOCK!


洋平先生「じゃあ何も心残りなく卒業出来た?」

[大王は青リンゴがお好き]「それが…この間、親友とケンカしちゃって」

洋平先生「マジで!?」

[大王は青リンゴがお好き]「仲直り出来ないまま、卒業しちゃったんですよ」

洋平先生「えぇーーーー!そんな事は微塵も感じさせない書き込みだったのに」

[大王は青リンゴがお好き]「(笑)えっと卒業旅行の行き先でもめちゃって、そのまま行く行かないってなって…」

洋平先生「(笑)それはもったいないよ!仲直りしなきゃ」

[大王は青リンゴがお好き]「(笑)」

洋平先生「“前から言いたいことがあってさ〜”みたいな鬱憤爆発ではないよね?」

[大王は青リンゴがお好き]「そうではないです」

洋平先生「じゃあこれは、卒業しちゃったとはいえ、やっぱ3年間同じ学校に通った仲間って絶対に一生の友達だから…今日、仲直りした方がいいんじゃない?」

[大王は青リンゴがお好き]「仲直りするきっかけが分からなくて…」

洋平先生「きっかけなんて“ゴメン!くだらない事でムキになっちゃった”ってそれでいいのよ!別にどっちが悪いとかないと思うんだけど、どっちかが折れないととは思うのよ。青リンゴが卒業旅行でテーマパークに行きたいって強く押したりした?」

[大王は青リンゴがお好き]「最初に強く言うと、角が立つと思って。でもそれで伝わらなかったからハッキリ言ったら、突然言ったことになってて…」

洋平先生「言った言わないだ?」

[大王は青リンゴがお好き]「そうです(笑)」

洋平先生「俺もあるのよ。‘言った言わない’論争(笑)」

[大王は青リンゴがお好き]「(笑)けっこうその親友も私と似た感じなので“絶対言ってない”みたいな…」

洋平先生「俺とBa.磯部さんもそうですよ(笑)」

[大王は青リンゴがお好き]「(笑)」

洋平先生「でもそうだとしても、まずは自分から“ほんとゴメン!言い過ぎた所があったから、仲直りしたいな”って。“このままバイバイするのも嫌だしこれからも友達でいたいから仲直りしたいです。ゴメン!”って言えば分かってくれると思うよ?」

[大王は青リンゴがお好き]「はい」

洋平先生「今から電話すれば?」

[大王は青リンゴがお好き]「…そうですね」

洋平先生「でも卒業旅行は行った方がいいと思う。行ける範囲ならどこでもいいから」

[大王は青リンゴがお好き]「はい!ありがとうございます」

洋平先生「RN [大王は青リンゴがお好き]。卒業、おめでとう!


M For Freedom / [Alexandros]


SCHOOL OF LOCK!


洋平先生「RN [大王は青リンゴがお好き]も好きだというこの『For Freedom』のように自由に羽ばたいて欲しい!
そして青リンゴ含めて、本日書き込みを紹介した生徒には卒業記念品をプレゼントしたいと思っています!渡すからね!卒業証書を手渡す瞬間を切り取って、お送りしますので楽しみにしておいてください!
今夜は、予定通り!毎年恒例の“進路室卒業式”やってきましたが…、まだまだ、みんなの想いのつまったメッセージを紹介しきれない!
ということで、来週のアレキサンドLOCKS!も“進路室卒業式”やっていきたいと思います!

この後記の放送を聴く

聴取期限 2020年3月10日(火)PM 10:00 まで