男女を超えたキズナ!逆電で伝えるアメリカへ留学する仲間への想い!

SCHOOL OF LOCK!

この後記の放送を聴く

聴取期限 2020年2月28日(金)PM 10:30 まで



田邊先生「今日ね、ブルエン先生の教室の机の上にですね、1通の手紙が届いていたんです。ちょっと読んでみていいですか?」

SCHOOL OF LOCK!


拝啓、BLUE ENCOUNT先生

こんばんは。Mattです。

楽曲制作は進んでいますか?
先ほどCMで流れたように、ボクの楽曲制作は順調に進んでいます。

さて、ボクがプロジェクトリーダーを務める『親子のキズナプロジェクト Supported by 親子のワイモバ学割』に関して、新しいお知らせがあります。

なんと、生徒がくれたキズナメッセージをもとに、プロの漫画家さんがマンガ化してくれることになりました。
早速、これまで紹介したメッセージをもとにしたマンガが本日アップされています。

さらに、人気YouTuber、コバソロさんも、みんなのメッセージを元に楽曲を作ってくれることになりました。

こんな感じで、プロジェクトはどんどん盛り上がってきています。
Mattより


田邊先生「Matt様先生、ありがとうー!漫画家さんによる漫画、すごいねー!そして、YouTuberのコバソロさんも楽曲を制作してくれるということで!」

高村先生「広がっていってるねー!」

SCHOOL OF LOCK!


田邊先生「最初はブルエン先生の楽曲制作で盛り上がっていたんですが、Matt様先生、さらにコバソロさんも…。これ、どんどん敵が増えていってない?笑」

全員「いやいや仲間だから!笑」

田邊先生「すみません!笑思わず、インディーズの頃の血が騒いでしまいました!笑」

辻村先生「今、目が血走ってたから!笑」

SCHOOL OF LOCK!


田邊先生「ライブハウスで対バンしてる感じになっちゃいました!笑 ということで、数々の素晴らしい仲間が手を上げていただいて、このプロジェクトを盛り上げていただいています!漫画はすでに『親子のキズナプロジェクト Supported by 親子のワイモバ学割』特設サイトにアップされているということで、是非チェックしてみて下さい!」

田邊先生「さぁ今夜も、生徒の君のまわりにある”キズナ”にまつわるエピソードを聞いて、 みんなで”キズナ”とは何なのか考えながら、 『キズナ感謝祭Supported by親子のワイモバ学割』で我々BLUE ENCOUNTが初披露する、“キズナソング”のタネを見つけていきたいと思います! まずは書き込みから紹介していきましょうか!」

学級の皆との絆
中学2年になった時、中学生になって初めてのクラス替えになりました。クラス全体の団結力はそこまで無く一人一人が個人で動くことの多いクラスでした。ですが、3年生になりこれまでの多くの行事や席替え、修学旅行を経験してクラスの絆は少しずつ良くなっていき、今では皆で行動することが多いクラスになりました。僕はこのクラスで本当に良かったと思っているしこの絆が何年後も続いて欲しいと思っています。ちなみにですが、この間テレビに出ている田邊先生を見て僕の母が「この人可愛い顔してるイケメンだね、タイプだわ」と言っていました。これも僕の母と田邊先生の絆のはじまりなんじゃないでしょうか。
YUYA!!!!!
男の子/15歳/北海道


田邊先生「最後のエピソードのおかげで、その前のエピソードが全然入ってこなかったですけど…笑」

江口先生「最後の1番いらないキズナエピソードだったね!笑」

SCHOOL OF LOCK!


田邊先生「いやいや!笑」

辻村先生「急にお姉様が出てきたね!笑」

田邊先生「えー、お母様。年の差なんて関係ありません。お母様とのキズナは今日からはじまったということです。」

高村先生「田邊ユウヤになるのかな〜?」

田邊先生「それだと江口先生もユウヤだから…」

江口先生「なんかぐちゃぐちゃになっちゃう!笑」

SCHOOL OF LOCK!


田邊先生「ちょっとムズムズっとしましたけど。笑まぁいつまでたってもなくならないのが”キズナ”でもあるのかな〜ということで、書き込み、ありがとうございます!」

全員「RN YUYA!!!!!、ありがとう〜!

田邊先生「続いては、生徒と電話してみたいと思います!もしもし…!」

生徒「もしもし!新潟県、17歳、ドンキーコングDXです!」

田邊先生「ど偉い名前を掲げてきたな!笑 今、何してた?」

RNドンキーコングDX「テスト勉強してました!」

田邊先生「そういう時期か!調子はどう?」

RNドンキーコングDX「いや…うん…ダメですね。笑」

田邊先生「こっから挽回できるよう、頑張っていこうな!書き込んでくれたのは、誰との”キズナ”?」

RNドンキーコングDX「同級生の友達です!」

全員「おー!同級生!」

SCHOOL OF LOCK!


