「レーゾンデートル」発売記念招待ライブ「CANDY」に来てくれた生徒に逆電!!


SCHOOL OF LOCK!

この後記の放送を聴く

聴取期限 2019年11月14日(木)PM 10:00 まで




(チャイム〜♪ ガラガラガラ・・・)


タイトル:Smile!絶対買います!
ニューアルバム発売決定おめでとうございます!びっくりして、私もSmileになりました!
「文化」と「おとぎ」は通常盤を買ったので、今回のアルバムは自分にとってもいい記念になるかなと思い、初回限定盤やセルフカバーが入ってるやつを選んでみようと思います(*´ڡ`●)


雨花*Ameka*
女性 16歳 山口県


Eve「先週ね、来年2020年2月12日にアルバム”Smile”をリリースすることをライブで発表して、その後すぐに告知をしたんですけど、アルバムの詳細も出まして特設サイトも公開しまして、みんな見ていただけたかと思います。」

Eve「今回も、通常盤とタイトルにちなんで”スマイル盤”と2種類出すことになってまして、まだ追ってお知らせできる詳細もあったりするんですけど、この間いっぺんに割とたくさんいろんな情報が出て、特に店舗特典とかいっぱいあるじゃないですか、だからちょっと迷ってる方もいるかと思うんだけど、まずはアルバムを手に取ってほしいと思います。」

Eve「タワレコ、アニメイト、TSUTAYA、HMV、ヴィレバン、Amazonといろんなところで取り扱いがある中で、一つだけ特典をつけるとかそういう贔屓っていうのはいろんな事情でできないわけで、でもじゃあやるからには色々やりたいな、とこだわったらこうなったっていう感じなんだけど、笑」

Eve「まあでも本当に、セルフカバーもそうだし、ラジオだったりラバーバンドだったりチケットホルダーだったり色々あるんだけど、どれを買っても満足のいくアルバムには仕上げようとこれから年内で仕上げていこうと今進んでいるので、是非、楽しみに予約して待っていただけたらいいなと思います。じっくり悩んでください。」

Eve「SCHOOL OF LOCK! の生徒のみなさんこんばんは。異文化の講師Eveです。”レーゾンデートル”発売記念招待ライブ”CANDY”が先月末、ハロウィンの時期にありまして、来てくださった方ありがとうございました。」

Eve「始まってみるとあっという間で、演出とか映像も使わずにライブもすごくシンプルだったんですね、ライブハウスですごくお客さんとの距離も近いっていう。だからお客さんの顔もすごい見えて新鮮だったし、熱をいつもより感じられた気がします。」

Eve「来られなかった方もたくさんいると思うんだけど、今夜は、そのライブ”CANDY”に来てくれた生徒に電話していきたいなと思います。」


Eve先生こんばんは!
CANDY当選しました…!!自分は10月28日誕生日なので最高の誕生日プレゼントをいただきました…!


ひな鳥彩萌(あやめ)
女性/14歳/千葉県


Eve「おー!じゃあちょっと、この方にかけていきたいと思います。」

Eve「もしもし?」

ひな鳥彩萌「もしもし」

Eve「あ、初めましてEveです。」

ひな鳥彩萌「千葉県14歳、ラジオネーム”ひな鳥彩萌”です。」

Eve「”彩萌”さん、”CANDY”来てくれてありがとう。誕生日おめでとうございます!」

ひな鳥彩萌「ありがとうございます!」

Eve「ライブは、一人で来てくれたんですか?」

ひな鳥彩萌「行きは親についてきてもらって、会場内は一人で、」

Eve「親御さんがちゃんと送り迎えをしてくれたんですね。」

ひな鳥彩萌「はい。」

Eve「ありがとうお母さん・・・」

ひな鳥彩萌「(笑)」

Eve「ライブ、すごい距離も近くて、どの辺にいたんですか?」

ひな鳥彩萌「真ん中寄りの左らへんで、前の列から4番目か5番目ぐらいに、」

Eve「あー、じゃあもう近いな。」

ひな鳥彩萌「めちゃめちゃ近かったです!」

Eve「めちゃめちゃ近かったよね、笑 いやーほんとありがとうございました。ライブどうでした?楽しかった?」

ひな鳥彩萌「ライブは”CANNDY”で3回目だったんですけど、今までのライブよりも本当に近くて、ずっとEveさんのことを見れてて、」

Eve「そうだよね。僕も同じことを思ってました。”すごい人の顔がはっきり見える”っていう、笑」

ひな鳥彩萌「はい、笑」

Eve「でもなんかそれぐらい近いと、お客さんがどんな聴き方してくれてるとか、どう盛り上がってくれてるとか・・・僕イヤモニっていうのを耳に入れて歌っているので、大きい会場とかだとあんまりお客さんの歓声とかまで入ってこないんですよ、音を拾わなかったりして。でもそれも関係ないぐらい相当音拾ってて”おおすげぇー!”ってなりました。本当に楽しかったです。」

Eve「なんか印象に残っていることとか、曲だったりとかありますか?」

ひな鳥彩萌「えっと、やっぱりアンコールの”お気に召すまま”、」

Eve「あ、よかったよね。」

ひな鳥彩萌「はい!間奏でみんなで観客一体となって手拍子するところがめちゃめちゃ楽しかったです。」

Eve「ありがとうー!楽しかったよね!やっぱりあっという間だったから、10曲ちょっとしかなかったから、アンコールに出てきた時みんなまだまだ元気そうで、”お気に召すまま”で頑張って疲れようとしてくれた感じあった、笑」

