生徒のみんなにオススメしたい作品を紹介!!


SCHOOL OF LOCK!


この後記の放送を聴く

聴取期限 2019年10月31日(木)PM 10:00 まで



(チャイム〜♪ ガラガラガラ・・・)


タイトル:レーゾンデートル

レーゾンデートル聴きました!
Eve先生の曲は、人間の醜い暗い部分を描いていながら、
それも全部肯定して前進しようとする力強さや前向きなところもあって、
いつもそれに救われています。
曲ももちろんですが映像も本当に綺麗で釘付けで、
3分の動画なのに映画を観たかのように感じます。
歌い方がいつもとちょっとだけ違うように感じました
何か意図があったりするのでしょうか...?

リリカ
女性 17歳 岐阜県


Eve「なるほど。まあなんかいつもは、丁寧というかちょっと無機質だったりっていうのはよく言われるんですけど、サビとか最後らへんとかは、こうちょっと剥き出しのヒリヒリした、痛いぐらいな粗さというか、なんかそういうものを歌で見せられるといいな、みたいなのはなんとなく感じながら歌いましたね。」

Eve「MVもホントに素晴らしくて。黄色・赤・青っていう色が出てくるんですけど、信号機になぞらえられていて、心の移り変わりみたいなものを信号で表していたりもするので、そういう部分を読み取ってもらえるのはすごく嬉しいですね。」

Eve「たくさん聴いてもらえているみたいですごく嬉しいです。それでは今夜も、授業をしていきたいと思います。」

Eve「SCHOOL OF LOCK! の生徒のみなさんこんばんは。異文化の講師Eveです。昨日はですね、”レーゾンデートル”配信リリースを記念して無料招待ライブ ”CANDY” が ”渋谷WWWX” でありました。」

Eve「来てくださったみなさん、ご来場ありがとうございました。是非ね、感想とかも掲示板に書き込んでもらえると嬉しいなと思います。」

Eve「そしてですね、昨日、アルバム発売の発表をしました。 2020年2月12日ですね。タイトルは ”Smile” 。”おとぎ” から、ちょうど1年ぶりとなるアルバムですね。」

Eve「まだまだここからいろんな詳細が出て明らかになっていくと思うので、待っていただけたら嬉しいなと思います。予約も開始されてるので、是非予約してもらえると嬉しいです。」

Eve「さて、今夜の ”Eve LOCKS!” は、この異文化の授業に参加してくれている生徒のみんなにオススメしたい作品を紹介したいと思います。」

Eve「まあなんか僕はね、特に映画が好きで、オススメするってなったら映画になりがちなんだけど、今日はせっかくなので映画以外のものを紹介できたらいいなと思っていまして・・・」

Eve「まずは”漫画”。」

Eve「漫画も割と読む方ではあるんですけど、紹介する作品は ”地獄楽” 。”少年ジャンプ+” で掲載されている ”賀来ゆうじ” さんが原作の漫画で、主人公である抜け忍の画眉丸を中心に描いた忍術ダークファンタジー活劇です。」

Eve「多分、知っている方は ”あ、Eve好きそう。”って思うかもしれない。すごい好きなんですよ、笑」

Eve「主人公が忍で、”最強の忍” と恐れられているわけなんですけど、最愛の妻 ”結” という方がいて、静かな生活を望んでいるんですよ。だけどひょんなことから捉えられて、それから死刑を宣告されるわけですね。」

Eve「それで無罪放免する代わりに、極楽浄土と噂されるような土地にある不老不死の薬を手に入れるように言い渡されて画眉丸は旅をする・・・今も “少年ジャンプ+” でやってるんですけど、すごく面白くて、世界観もちょっとダークな感じもあって、あとは登場人物がすごく個性的なんですよ。」

Eve「この主人公も、自分の体温を上げて皮膚を発火させて人間離れした忍法を使ったりするんですけど、それもすごくかっこいいし、なんか様々な個性を持った人物が登場して、物語を盛り上げていくっていう・・・激しい戦闘シーンもあったり、ちょっとグロい要素もあったりして僕はすごい好きなんですけど、」

Eve「でまたね、この画眉丸っていう主人公がすごく良くて。すごい強いんですけど心は空っぽというか、人間としての感情を許したことがなかったんだけど、婚約者の ”結” さんに出会って、その優しさに触れて、愛情を感じることができる人間になるっていう。」