RNドンキーコングDX「小学校のときは内気であまり友達ができず、1人でいる時間も多かったんです。中学校に入ってからも、新しい友達ができず憂鬱な学校生活が続いていたんですけど、その子と同じ班になって、何度も話しかけてくれて仲良くなり、他の友達もできて、内気な部分も結構改善されていきました!」

田邊先生「そうなんだ!その子は男の子?」

RNドンキーコングDX「いや、女子です!」

田邊先生「女子なんだ!その子のおかげで、学校生活はどう変わった?」

RNドンキーコングDX「今は学校がすごく楽しくて!」

全員「おー!!!」

田邊先生「じゃ、その子とも「今日テストどうだった?」とかも話してるの?」

RNドンキーコングDX「いや、今はクラスが違うので…」

田邊先生「そっかそっか!学校はどういう感じなんだっけ?」

RNドンキーコングDX「中高一貫校です!」

田邊先生「てことは、最初にできた友達が青春の終わりまで一緒にいるってことだからな〜。すげぇいい話だな〜。」

RNドンキーコングDX「そうなんですけど、冬休みに友達みんなで集まって遊びに行ったんですよ。その時、その子から突然、「留学する」って言われました。

田邊先生「え!?どこに?」

RNドンキーコングDX「アメリカに。」

田邊先生「なるほど。それは来年からってこと?」

SCHOOL OF LOCK!


RNドンキーコングDX「今年の8月から行くみたいです。」

田邊先生「えー!まじでか。もう、あっという間じゃん。」

RNドンキーコングDX「そうなんですよ。」

田邊先生「それをみんなで集まったときに言われたんだ。」

辻村先生「それを言うための集まりだったのかもしれないね。」

SCHOOL OF LOCK!


田邊先生「言われたときはどう思ったの?」

RNドンキーコングDX「その時、「さびしい?」って聞かれたんですけど、心配かけまいと思って咄嗟に「さびしくない」って言っちゃったんです。でもよくよく考えると、一緒に卒業できるもんだと思っていたので、さびしいなぁと。」

田邊先生「これはめちゃくちゃさびしいよ!」

高村先生「本当はさびしいってことは、まだ伝えてないのかな?」

RNドンキーコングDX「伝えてないです。」

辻村先生「それ伝えないと、あっちからしたら「え?さびしくないんだ。」ってなっちゃうよ!」

田邊先生「でもあれだぞ。彼女は気持ち的にちょっと背中を押してほしいんじゃないかなって思うぞ!」

辻村先生「彼女もやっぱりさびしいからね。それこそ、そういう楽しい時間があるのをわかっているのに、1人で行かなきゃいけないっていう気持ちはあると思うから、そこは優しく背中を押してあげるつもりでいった方がいいんじゃないかな?」

田邊先生「せっかく今日一緒に電話して、”キズナ”のこと話し合ってるから、お前の気持ちを彼女にぶつけちゃおうよ!オレらも全力で応援するから!」

RNドンキーコングDX「はい!」

RNドンキーコングDX「中1からの付き合いで、あともう少しで離れると思うとさびしいです。あなたに出会えてたくさんの友達ができ、小学生の頃より性格が明るくなったり、友達の前で本当の自分を出せるようになりました。自分の言葉では少し照れくさいので、ブルエン先生の歌詞を引用させていだきます。“あなたに出会えて本当に変われた。心からありがとう”

田邊先生「素晴らしい。ありがとう。言えたな!声が急に男らしくなった!」

全員「わかる!」

田邊先生「しかもオレたちの歌詞も使ってくれて。気持ちは少しはラクになった?」

SCHOOL OF LOCK!


RNドンキーコングDX「ラクになりました!」

田邊先生「彼女に「この日のブルエンLOCKS!聞いてよ!」って言ってみな?「とーやま校長がおもろいこと言うらしいよ」くらいの感じで!笑 その子に対して、女の子として好きとかはないの?」

RNドンキーコングDX「全然ないです!」

田邊先生「それもそれで、今日しっかり聴いてもらって、渡米する時にこれを覚えといてくれれば、「あん時のあいつ、ツンデレだったんだな。」くらいの感じで飛び立てると思うから。今もこれからも彼女のことを応援したい気持ちは変わらないよな?」

RNドンキーコングDX「はい!」

田邊先生「しっかり応援してあげて下さい!オレたちも音楽で彼女のことを応援できるよう頑張るから!一緒に応援していこうな!」

RNドンキーコングDX「はい!」

田邊先生「勇気持って電話してくれてありがとう!」

全員「ありがとう!」

SCHOOL OF LOCK!


RNドンキーコングDX「ありがとうございました!」


M. THANKS / BLUE ENCOUNT


田邊先生「”男女を超えた仲間”っていう”キズナ”もあるね。」

辻村先生「だからこそ、ふざけあったり、いろいろ意見を言い合えたりできるのかもね。」

田邊先生「時を経ても全く変わらない”キズナ”っていうのは、男女問わず、年齢問わずあるんだなっていうのが、今日よくわかりました。楽曲のタネも見つかった気がします。

実は”キズナソング”、ちょっとずつ取り掛かっています!歌詞もちょっとずつ書いてますからね!引き続き、”キズナエピソード”は[ ブルエン掲示板 ]からお待ちしています!」

田邊先生「よっしゃ!今日も黒板行くぞ!『キズナ感謝祭Supported by親子のワイモバ学割』まで、あと…!」

【30日】!!!

SCHOOL OF LOCK!


SCHOOL OF LOCK!


この後記の放送を聴く

聴取期限 2020年2月28日(金)PM 10:30 まで

ブルエンLOCKS! 放送後記

もっと見る

教室一覧

ページトップへ戻る