ひな鳥彩萌「(笑)」

Eve「盛り上がりがすごかったね本当に。僕もあの曲はすごい楽しかったです。」

ひな鳥彩萌「はい!」

Eve「また是非ね、冬、それからまた来年もやると思うので時間あったら遊びにきてください。」

ひな鳥彩萌「はい!」

Eve「また何かあったら書き込みしてください。ありがとねー!」

ひな鳥彩萌「ありがとうございました!」


Eve「いやすごかった、アンコール。今回のセトリは初披露の新曲を3曲やったんですけど、その3曲を入れたいなと思ってセトリを組んでいって。無料ライブといえどね、ちゃんとバンドを置いて、アップテンポなものもあればちょっとミドルなものもあってっていう構成を意識しながら作っていきましたが、あっという間でしたね、笑」

Eve「じゃあちょっと続いて、いってみましょう。」


無料ライブ「CANDY」お疲れ様でした!
いつもよりグッと近い距離で一体感を感じるライブでした。
初披露となる「レーゾンデートル」から始まり、あっという間すぎる1時間でした。特にアコースティックギターでの「闇夜」と「君に世界」が幻想的で、まさに開いた口が塞がらない状態でした笑笑
そして、newアルバム「Smile」発売決定おめでとうございます!今度はどんな世界が待っているのか楽しみです。

君に世界が大好きな春
女性 15歳 神奈川県


Eve「なるほど、じゃあ早速電話していきたいと思います。」

Eve「もしもし?」

君に世界が大好きな春「もしもし」

Eve「初めましてEveです。」

君に世界が大好きな春「初めまして、神奈川県15歳”君に世界が大好きな春”です。」

Eve「あーー、”君に世界”が好きなんですか?」

君に世界が大好きな春「大好きです!」

Eve「ありがとう!”CANDY”来てくれたんですね。」

君に世界が大好きな春「はい!」

Eve「ありがとうございます。嬉しいー! 一人で来てくれたんですか?」

君に世界が大好きな春「はい!一人で行って、下手の一番前だったのですごい目があったなって、笑」

Eve「ああ!最前ですか!すごい。それはじゃあ相当近かったですね。僕もびっくりするぐらい近いなと思いながら、笑 いやぁ、ありがとう。一人でね、渋谷まで。」

君に世界が大好きな春「いえ、ありがとうございます。」

Eve「ライブどうでしたか?印象に残ってることとか、曲とか、」

君に世界が大好きな春「えっと、特に”闇夜”と”君に世界”がアコースティックギターを使っての演奏だと思わなくて、すごいそこが感動しました。」

Eve「ありがとう。そうだね、セトリの真ん中らへんでやりましたね。”闇夜”と”君に世界”を続けてアコギ持ってやったんですけど、ああいう曲をライブでできるっていうのはいいですよね。僕はああいうのもすごい好きなので、」

君に世界が大好きな春「はい。」

Eve「で、”闇夜”なんかは今回初めてだったんですよ。だからすごい感慨深かったですね。あと”春”さんの好きな”君に世界”もできたので、」

君に世界が大好きな春「あのタイミングで歌うとは思いませんでした。」

Eve「あーたしかにそうかも。前のツアーでは最後に歌ったんですけど、今回は真ん中に入れてみました、笑」

君に世界が大好きな春「ずっと手を振ったりとかしてたんですけど、”君に世界”になった時はもう固まって、ずっとぼーっと聴くことしかできないぐらい感動して、」

Eve「嬉しい。ありがとう。僕のライブは初めてですか?」

君に世界が大好きな春「ワンマンライブは、”CANDY”入れて3回目です。」

Eve「あ、そうだったんだ!ありがとう本当!またなんか、冬とかもあるし来年もやると思うので、是非遊びに来てください。」

君に世界が大好きな春「はい。東京行きます!」

Eve「あと”Smile”もよろしくね。」

君に世界が大好きな春「はい!」

Eve「ありがとう。」

君に世界が大好きな春「ありがとうございます。」

Eve「直接感想とか言われるとちょっと恥ずかしい気持ちにもなりますが、すごい嬉しいですねやっぱりね。どういう気持ちになってくれてるのかな、とかも直にわかるので。半年ぐらい空いてたんですけど、やっぱり久々にライブやれてよかったなと思いましたね。」

Eve「次の新しいアルバム”Smile”、これからレコーディング期間に入っていくんですけど、なんとなくこう、レコーディング入る前にライブやれたのはちょっとよかったかなっていう風に思います。」

Eve「来週も、時間があったら逆電しようかなと思うので、よかったら SCHOOL OF LOCK! のEve掲示板に書き込んでみてください。」

Eve「そして最後に、今週のエンドカードを紹介したいなと思います。」


SCHOOL OF LOCK!



Eve先生ライブ「Candy」お疲れ様でした!
飴ちゃんを描いてみました🍬


ななげつ
女性 14歳 東京都


Eve「ということでね、嬉しいー!”CANDY”のメインビジュアルを今回田ヶさんに描いていただいたんですけど、その”CANDY”をモチーフにして今回”ななげつ”さんが描いてくれてます。ありがとう。」

Eve「それでは、本日のEve LOCKS! はここまで、異文化の講師Eveでした。」

M バウムクーヘンエンド / Eve


SCHOOL OF LOCK!



ゆる募「Eveが絶対に言わないこと」

生徒から「Eve先生を思いっきり笑わせる授業をやって欲しい!」
という要望を受け、ゆるっとはじまった「大喜利」!

Eve LOCKS!大喜利 第二回のお題は・・・
Eveが絶対に言わないこと

Eve 掲示板に、 #大喜利のタグをつけて書き込んでください。
あくまでゆる〜く募集!
面白い答えが集まったら大喜利の授業を行う予定!
ゆる〜く楽しみにしていてください。

この後記の放送を聴く

聴取期限 2019年11月14日(木)PM 10:00 まで


Eve LOCKS! 放送後記

もっと見る

教室一覧

ページトップへ戻る