Eve「婚約者の ”結” さんが、がらんどうであった彼に人として生きる光を与えるっていうのもすごいいいなあって思いながら・・・主人公にもすごく魅力があって、今読んでるオススメの漫画です。なんかこういうの紹介するのすごい下手くそなので、とりあえす読んで欲しい。僕があーだこーだ言わないほうがいいなって、笑」

Eve「そして次。もう一つ紹介したいものは”小説”。」

Eve「最近 ”道尾秀介” さんの “いけない” という小説を読んで、ちょうどHOTなので紹介したいなと思うんですが、」

Eve「”道尾秀介” さんは僕すごい好きで、昔 ”向日葵の咲かない夏” っていう作品がすごい人気で、僕はそれきっかけで道尾さんを知ったんですけど、今回のこの ”いけない” っていう作品は4つの章に分かれていて、それぞれ1章、2章、3章、そして最終章ってあるんですけど、そのタイトルもまずすごい惹かれるんですよ。」

Eve「第1章”弓投げの崖を見てはいけない”、第2章”その話を聞かせてはいけない”、第3章”絵の謎に気づいてはいけない”、最終章”街の平和を信じてはいけない”ってこう、4つの章に分かれているミステリー小説なんですけど、それぞれの章の特徴として、最後の1ページをめくると物語がガラリと変貌する仕掛けがあるんですね。本当の真相が浮かんでくるんですよ。」

Eve「でさらにね、その最終章を読み終えると、それまでの章が分かれていたように思えていたんだけど、物語すべてが繋がってまたさらに新たな真相に辿り着くっていうトリックになっているんです。」

Eve「すっごい面白くて、各章の最後に1枚の写真が掲載されているんだけど、それがすごく重要になっていて、この本を読んでいく中で、これがあることによって見えてくるものが全く違う。だから2回目読むとまた全然別物として見えてくるんです。」

Eve「だけど、真実は見えてくるんだけど全てじゃなくて、ある程度読者の想像に委ねられているところも面白くて・・・考察が進むわけですよ。僕はそういうのが大好きなので、とにかく読んで欲しい1冊です。」

Eve「謎解きが好きな人とか、あとはホラーというか、そういうのが好きな人とか、あとは騙される快感とわかった時の快感みたいなのが好きな人。絶対騙されるので、騙されるとわかってても騙されるので、そういう快感が好きな方はオススメです。」

Eve「僕はあんまり小説は、活字とか結構苦手なんですね。昔から読んでこなかったので。だけどすごく読みやすくてさらっと読めちゃったので、あんまり普段本とか読まない人でもオススメの1冊だと思います。これもね、僕が紹介しても全然魅力が伝わらないので、読んでくださいとしか言いようがないですね、笑」

Eve「というわけでね、今日は漫画 ”地獄楽” と ”道尾秀介” さんの “いけない” という小説を紹介したんですけど、是非生徒のみんなも、なんかオススメの・・・なんでもいいですよ、小説でも漫画でも映画でも、音楽でも、なんでもいいのでオススメしたい作品があれば是非送ってきて欲しいと思います。」

M バウムクーヘンエンド / Eve

Eve「そして最後に、今週のエンドカードを紹介します。本日10月31日、ちょうどハロウィンの絵がきております。」


SCHOOL OF LOCK!



Eve先生こんばんは!
今回はハロウィンの仮装をしたEve先生と
人外たちを描いてみました!
モノクロの人外たちをカラーで描くのが
楽しかったです!
Eve先生に気に入ってもらえたら嬉しいです^_^

透明な青
女性 16歳 鹿児島県


Eve「”透明な青”さんがハロウィンの絵を送ってきてくれました。もう、毎度僕のエンドカードを送ってくれる方”認定”みたいになっちゃった、笑 ハロウィンだー!すごーい。人外もすごいハロウィン仕様になっていて可愛らしい。カボチャだ。ありがとう!」

Eve「それでは、本日のEve LOCKS! はここまで、異文化の講師Eveでした。」


SCHOOL OF LOCK!



ゆる募「Eveが絶対に言わないこと」

生徒から「Eve先生を思いっきり笑わせる授業をやって欲しい!」
という要望を受け、ゆるっとはじまった「大喜利」!

Eve LOCKS!大喜利 第二回のお題は・・・
Eveが絶対に言わないこと

Eve 掲示板に、 #大喜利のタグをつけて書き込んでください。
あくまでゆる〜く募集!
面白い答えが集まったら大喜利の授業を行う予定!
ゆる〜く楽しみにしていてください。

この後記の放送を聴く

聴取期限 2019年10月31日(木)PM 10:00 まで

Eve LOCKS! 放送後記

もっと見る

教室一覧

ページトップへ戻る