永野芽郁写真

永野芽郁第1週目GIRLS

毎月4週目の女子クラスに登校してくれることになった【永野芽郁】ちゃん!
3月公開の『ひるなかの流星』で映画初主演を務めると、4月には『PARKS パークス』『帝一の國』、5月には『ピーチガール』、秋には『ミックス。』への映画出演と、2017年もその勢いはとどまるところを知らない!あの『UQmobile』のCMが頭から離れない生徒も多いはず!
そんな芽郁ちゃんがラジオの中の学校では、DJ、ムチャぶり演技、モノマネ、川柳・・・!? 生徒のみんなと同じ、10代真っ只中の芽郁ちゃんが登校する女子クラスをお楽しみに!

オフィシャルTwitter
オフィシャルBlog
オフィシャルInstagram

卒業おめでとう!!
みんなと声で自由に繋がった、めいめいの1年半!

永野芽郁のGIRLS LOCKS! 2018.3.29 木曜日

SCHOOL OF LOCK!


SCHOOL OF LOCK!


芽郁「こんばんは!GIRLS LOCKS!4週目担当の永野芽郁です!さて、お知らせした通り、本日をもって私、永野芽郁はこのGIRLSLOCKS!から卒業することになりました

芽郁「え〜、最後だって。初登校したのが2016年の10月でした!その2ヶ月前には」


(♪未確認フェスティバルのテーマ)


芽郁「あ、この曲!懐かしい!初登校の2ヶ月前には、未確認フェスティバルの応援ガールとして、新木場スタジオコーストのステージに、青のギターを持って立たせてもらいました

芽郁「そしてこの1年半、色んな授業をしました。いきなり小テストとかいって、”小”なのにでかい紙が目の前に出てきたりね。自分の事を答えているのに、なぜかバツをつけられたり。好きな食べ物を書いてるのに、バツをつけられて、「え、なに?」ってなったりとか(笑)」

SCHOOL OF LOCK!


芽郁「あとは”芽郁”っていう名前を取った「めいのメイ演技」とか、”メイ”にちなんだ授業もいっぱいやりましたよね。すっごい難しいお題とかあったけど、それも楽しかったです」

芽郁「「MUSIC LOCKS」では、普段自分が聴いている好きな音楽をかけてみたり」

芽郁写真部の部長になり、気づいたら新聞部の部長になり(笑)部長さんとかやったことないのに、新聞部の部長になってるよ、みたいなのもあったり」

芽郁「あと、たくさんの電話をしたことはすごく印象的でした!普段は、私のことを知ってくれてる人と繋がる機会はなかなかないもので、逆電はすごく印象的でした。アポなし逆電をしたら全然出なかったり(笑)色んなことがあって、それがものすごく楽しかった!リアルに生でやりとりできるってのも楽しかったです。そして、「年下逆電」っていう授業も途中からできてて(笑)「私、年下に対してSなんだ」っていうのを初めて周りに言われて気づいたりとか、色んなことがありました」

SCHOOL OF LOCK!


芽郁「そして昨日もすずちゃんが来てくれてて、その他にも、私と交流を持ってくれてるお友達だったり、水川あさみさんや川栄さんという先輩方が来てくださったり、本当に色んな方が来てくれて、ものすごい楽しいラジオができたと思います!

芽郁「もう色々ありすぎるけど、自分のことはこれくらいにして、生徒のみなさんから頂いたメッセージを読みたいと思います!」



芽郁ちゃんの声を聞くのが毎月の楽しみでした。
お仕事で疲れているはずなのに、元気に楽しくいつも喋ってくれて、その時の芽郁ちゃんの表情まで思い浮かぶくらいでした。
芽郁ちゃんの卒業は本当はすっごく悲しいけれど、芽郁ちゃんは明るく前向きに捉えようとしてるのかな?と声を聞いてて思いました。だから、私もめそめそしないで、全力でこれからの芽郁ちゃんを応援します!
芽郁ちゃん、卒業おめでとう!!!
ちゃんちゅんちょん。
女の子/18/神奈川県




芽郁「ありがとう!私自身が、お話しするのが本当に楽しかったんですよ。他の人を演じていると「自分って何者なんだろう」って思う時が多々あったりはするんですけど、こうやって自分の声でちゃんと喋れるっていうのは、ラジオならではだなと思いましたし、ものすごく楽しかったです。卒業は悲しいことではないので!ぜひ「卒業おめでとう」という気持ちだけで送り出してください!

芽郁「すごい!みんないっぱい書いてくれてる!」



私が初めてめいちゃんのラジオを聞いたのは、約一年前です。
その頃ひるなかの流星の予告を見て、何だこのかわいい子はー!と思い、
完全に永野芽郁の虜になりました。それからは、できるだけラジオを聞きました。
受験前の辛いときは、めいちゃんの声が本当に助けになりました。
先日のラジオでめいちゃんが卒業すると聞き、悲しかったです。
これからもめいちゃんの声を聞きたいそう思います。
でも、ラジオが全てではないので、めいちゃんの出演している映画とか、ドラマとか、絶対見て、永野芽郁をいつまでも愛し続けます。
半分、青い非常に楽しみです。
これからもお仕事頑張ってください。
私も春から始まる高校生活、精一杯頑張ります!
たけのこのこのこ
女の子/15/千葉県




芽郁「約1年前。そっか、その頃にちょうど『ひるなかの流星』も予告が出たんだ!早い、1年経つの。でもこうやって、自分が辛い時に私の声を聴いて、助かったとか、そういうことを言ってもらえる存在に自分が少しでもなれていたのかと、本当にやっていてよかったと思うし、これからも私の声だったり表情だったり、色んなものでみなさんのことを少しでも元気にできるような人間になっていこうと思いました。高校生活頑張ってください!応援してます!

SCHOOL OF LOCK!




芽郁ちゃん
芽郁ちゃんが卒業しちゃうなんて考えられないなぁ、。
最後に芽郁ちゃんに読まれたいけど、何を書き込めば良いのかわからない、
と言いつつ書き込んでいます。卒業って終わりではなく始まりって良くいうよね。
芽郁ちゃんは高校も、solも卒業しちゃうけれども4月からは「半分、青い」が始まり、新しいスタートが繰り広げられる。芽郁ちゃんも私たちもこれからだ!
ずっーとついてくね!
りさ(Risa)
女の子/16/京都府




芽郁「あ、「りさ」ちゃんっていつも応援してくれてる子だ。ありがとう。本当にいつも応援してくれてるのは知っていまして、色んな所に来てくれているのも分かっているので、こうやってメッセージくれて嬉しいです」

芽郁終わりではなく始まりってよくいうのはそうだけど、まあ別にそれは人によってどっちでもいいと思ってます。卒業が終わりって思う人もいたらそれはそれでいいし、始まりっていう人はそれでいいし。私自身はどっちでもない感じがします。生活の中に卒業っていう節目があるだけで、あまり変わらないかなとは思いますけど、これからも色んなことに一生懸命取り組んでいきますので、ずっとついてきてください!

芽郁「というわけでたくさん読ませてもらいましたが、私がこの女子クラスを卒業する時間する時間になってしまいました。って早いな〜。最後に生徒の皆さんに向けて、この黒板にメッセージを残していきたいと思います!そういえば黒板にもいっぱい書いたなー!

芽郁「どうしよっかな〜」

SCHOOL OF LOCK!


芽郁「できた!」

SCHOOL OF LOCK!


自由に繋がる

芽郁「私は黒板に『自由に繋がる』と書きました!」

芽郁今回こうやってラジオをしてて、初めての人と自由に繋がるっていうものの楽しさを知りました。自由に過ごしていく、自分なりに楽しく過ごしていくっていうことはやっぱり楽しいことだし、人と繋がっていくって、なかなかできないことなので、繋がるってすごい良いことなんだなって思いました。みなさんもこれから色々なことがあると思いますが、人と自由に繋がるってことを、なんとなくどこかに思いながら、人生楽しんでください!

芽郁「なんか急に重くない?(笑)だけど本当に楽しく過ごすのが一番なので、自分らしく自由に!

芽郁「ということで、みなさん本当に終わりです。本当に1年半、お世話になりました!楽しかったです!またどこかで、こうして声で繋がれるように、これから一生懸命頑張っていきたいと思います!

芽郁とーやま校長、あしざわ教頭、そして、生徒のみなさん!今までありがとうございました!GIRLS LOCKS! 4週目担当は、永野芽郁でした!ばいばーい!!


M 今宵の月のように/エレファントカシマシ


SCHOOL OF LOCK!


_ めいめい、女子クラスからの卒業おめでとう。
生徒のみんなに、最後もめいめいらしい曲と、黒板のメッセージを残してくれました。
これからのさらなる活躍を、そして、また登校してくれるのを楽しみしてます。
本当に楽しい1年半をありがとう!!













SCHOOL OF LOCK!
- Prev || 1 | 2 | 3 |...| 71 | 72 | 73 || Next -
<   2018年8月   >
MonTueWedThuFriSatSun
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

RSS

QRコード 画像
MOBILE SITE